戸田市でも蓮田市によく似た入札妨害?の投書

戸田市でも蓮田市によく似た入札妨害?の投書

今年2月14日、蓮田市発注の土木工事で、入札予定価格を調整した上で特定業者に落札させたとして、公契約関係競売入札妨害の疑いで、蓮田市道路課主幹の男性職員と受注業者が埼玉県警に逮捕された。

【産経ニュース2017.2.14】
蓮田市発注の道路工事で、予定価格を業者と事前に調整し落札させたとして、県警は十四日、公契約関係競売入札妨害の疑いで、蓮田市道路課主幹田口昇(51)=白岡市高岩=と、星野工業営業部長木村茂(68)=白岡市柴山、石井工務所営業部主任小松豊(45)=鴻巣市箕田=の三容疑者を逮捕した。県警によると、容疑を認めているという。

県警によると、入札では本来、複数社からの見積もりを参考に予定価格を決めるが、田口容疑者は
特定の業者一社からの見積金額を予定価格としていた。一方、木村容疑者ら業者側は見積もりを出した会社が落札するというルールで談合をしていたという。

県警の調べに田口容疑者は「予定価格を決める業務負担を減らしたかった」、木村容疑者らは「落札業者が他の入札業者に入札金額を指示しばらつかせた」などと供述。県警は三人に金銭の授受がなかったかも含めて、全容解明を目指す。

逮捕容疑では、昨年七月〜今年一月に蓮田市が発注した三件の道路工事で、田口容疑者は木村、小松容疑者それぞれに提出させた見積金額を予定価格にし、両容疑者に落札させ、入札を妨害したとされる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


このニュースは、新聞各紙が埼玉版で大きく報じていたので、埼玉県民にとっては記憶に新しい事件であるのだが、これによく似た事が当社の地元戸田市でも行われているという疑いを示す投書が送られてきたので紹介する。

地元のことなので、あくまでもこんな投書が届いているという事で紹介するが、この中の資料だけをもって黒とは言い切れない。しかし、不正に対する警鐘の意味で関係各位は読んでいただきたい。落札率96〜98%で極めて怪しいが、情報提供者は勇気をもって当社に連絡して頂くか、もっと詳しく情報提供をして下さい(役所側担当者の実名とか)。



投書(5枚)クリック


それにしても、嘗て政治理念として『公平・公正・公開』を掲げ、前市長の市政運営を一掃してきた筈の神保国男戸田市長も、配下でこんな疑惑が浮上するなんて老いが進んで脇が甘くなったのかな?

最近では、市民団体に市議のオーストラリア海外視察が実質海外旅行だったと訴えられて全額返金を求める判決が出たりして大丈夫か?

前市長の多選を批判しながら、今では自ら多選を繰り返し批判される立場と成ったけど、辞めたくても、辞めさせたくても、代わりが居ないのもまた事実だから、戸田市民も不幸である。

最近は、恩人の神保市長に反旗を翻して以来、勢力を増している地元選出の菅原文仁県議が、市長選に備えているとの噂もあるけど、神保市長が副市長に前北本市長の石津賢治氏を起用したのは、後任候補の布石かな?

取り敢えず、投書にある6月20日の開札が見ものである。落札業者は何処になるかな?

高齢を理由に側近の秋元市議も辞めちゃったけど、任期満了まで老体に鞭打ってガンバって、晩節を汚さないようにね神保市長さん。しかし神を保つ国の男と書いて「神保国男」って昭和版キラキラネームだな(笑)。

 


【投稿】続・小川上下水道協同組合の懲りない面々

【投稿】続・小川上下水道協同組合の懲りない面々

こんにちわ ご無沙汰しております。
 

小川上下水道協同組合も清算組合となり、財産分配の件で清算人から当方に内容証明が届きましたのでファイルを添付いたします。


理由は当方が第三者の資本金を分配する事に賛同しないからだそうです。


再三のわたり、清算人代表理事の大塚様に数十回電話を入れ、ラインでも説明責任を果たすように要請しましたが音信不通でした。


いきなり網をかけるような内容証明でしたが当方が法律的に特に驚く内容ではありませんでしたが違った意味で驚きを感じました。


早く言えば「脱退した組合員の資本金の持ち分の分配に同意しろ」というような内容と理解 していいと思われます。


そのようなことに賛成の人間が11人だそうです。


三分の二の同意があれば他人の資本金が残りの組合員で分配できるという事を会計士から報告がありました。


脱退した二人の資本金を足すと45万円で持ち分は150万円以上となると思います。(残金利益剰余金で計算)そのような説明もしてから承諾を得たのかも疑問です。
 

組合内には勝手に他人の印鑑を偽造し有印私文書偽造にて書類を作成する人間も存在するのも事実です。
(前回の投稿映像で確認してください)

