FJG整体サロン・カラダファクトリーのタオル再使用とノロウィルス

 ファクトリージャパングループ整体骨盤矯正サロンフランチャイズカラダファクトリーにおけるTシャツ、パンツ、タオルの再使用問題についての続報。


整体サロンフランチャイズ ファクトリージャパングループ


続きを読む >>

FJG、カラダファクトリーの整体お客用着替えの「洗濯」

 ファクトリージャパングループ(FJG/カラダファクトリー)について、新たな情報提供があった。


整体サロンフランチャイズ ファクトリージャパングループ


 FJGが運営する整体サロン、カラダファクトリーについてのこと。



ベンチャーリンク元社長(田中恭貴)がファクトリージャパングループ副社長

※FJG田中恭貴の出身母体、C&Iホールディングス(旧ベンチャーリンク)。倒産し、当紙スタッフの230万株も、この紙切れ一枚に(大爆笑!)。株式投資は投機、自己責任。これ(↓)は遊び金をスッただけ。※

ファクトリージャパングループ副社長田中恭貴の出身ベンチャーリンク(倒産 c&iホールディングス)の株券―株式名簿記載事項証明書

※しかしフランチャイズ被害者の加盟金は違う。人生賭けてた。ベンチャーリンク(VentureLink)のフランチャイズ加盟店・代理店集団訴訟を起してる。FC本部の嘘に不可能な将来を夢想し、フランチャイジー契約。人生の多くや人脈まで亡くした。被害者の会もある。※
※新たに整体院フランチャイズファクトリージャパンの加盟店集めの陣頭指揮を執るのはいいが、VL〜C&Iのフランチャイズトラブル始末は付けたのか?田中恭貴は?


小顔矯正の詐欺性とファクトリージャパングループ(FJG)の告発記事更新

小顔整体小顔矯正)」は、頭蓋骨の隙間を狭めて物理的に頭部の面積を少なくし、顔を本当に小さくできる」なんていう本当に無責任なマスコミが発信したマンガ的・詐欺的「医業類似行為」が流行っている。


小顔整体(小顔矯正)の詐欺、危険、医療類似行為逸脱の違法性
(グラップラー刃牙の板垣恵介先生の「メイキャッパー」。超面白い。小顔矯正の言い出しっぺはこの漫画の影響うけてる?)



柔道整復師の不正診療と整体サロンFCファクトリージャパングループ報道の予告

 整骨院で「柔道整復師」の手当てを受けたさい医療保険の対象となる「療養費」について、厚生労働省が専門委員会を設け適正化策を検討することになったことをNHKが報道していた。

整体サロンフランチャイズ ファクトリージャパングループ



C&Iホールディングスとフランチャイザー(事業本部)

 C&Iホールディングス(旧ベンチャーリンク東証2部上場、現在廃止会社/代表取締役松本信彦)の株主として、なんとかC&Iholdingsがらみの売り上げに貢献してあげたい!


運営サポートとフランチャイザー(事業本部)


 しかし、子供はいないのでITTO個別指導学院(ホームページURLhttp://fc.itto7j.jp/)には貢献できない(※ITTO個別指導学院はC&I子会社の『株式会社FCエデュケーション/石川淳悦(C&Iの副社長?)』が牘娠張汽檗璽鉢瓩鬚掘フランチャイザー(事業本部)は自分未来ホールディングス株式会社というフランチャイズビジネス企業)。


 かといって、舌がそこそこ肥えているので、フランチャイズオーナーのおじさんや宅配ドライバーのバイト君(寿司職人経験ゼロの素人)が、「宅配ならピザ屋の方が儲かるだろうな」などとグチりながら機械で握られたシャリに解凍したばかりのネタを乗っけてジャイロに乗って届けにくる(イメージです)ような、銀のさらの寿司は食べたいとは思わない。


 そもそも銀のさらや釜寅はC&Iholdingsのホームページからリンクが消えてしまっているので利用してあげても、C&Iの利益にならないかも知れない。


居酒屋せかいちFC加盟とC&I


 なにか、C&Iに貢献してあげられることはないだろうかと思っていたら、C&Iは『居酒屋せかいち』とかいう居酒屋チェーンのフランチャイジー(加盟店)開発にも関わっているのだと知った。


 居酒屋ならなにかの時に利用してあげよう、と思って『居酒屋 せかいち』で検索したらgoogleマップで、爐擦いち 高円寺本店瓠↓爐擦いち 高田馬場総本店瓠↓狒郎醂鼠居酒屋 厳選素材 せかいち 吉祥寺総本店瓠↓爐擦いち 巣鴨本店瓩硲瓦弔痢屬擦いち」がヒットした。