 

会計士の報告によると定期預金の存在も明らかとなりましたが金額は一切報告していただけませんでした。定期預金をなぜ隠さなくてはな らなかったのかも疑問です。
 

隠蔽されていた定期預金の金額も含めれば脱退した二人の金額は150万円以上となることは確実でございます。
 

当方の存在しない会議で堀口正行氏は「組合の財産は何もない」と明言しておりますが、解散報告書実際にはでは1700万円以上の利益剰余金の存在が明らかになりました。音声での証拠でございます。

https://www.youtube.com/watch?v=S7SXfKj1zJ8


堀口と会計事務所で共謀しているような言いぶりでございます。

 

一銭も返金しないと言い出した人間が第三者の資本金まで取得して幕を引くようです。
 

なぜ定期預金及び預金を隠蔽したいのかは、最後に役員で分けてしまおうという思惑が明らかです。
 

果たして定期預金額がどれほど残っているのか?当然自分の許されるものなら当方の資本金額で分配していたきたいという気持ちがある事も事実です。

堀口正行の違法な意地で運営してきた組合ですので当方も正当な意地を通させていただきたい
と思いましたので、このような投稿をしておりますが、内容証 明を持参し、代表理事の大塚様の事務所にお伺いして事情をお聞きしたところ加藤工業の30万円の操作して支払いを行ったのは、堀口氏が会議でみんなの資本金は30万円だと発言していたので、堀口正行氏の気持ちを゛忖度”した結果勘違いをしたようです。


会計士も電話の中で同じような発言をしておりました。

https://www.youtube.com/watch?v=pfQjtuXJ4wI
 


前回の通り上記のファイルの中で堀口氏は第三者の資本金の減資を企んでおりました。当方の資本金を「納得できないからもっと減らしたい」と発言しております。談合に参加しない人間の資本金はさらなる減額のようです。


はたして、自分の行いは間違っているのか自分でもわかりません。もらえるものはもらいたいという気持ちは自分の本心でございます。


現清算人はファイルの音声でもわかる通り、堀口氏の気持ちを忖度する人間であります。残念ながら財産の分配はおそらく操作されて支払われる可能性が高いでしょう。


私が賛同できない理由は組合を脱退し た人間の残りの資本金を分配するという事が客観的に倫理的に考えた時、当人に対して返却するのが当然だと思うからです。


組合を脱退したにもかかわらず、返金せずに残りの組合員で分けるという行為がどうしても気がかりでなりません。


複数の組合員以外の人間に相談しましたが、やはり自分と同意見の人が全員です。


どのような理由で2名に対して資本金を放棄させたかは不明です。


清算が終わり次第、堀口主導による第二の組合を立ち上げるそうですがそのような組合を町が優遇する事があるのか証拠の音声を添付して町長にお伺いします。

他人の資本金を分ける委任状にサインし ろという内容証明には

愕然といたしましたので、報告いたします。


内容証明



委任状



「小川上下水道協同組合」過去の代表記事↓
これは酷い!あり得ない談合疑惑の入札結果(投稿)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


小川上下水道協同組合の懲りない面々

小川上下水道協同組合の懲りない面々

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【投稿】

いつもお世話になります。

小川上下水道協同組合も、清算組合となり9月末をもって解散となります。

解散の前に当社抜きの会議が開かれました。音声を送りますので確認してください。https://www.youtube.com/watch?v=pfQjtuXJ4wI



まさかこのような堀口の露骨な犯罪者発言と、違法な会議が開かれているとは思いませんでした。未だに情報を隠し、先日の会議では偽りの発言を繰り返しておりましたので仕方なく公開いたします。

理事でもない堀口正行氏が参加し現執行に対し助言を行っている事が確認できると思います。

新聞掲載などされたのにも関わらず、いまだに50万円の出資者の金額を減資させようと策略しており、組合員を誘導しております。

役場との癒着が強い堀口を恐れての事ですが、50万円の出資者は当社を含め4社でありますが、2社は堀口氏を恐れて発言できないでおります。

確かに4社は、出資額が多いため、持ち分は他の株主よりも多く配当をされるのが当然であると思います。先日お送りした株主出資者調書が根拠なのですが、他の株主から見れば納得はできかねる気持ちは大いに理解できます。

そのために当社は加入金50万円合計で100万円支払いをしております。領収書もあり、当社加入後出資額が増えた登記書類もございますが、他の組合員よりも多く持ち分を支払われるのは正直後ろめたい気持ちがあるのも事実であり、正当な権利を主張したい気持ちもあります。今は皆さんと疎遠になってしまいましたが、当社が困った時には助けてくれた組合員さんも複数存在したのも事実でございます。そのような方には申し訳なく思います。

しかし、堀口氏は権利もないのに第三者の資本金を減資させて、現執行部に加藤工業の支払いを指示したことや、組合員のわからないところで背任行為により手当てを取得していたことなどがどうしても当社には許すことができません。具体的に説明をしたら話は尽きませんが、その ような人間が誠意ある謝罪をしていただかない限り、当社は正当な権利を主張いたします。心から誠意ある謝罪をいただければ、皆さんの意に添うように分配は平等で納得することを公言いたします。

 

新井昭男
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


小川町役場(埼玉県比企郡)も相変わらずブラックボックスを解消できないでいるのか。

理事を辞めた筈の堀口と言う爺が、未だに力を誇示しているのか。

何処にでもいるんだよね、ブラックボックスを仕切るこういう土建屋の糞オヤジが。陰のドンなんて言われたりして。

そういや東京都にも、茨城の水戸市にも、的屋や土方あがりみたいな男が議会でドンなんていわれているよね〜。

まあ堀口爺は議員じゃないしドンてほどのものじゃないけどね。


談合やカルテルは、企業の自由な競争を歪め、消費者の利益を損ねることは明白だ。

故に先般、公正取引委員会が独占禁止法の違反企業に科す課徴金の制度改正を検討している。

重要な証拠を出せば課徴金が減額される一方、証拠を隠せば増額される「裁量型」の導入で、違反行為の自主申告を促す。

組合の会合で「俺たちはずっと談合でやって来たんだ!」などと声高らかに訴え、談合告発者を会議から外して迫害するような輩には、厳罰を科して反省を促すほかないだろう。

でも、馬鹿は死んでも治らないという言葉もあるよね〜。

頑張れ新井設備工業!


町長
松本恒夫町長は談合を撲滅せよ


【投稿】埼玉小川町上下水道協同組合が解散!

【投稿】埼玉小川町上下水道協同組合が解散

小川上下水道協同組合の解散が決まりました。

前執行部の不正及び財産の減少を抑えるための解散であります。


8年前の執行部の口約束では、組合の650万円の資産を(当時15社で結成)15で割り1社あたり43万円で統一し、組合を辞める時は資本金も財産も一切返金しない、という馬鹿で理不尽な取り決めに、私も賛成いたしました当時の執行部は、

理事長青木忠勝氏 副理事堀口正行 
会計吉田耕作氏でありました。

あまりにも理不尽な取り決めに対して、
当社としても意義を申し立てましたが「嫌なら組合を出ていけ」と役員に恫喝されてしま い渋々賛成いたしました。
 

今回解散にあたり、財産は資本金の持ち分に基ずき返金されるようなのですが、当時返金しないと取り決めした役員たち動画でも確認できますが無言を貫いております。
 

当時取り決めした役員たちにも法的には返金の権利は発生すると思われますが、返金しない取り決めした手前、辞退すると思われますが、まさか返金額を黙っていただくのでしょうか?


散々横領した挙句に「資本金も財産も返金しない」と啖呵を切った当時の役員堀口正行 吉田耕作 青木忠勝氏は返金を受けるのか、それとも辞退し、役所の福祉課にでも寄付するのか見ものではあります。
 

動画では私がそれを指摘しております。

 


脱退した2社(小熊設備及び加藤工業)は返金されましたが、談合を告発した当社を擁護した加藤工業は50万円の資本金が存在したのも関わらず、なぜか資本金を30万円に減額され持ち分が計算されているようですが、現組合理事長の大塚進氏に質問しましたが、組合の中の「誰が資本金を決定し誰が持ち分を計算したのか不明である」と、小学生のような言い訳をしている動画が確認できると思います。

登記している個々の資本金につては、
あやふやにするように姑息な言い訳の策略が画像でもお分かりいただけると思います。
 

現理事長の大塚氏に株主調書の公開を求めましたが、とぼけられてしまいましたので、当方は埼玉県庁に出向き株主資本調書 の閲覧をしたところ資料がありました。
 

小川上下水道組合が談合後発人を擁護した組合員の権利と資本金及び財産を操作し支払いをした事は明らかであります。一番最後には当社も減額され支払われることでしょう。


解散した後は新たに組合を立ち上げるような策略をしている輩な連中でございます。


当社も色々と片つけなければならない問題がありますが、その前に速やかに解散してしまおうと言う腹が丸見えでございます。一度取材をお願いいたします。
 

当社を擁護した加藤工業は組合が資本金を減らされ脱退しました。
 

一年前にもお送りしましたが、資本金は個々に違います。第三者の目で判断お願いいたします。

 

(新井設備工業より)
 

https://www.youtube.com/watch?v=cR54P_79AZ0
 

https://www.youtube.com/watch?v=EDFLw-yzz9I






 


【投稿】埼玉小川町上下水道協同組合は談合組合?小川町役場の大罪

【投稿】埼玉小川町上下水道協同組合は談合組合?