 このうち、爐擦いち 高円寺本店瓩魯曄璽爛據璽検http://scminc.jp/)を持っていたのでクリックしてみたら、FC加盟店募集のバナーがあったので「ここが本店か」とも思ったが、しかし、他のお店とのリンクがない。


ベンチャーリンクとフランチャイズ加盟店拡張


 そもそも高円寺が本店なのに、他が「総本店」を名乗っているところにいやーな感じがした。運営会社は株式会社エスシーエムと書いてある。この代表の大塚誠という人がどうやらベンチャーリンク(現社名インクグロウ株式会社(英文名 INCGROW Co.,Ltd.)、C&Iホールディングスは最初ベンチャーリンクとしてスタートその後ややこしく枝わかれ)の出身者らしい。


 またもしかし。C&Iへのリンクがない。変りに株式会社ゲイト、株式会社オーシャンリパブリックが関連会社と書いてある(両方ともフランチャイズ加盟店拡張商売か?しかしゲイトのHPにはせかいち自由が丘、せかいち銀座とあるけど高円寺は記載がない。どうなってるの?)。


 よくわからないが、また、フランチャイズの立ち上げ努力に精を出したものの事業主体の会社、今回はエスシーエムとやらトラブルでも起して、それを横から別のフランチャイズ屋(ゲイト、オーシャンリパブリック)にうまいこと取り上げられた、ような、もんか?


C&Iホールディングス・フランチャイジーのメリット


 ベンチャーリンク時代は、クルマ買取のガリバーやら焼肉フランチャイズの牛角やらのFC展開で、あれほど力を発揮したのに、今ややることなすこと中途半端に終わり、なんだか別のフランチャイザー育成企業にトンビにあぶらげ状態でいいトコ取りされ、残るは訴訟の山になっているような気が・・・・・・。


 C&Iホールディングス代表取締役 松本信彦石川淳悦ほか経営陣は、自分のフトコロを肥やすことばかり考えず、少しでもフランチャイジーのメリットを考え、縁切りされるのを防ぐ努力をせよ。そしてそれをもって株主利益に貢献せよ。


 非上場企業になったからといって、「株式会社」じゃなくなったわけじゃないのだ!


C&Iホールディングス株主名簿

 C&Iホールディングス(元東証2部 株価コード9609)の代表取締役 松本信彦石川淳悦を始めとした経営陣が株主を蔑ろにしたデタラメ経営を行ってきたことは衆知だが、それにつけこんだ倒産処理弁護士事務所の連中も含め、なんといい加減なことか。


C&Iholdings上場廃止時最終株主名簿


 C&Iholdings 松本信彦は、9月30日の時点で、株主各位に対し、


上場廃止時最終株主名簿確定作業の完了に時間を要するため、上場廃止後の名義変更、住所変更、所有株式数等株主名簿記載事項証明書の発行に関するお手続きに関しましては、平成23年11月14日(月)以降に再開いたしますので、ご了承くださいますようお願い申し上げます。※各種手続きのために当社にご提出いただく届出書・請求書の様式は、平成23年11月上旬頃、当社ホームページに掲載させていただきます。」


とIRしている。


所有株式数等株主名簿記載事項証明書


 所有株式数等株主名簿記載事項証明書を14日に以降に発行すると言っているが、その手続きの仕様書の公表は11月上旬と言っているのに、もうそろそろ中旬となる。C&Iのサイトは、9月末以降、何の更新も無い、いや、銀のさらと釜寅のCIロゴ画像をこっそり外した以外はなにもしていない。


 松本も石川も新しい法人などでやり直すことばかりに衷心せず、少しは自分達が騙しこんだ株主らに対する説明責任の一端でも果たしたらどうか?


C&Iホールディングスのサイトから銀のさらや釜寅のブランド名が消えた

 C&Iホールディングスの連中は株主に黙ってなにをこそこそしているのだろう?