小川町役場の大罪

新井設備工業(埼玉小川町談合告発者)より

組合に対して質問状の回答が出ました。

コンプライアンス研修後、小川町上下水道協同組合での
組合員に対しての支払い帳の情報を開示していただいたことは記載しましたが、
平成26年10月30日の支払いでは

25‐5工区(談合発覚の物件)の舗装修繕工事
を小川町役場から指名停止中にもかかわらず
随意契約だったのでしょうか?
組合からは
当方組合員にもかかわらず、お話がなかったので
想像でしかわかりかねますが、
指名停止中での発注ではかなりの問題だと思われます。
小川町役場からの発注を受け
当方を除く複数の組合員が工事に参加し
組合から対価が支払われておりました。


不審に思い現理事長の大塚様
お伺いしたところ、当方 に対して連絡を
せずに複数の組合員で工事を仕上げたことを認め
ました。当方も参加したかったことを伝えると
「申し訳なかった」と発言されただけでした。
おそらく役場の職員からも「新井を事業に参加させるな」
と圧力があったのだと想像いたします。
堀口正行氏の「役場は新井の排除を考えている」
という録音ファイルがありますが、それを聴けば納得できます。

当方はもはや一か月1万円の組合費を収めるだけの
組合事業には参加権利のない人間なのです。
25‐5工区は当方が現場代理人を務めておりました事もあり、連絡一ついただけないのは
明らかに当方を迫害し組合員としての権利を
奪われた結果であります。(談合を告発したのだから 当たり前の結果ではありますが)

前副理事長の小山様にも事情をお伺いしたところ
「新井設備は25‐5工区の談合の告発を行い
25‐6工区では談合を拒否したため」だと申されました。

やはり小川町は業者同士で談合を行わなければ
役場にも業者にも相手にされないという事なのでしょう。

あまりにも理不尽で公平性に欠けていると思い
副理事長の高橋様に連絡し事情をお伺いしたところ
「組合事業をいちいち組合員全員に連絡して出席者を決めるのか?」
とかなり憤慨されておりまして、当方も少々恐れ多くなりましたが
当方は高橋様に対して「組合事業だから当然だと思います」
と回答しましたところ「じゃあどうすればいいんだよ?」
と当方に怒鳴りながら問いかけておられました。
私もその倍以上に大声で怒鳴りつけましたが
お互いに馬鹿二人の子供の喧嘩です.。
餌をもらい少し良い思いをすると
堀口や吉田のようなウィルスに感染するようです。

 
工事参加業者の皆様がどのように思うのも御自由ですが
コンプライアンス研修後のお話ですが
当方が残念に思うのは、素晴らしい講師を
お招きして、2時間余りでしたが内容はかなり
充実しておりました。
恐縮ですが、この人たちの頭の中はコンプライアンス
以前の問題であり、テンプラみたいなものです。
講習時間はまるきり無駄な時間でした。
もしも、講師の高島様がこの記載を
拝見なさっておられましたら
お詫び申し上げます。

組合の当方に対する対応はもうすでに了解しております。
小川町では、すでに四面楚歌で孤立無援であるため
新聞社及び日本共産党に対して当方に対する
組合の対応を報告することが心の安らぎとなりつつあります。
報告が当方の心のよりどころとなっております
その成果があり、組合及び悪の根源である堀口商会
小川町役場から指名を受けられずにおります。
それにもかかわらず、当方に反論及び役場に意見を
申せずにだんまりを決め込んでおります。
公に反論せずに組合内での圧力や嫌がらせで応戦しております
会計事務所に組合の支払い領収書が存在するという事ですので
中小企業組合法に基づき、領収書の情報公開を行いたいと思います。
少しでも疑問及び不正だと感 じたものがあれば
新聞社並びに日本共産党埼玉県本部に提出を続ける覚悟でおります


小川町の土木技術研究会の中には堀口正行
対して、「新井を組合から追い出せ」と迫っている
業者がおられるという事です、以前提出した録音ファイルにも
堀口氏の発言がありますが、理にかなった証拠でございます。
「新井に積算をさせるな」と発言している
土木技術研究会の会員も存在するようです
堀口正行氏が録音ファイルの中で発言しておりますが
当方にはまったくもって意味が分かりません
なぜ入札の競争相手にそのような事を言われる
筋合いがあるのか、当方の携帯番号を記載しますので
理解できる方お知らせください
 090-32●9−15●4
よろしくお願いいたします。

以上

※携帯番号は当社で伏字にしました。反論がある方は敬天新聞社までお問い合わせください。


ーー新井設備は、たった一人で良く戦ってるなあ。それだけ信念を持っているという事だから、書いていることは真実だろう。それにしても、小川町役場は、談合が発覚し指名停止処分になっている業者を、指名停止中にもかかわらず公共工事をやらせてたのか?官製談合以上に問題ではないか?町長の首が飛ぶ大問題だよ。
役場ぐるみで談合を告発している一業者を、都合が悪いからといって村八分にしているのか?この町は。人権団体は重箱の箱をつつくように子供二人以上出産発言の校長批判みたいなことをしている暇があったら、小川町役場に集結し、村八分にされている親子を救済するべきである。

【投稿】埼玉小川町上下水道協同組合は談合組合?御礼

【投稿】埼玉小川町上下水道協同組合は談合組合?御礼


【投稿】新井設備工業(埼玉小川町談合告発者)より

先日小川町及び埼玉県の公共工事を受注しました。

オフレコでもよろしいのですが 

なぜか埼玉県警発注の公共工事での指名では

小川町の業者では当社ともう一社だけでした

埼玉県全域に新聞を出していただいた

敬天新聞のおかげであると思われます。

おかげさまで少額ではありますが受注することができました。

小川町の業者から迫害を受け続けておりましたが

ありがとうございました。

直接お礼を申し上げなければと思います。


コンプライアンス研修後再度組合に 対して

質問状を送りましたが期限内に回答を出していただけ

無かったので、現理事長に電話をしたところ

不通であり、再度電話もいただけませんでした。

「馬鹿はかまわない」というスタンスなのだと思います。

質問は前回の質問に加え全部で45項目ありましたが

全て回答なしであります。ご回答いただけない場合は

全て内容を肯定するという事で提出しております。

現理事長の大塚様とは家が近所なので

このような事は記載したくはなかったのですが

録音ファイルのもありますが、

当方の質問状に対し、私の存在しないところで

会議を開き、当方を愚弄しております。


当社は8年間小川上下水道協同 組合に対し

金銭的な情報公開を希望しましたが一向に聞き入れて

いただけませんでした。

平成24年度までの支払い帳のコピーは

前事務員の片岡様に渡されました。

録音ファイルにも記録しておりますが

組合の青木相談役は

「新井設備が監査までする必要はない」

前会計の吉田耕作氏は事務員に対して

「新井設備のようなキチガイに情報公開するな」

このように発言しております。

現副理事長の高橋に対し

不正などがあってはいけないので公開してほしい

と申したところ

「不正などあるわけない心外だ」

と当方の質問に対し憤慨しておりました

いきなり不正を持ち出した当方にも非があった ことは

認めざる負えませんが、

先日中小企業組合法第43条1項を理由に

情報の開示及び書類の謄写を希望したところ

渋々了解していただきました。

当方が代理人を行った現場の支払い帳を

閲覧したところ、前理事長の堀口正行氏の

手当てに「準備工」という名目で6万円

支払われておりましたので、

組合関係者に連絡を取り確認したところ

確認した全員が「わからない」という回答

でした、当方代理人をしておりましたが

堀口正行氏に現場の準備をしていただいた

記憶がございません。堀口氏が当方にしていただいたことは

25‐6工区(組合員8社の指名の入札)での談合を

拒否したところ 、近日ファイルを公開しますが

「入札の順番を守れないやつは

組合に居てもらっては困る」と言っていただいたことと

度重なる嫌がらせをしていただきました。

それが準備工なのか、当方を追い出すための準備?

ただいまファイルを整理中ですが

組合員が知り得ない準備工、渉外、積算、書類、データー変換、

積算補助、一人のみに支払われる決算賞与

など根拠のない手当ての総額は10年間で約3800万円

になります。当方が20年前に加入しましたので、その時期から

考えると、昔のほうが仕事の受注が多かったため

少なく見積もっても8000万円ほどになると思われます。

先日本人に電話で確認したところ堀口氏は当方 の

携帯電話電話を拒否設定しておられるので

自宅から電話したところ、「新井に話す義務はない」

と言われ一方的に電話を切られてしまいました。

組合の総有財産を組合員のわからないところで

取得しておいて、「話す義務」である説明責任が

生じるのは当然でございます。

前会計の吉田耕作氏も同じ回答でありました。

明らかに横領でございます。

談合で暴利をむさぼり一部の人間だけで

犯罪収益を取得する人間は反社会的勢力以外何者でもありません。

今後弁護士と協議し、放置してきた組合の責任

及び、横領にかかわった人間たちをあぶり出し

法的手段をまじめに検討します。

このような記載はしたくあり ませんでしたが

当方の質問に憤慨していた高橋氏は

24−1工区(下里現場)で積算手当を2回に分けて18万円取得し

他の現場でも25万取得しております。

組合員での総会での決定ならば当方は不満も文句もありませんが

このような事が表に出ることが高橋氏の言う「心外だ」なのでしょう。

このような餌を与えられている高橋氏は堀口及び前役員の

少し毛並みの良い忠犬ハチ公なのでしょう。

錆びた鎖でつながれた忠犬なのです。

当方も、同じに餌をもらっていたなら

高橋氏よりも毛並みの良い、飼い主に忠実にな犬になっていたかもしれません。

高橋氏は、小川町水道課に対して会社の置き場を役場の資材置き場

として提 供し、毎年役場から対価を得ております。

当社も水道課に置き場 を提供し対価を得たいのですが

高橋総合設備のみの随意契約らしいです。

このような癒着を生む構造の町

このような人間及びこのような団体を野放しにした

役場の責任はどうなのか?

みなさんよくお考え下さい。


組合の質問状の回答を添えて

町長にも再度質問を提出いたします。

今回は小川町議員にも送る予定です。


まだまだ記載したい事は山の様にあります。

明日、2月29日には共産党の議員さんが

当方の意見を踏まえ

議会で一般質問を行うようです。

結構厳しい質問内容となっております。

以上 ーーー。

埼玉県警発注の公共工事で、指名された小川町の業者が二社だけだったというのは、それだけ県警の仕事だけに、真面に受けることが出来ないグレーな業者が多いということかな。新井設備も信用がついて沢山仕事ができるといいね。小川町役場も少しは改心して業者選びをするようになったかな。それとも身の保身のための業者選びか。まあ、今までのやり方では、官製談合を疑われても仕方ないからね。なんせ業者が会合で100%談合してきたと発言している通り、役場の予定価格に対し99〜100%の落札率が横行していた町だからね。




 

【投稿】埼玉小川町談合問題

【投稿】埼玉小川町談合問題

先日小川上下水道協同組合の役場からの依頼の年末漏水修理の待機の会議がありました。

先日役場に提出した当方の質問状の町長からの回答を敬天ブログで拝見したようで複数の組合員は胸をなでおろしたようでした。

前理事長の堀口も当社に頻繁に圧力をかけてきている能増設備の吉田耕作も安堵の様子で組合会議に顔を出し余裕の表情が見て取れました。

組合の三役の現理事長の大塚様は、当社の質問状に対して役場に呼び出され事実関係を調査され、疲れ果てている様子でした。

当方が組合に対して8月に公開質問状を提出したところ一部の組合員で会議を開きその席で、前理事長の堀口は「新井は俺の手当てに対して、不正を追及しようとしているためこちらも意地になる。組合の内情を第三者に知られるとまずいことになる」と発言しておりました。

要するに小川上下水道協同組合は前理事長の堀口と前会計の吉田の意地とプライドで運営されていると言っても過言ではありません。

記録の音声ファイルもあります。前会計の吉田耕作も現事務員に対して、「新井には情報公開するな」と発言しております。

要するに現小川上下水道組合の複数の人間は堀口の明らかな不正を追及できないでいるのです。錆びた鎖でつながれた忠犬ハチ公か、相当な弱みを握られていると理解できます。堀口に組合の内情を暴露されれば組合員全員が、罪になるということなのでしょう。

だから過去に堀口を批判していた組合員達は当社が談合を告発した直後から堀口を擁護と変わりました。

当社および当社と同時期に組合に加入した加入金50万円三社の総額150万円の加入金は「誰かが個人的に流用したのではないか?」という意見に対して「使おうが使うまいが大きなお世話だ」と堀口が発言しております。

音声ファイルの証拠もあります。人の加入金は個人的に流用した挙句談合で組合員にわからないように個人的に暴利をむさぼる最低な人間であるのは誰もがわかります。もはや当方は人間扱いしていません。

当社が役場に対して組合の質問状に対する回答と質問状を提出したところ小川町は組合を指名から外しています。

組合の運営及び、考え方を改めな いと指名は受けられないということです。小川町役場は小川上下水道協同組合にたいしてコンプライアンス厳守の講習会を開くように要求してきているようです。

コンプライアンスと言う英語の意味がよくわかりませんが、そのような要求を役場が懲りていない組合に出したところでコンプライアンスをテンプラとしか思わないような人間の頭の中が改善されるのか疑問です。

そんな要求より抜本的な役場の入札改革が必要だということは入札結果を見れば、馬鹿でもわかります。工事の入札の指名先をどのようにして選ぶのか?

誰が契約相手として最適であるかを決めるためのプロセスが不透明では、行政や政治家との癒着を疑われても仕方がないと思うのは自分だけなのでしょうか?

今現在小川町長の松本様は私の質問状の公開で敬天新聞及び、共産党に批判を浴びておりますが私は家族家族ともども松本様の支援者でして店の入り口にポスターまで張らせていただき

支援してきましたので、私の質問状公開にたいして批判されているのは本意でないだけではなく大変心苦しくて仕方ありません。

当社が どうしても納得できないのは最低応札業者の一位不動の99〜100パーセント入札が「企業努力の結果」という判断を下したことです。

この入札結果は小川町土木技術研究会及び小川上下水道協同組合のみの指名の場合にだけ発生しております。

もちろん土木業者さんには恨みはありませんし面識もない業者さんがほとんどです。

小川町では当社が苦労して積算しはじき出す80パーセント台の落札結果は企業努力ではないということなのです。

寂しく思います。ばかばかしくも思います。

組合及び役場が入札改革を行わなければ当社としてはまだまだ突っ込んだ質問事項がありますので、その都度お答えいただきたく思います。

何回も同じこと繰り返しますが、こんな入札だから、前理事長や前会計の吉田耕作が不正経理を働くのであり、談合の上に胡坐をかく暴利をむさぼる人間が存在するのです。

以前敬天新聞社様にお送りしましたが前回組合に対して送った公開質問状の回答を添付しておきます。

クリック⇒公開質問状と口頭による回答の有無




 

小川町談合疑惑で動き出す地元議員

小川町談合疑惑で動き出す地元議員

埼玉県比企郡小川町で行われている公共工事の入札で、95〜100%の落札率が乱発していることで、「談合の疑いがありますよ」と進言しても、「落札率のみをもって直ちに談合と判断しておりません」と回答する小川町役場は、挙句の果てに「企業努力の結果です」と言い放った。

役場として「企業努力」という言葉の使い方を間違ってないか?いったい何の企業努力だよ。

99%や100%の落札率は、断定はせずとも大いに疑うべき落札率である。

そんな折、悪しき習わしを正そうと、談合の実態を告白している地元業者・新井設備の話に、地元で真面目に耳を傾け、動き出した人達が現れたそうである。

共産党の議員達である。

党として掲げる政策に難点があっても、こんなとき一人の訴えであっても耳を傾け行動するのが共産党だ。

小川町の共産党議員だけでなく、小川町に隣接する嵐山町や鳩山町の議員、埼玉県の共産党本部の党員が談合を問題視し、小川町役場に意見を申し入れる為、出向ているそうだ。

また、議会でも追及する考えであるという。

問題が、ことさら公共工事で土木屋がらみの不正となると、人数も力もあるのに動いてくれない自民党は情けない限りである。それとも小川町には共産党議員しかいないのか?

政党会派を問わず小川町の議員であるならば、誰もが耳を傾け調査し、議会で疑義を質さねばならない問題ではないか?

町長も然りである。

まさか本気で落札率100%の入札結果なんて、企業努力の賜物だろうと思っているのか。

それとも、談合を追及すると都合の悪いことでもあるのかな?

知らぬ存ぜぬを通す税金泥棒は誰だ!

埼玉小川町談合問題を不問にする町長

埼玉小川町談合問題を不問にする町長

小川町の談合問題を告発している新井設備工業から、再び投書が届いたので公表する。

談合に加わり処分を受けた当事者が、その反省から悪しき習わしを改めようと談合の実態を告白しているのに、談合を排除すべき立場の町役場が告白を認めようとしない立場の逆転現象が起きている。

新井設備は、町長に2回に渡り質問状を出していたが、2か月も経った今月2日、ようやく質問状に対する回答を得られたそうだ。


以下、画像をクリック

質問状1.pdf


質問状2.pdf



小川町役場の回答書








なるほどね〜、95〜100%の落札が乱発していて「談合の疑いがありますよ」と進言しても、小川町役場では「落札率のみをもって直ちに談合と判断しておりません」と返すわけか。ものは言いようだね〜。その通りかもしれないが、99%や100%は断定はせずとも大いに疑うべき落札率ではないのか?。町民からの疑念に対し「企業努力の結果ですよ」なんて言い放つ役場は小川町くらいだ。県や全国の談合撲滅の取り組みに反した物言いである。

それに「落札率のみ」ではなく、組織的に行ってきた当事者が申し出ているのだから、役場は真摯に耳を傾けるべき立場ではないか。なぜゆえ告白者と対峙する姿勢を取っているのか甚だ疑問でならない。というのが一般的な見識だと思うが、当方の考えがおかしいのか?それとも松本恒夫町長はおいしい饅頭を喰い過ぎているのかな?町長に直接尋ねないといかんな〜。町長や職員の交際関係を徹底調査したら棚から牡丹餅ってこともあるかもしれないな〜。
新井設備も相当腹を括っているように見えるし、虚言・妄想とは思えんがね〜。近ごろ新井設備が入札参加すると、その入札の落札率が80%台と落ち込むそうじゃないか。新井設備が汚水に投じた浄化剤みたいな効果を発揮しているではないか。新井設備は思いが通じず悲観的になることはない。



【以下、投書】
「9月14日に埼玉県小川町役場に提出した町長に対しての公開質問状の回答が出ました。

その結果、当社は役場に対して《虚偽報告者で大嘘つき野郎》であると言う回答であるようです。

ある程度案の定の結果を予測していましたがはっきり言って公開してよろしいものなのか躊躇しましたが、怒りと言うか、落胆と言うか悲しみと言うか複雑な気持ちであります。

今後役場は当社に対して虚偽告訴罪で是非告発していただくように推進いたします。

一位不動(最低応札額が2回目以降同じ業者)の入札が100%でありながら「業者がどうしても仕事を受注したいという企業努力の結果」という回答には、当方は頭が悪いので解釈ができませんが、100パーセント近い落札率がほとんどで、それが努力での入札なのか?
 
回答は上越ガス水道の談合事件で共産党の橋爪議員が質問に対しての役人のマニュアルがあるのか回答そのままです。

それでは、当社が平成25年〜27年現在までに指名された入札では76〜87%以下で今年の9月16日の入札でも当社は指名されましたが落札率は84%です。

当社が入札に参加すると談合が出来ず低い落札率による公正な競争が発生していると自負しております。
 
今回当社が質問状を提出し役場及び組合は質問及び録音ファイルの発言を否定したことにより、当社は虚偽発言の大嘘つき業者となりました。

当社は今まで談合などした事はありません。このような結果になるなら、談合での入札の順番を業界のならわし通り厳守しておけば良かったと後悔しております。

今後当社は虚偽情報で役場に質問した事により、厳罰として指名をしばらく受けられなくなると思います。談合拒否及び正直な事を質問状に書くとこのような結果になり、自分が馬鹿を見るのです。

小川町に対して土木工事で新規に指名参加を提出する方は指名は期待できません。当方の知り合いの小川町の業者さんは
小川町土木研究会に、加入できずに、土木工事の指名を受けられず理不尽な思いをしております。
 
役場はそのような団体を把握していないそうです。把握していない団体の新年会に町長は10000円の交際費を出しています
把握していない団体に出している金額は公金なのか?
 
それとも町長のポケットマネーなのか?当社にはわかりません。当社に対して「警察に行かない方がいい」と言った役場の職員及び当社に、予定価格に近い金額を「この金額で良いよ」と教えていただいた職員様にも家族がいる事でしょう。
当社もこのような事を質問状に記載すの事は心苦しい事でした。
 
小川町はこれからも変わらず、工事の際は同じような指名競争入札を繰り返すようです。これからは当社も他社と同じに仲良く談合をしますので是非指名してください。これからは談合告発なんて小川町が考えているような馬鹿なことはいたしません。

当社も生活があります。来年の4月には子供も当社に就職予定です。仲良く談合しますので、小川町さん指名してください。小川上下水道協同組合の皆様、これからは順番を厳守し、談合に参加しますので仲よくしてください。

詼抔商会様、貴社が今までわからない所で不明な金銭を取得している事は今後公表しませんので、どうか当社を組合から追い出そうとしないでください。
 
能増設備吉田耕作様、お願いですから、あなたの言う馬鹿な堀口商会に新井を組合から追い出せなんて言わないでください。

当社に派の暴力団の後ろ盾などいませんので、談合に参加しますので
そのような虚偽情報を同業者に流さないでください。
 
後藤設備様、協同で組合から受注した仕事を貴社が当社に内密で仕上げて、組合から内密に金額を取得した事を公表しませんので当社に告発の責任を押し付けないでください。お願いします。
 
当社を春風と言う飲み屋に誘い、「落札の順番を守らなければ新井は大変な事になる」なんて脅かさないでくださいね。ちゃんと順番を守り談合に参加します。
 
組合の皆様及び役場の皆様談合なんて面倒な事告発しましてすみませんでした。

町長様
当社を虚偽公訴罪で刑事告発願います。
 
官製談合を告発しましたが、当社の質問内容は虚偽と言う事ですよね?役場が告発しなければこの先信頼回復できませんよ。

小川上下水道協同組合様
たとえ組合が不正行為をしても、告発したのは当社ですので、当社に対して民事訴訟で損害賠償請求可能ですよ。談合ができず及び指名も受けられず損害が出ているはずです。腕の良い弁護士に依頼すれば一千万は請求できますよ。
 
出来ないなら当社はまだまだ報告しなければならない事が山ほどありますのでこれからも質問させていただきます。

当社の質問及び組合が指名を受けられるようになるのは当社をとことん悪者に仕立て上げないとならないでしょう。」

以上。
 

これはいかんな〜小川町長松本恒夫くん



 

埼玉小川町談合疑惑┿駑曾

埼玉小川