銀のさら(宅配寿司)、釜寅(釜飯宅配)


 C&Iホールディングス東証二部 9609、代表 松本信彦(旧ベンチャーリンク))がフランチャイズ本部経営の成功の証としていた、「銀のさら(宅配寿司)」や「釜寅(釜飯宅配)」へのリンク画像が、ちょっとC&Iのホームページを見なかった間に消えてしまったのだが・・・。


C&I Holdingsブランド一覧ページ


 C&Iのサイトには「銀のさら」や「釜寅」との提携解消ともなんとも書いてない。そもそも関係を書いてあった「C&I
Holdings Co.,Ltd.:ブランド一覧
」というページを爐海辰修雖瓮肇奪廛據璽犬離螢鵐から外しているように思える。(このページ、C&Iのサイトからはもう見えません)


C&IHD、松本信彦氏


 経営者松本信彦氏はとことん株主に情報開示せず、隠蔽したまま潰していくつもりか?会社が倒産しても「雇われ社長」に対する株主代表訴訟ほか金銭ほか責任追及はできるというのに。





C&Iホールディングス(東証二部 9609、代表 松本信彦)、頑張れ!

  C&Iホールディングス(東証二部 9609、代表 松本信彦)と公表しているフランチャイズとの関係は、必ずしも良好ではないというお話を頂いた。

爍稗圍圍聾鎚婿愼崖惘,覇販開業?ありえない!!!

とかっていう細かい話。細かすぎるからあえて掲載しません。

 頑張れ、松本信彦!&ベンチャーリンク・スピリッツ!(毎日、再建のための金で飲み歩いていないことを祈っています)


ITTO個別指導学院へのC&Iの業務提携は?

 C&Iホールディングス(東証二部 9609、代表 松本信彦)のウォッチャーさんから、昨日の頑張れベンチャーリンク記事、つまり「ITTO個別指導学院チェーン(FCエデュケーション)」に対し、アドバイスを頂いた。

ITTO個別指導学院チェーン(C&Iホールディングス―FCエデュケーション)

C&Iホールディングスが主体ではない

 筆者はフランチャイズシステムの雄であるC&Iholdingsであるから、ITTO個別指導学院を包括的に経営指導していると思っていた。

 ITTO個別指導学院チェーンを経営する「自分未来ホールディングス株式会社(旧:株式会社ジー・エデュケーション)」が、ITTOの全店舗をC&Iに全面委任し、C&Iが全般的に業務請負しているものだと。

ITTO個別指導学院の「業務請負割合」

 しかし、C&Iホールディングスのウォッチャーさんいわく、爍叩Iは、ITTOの地域店の中で、「自分未来社」が許可を与えた店舗だけ、「運営にかかわらせてもらっている」だけなのでは?瓩箸里海箸世辰拭

 言われてみたらITTO個別指導学院のウェブサイトにも2種類あることに気が付いた。

 ITTO個別指導学院の「本家サイト」と、C&Iの運営する言わば「分家サイト」。

 本家サイトを見ると、埼玉県川口市でのITTO個別指導学院の店舗は、

  • 川口末広校(埼玉県川口市末広1-19-7 栄和ビル2F)
  • 川口西青木校(埼玉県川口市西青木5-12-19)
  • 川口原町校(埼玉県川口市飯原町6ー56 ※当紙の近所さん)
  • 川口戸塚校(埼玉県川口市戸塚5-12-24)
  • 川口伊刈校(埼玉県川口市伊刈414)
  • 川口差間校(埼玉県川口市大字差間496-2)

となっている。

 しかし、C&Iの運営する言わば「分家サイト」の方には、ITTO個別指導学院の運営店舗として、

『川口差間校(埼玉県川口市大字差間496-2)』

しか、記されていない。えー???気が付かなかった。いや、単純に見落としてただけか。C&Iのサイトからのリンクを辿れば、こっちが先にくるんだもんね。

 しかし「差間校」って、どこだよ・・・?

C&Iホールディングスの利益

 川口市内の「市内都会度数」みたいなもんでいうと、西青木町や末広町はまあまあ都会っ子(市民レベルで言うとね)。当紙の近所の川口原町校(埼玉県川口市飯原町6ー56)は川口市でいうとミドルクラスくらいかな。

 戸塚町はあまり知られておらず、伊刈町は車がないと交通の便が悪い、川口市の中でいう田舎。伊刈町には筆者の知り合いもいるが、レジャーはマックスバリューか「古本市場」での立ち読みぐらい。

 そして悲しいことにC&Iホールディングスの管理運営する「差間校」のある、差間町なんて知らなかった。googleで見たら、差間町って・・・めちゃくちゃ僻地じゃん・・・。

 川口市の土地にかかる固定資産税の基準値をこの差間町に適用させたら、差間町民がかわいそうだってくらい、田舎じゃんか。

 大丈夫か、C&I?業務委託とか提携って言って、いらない店舗を押し付けられたんじゃないのか?ちゃんと利益になっているのか?・・・生徒はいるのか?



selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode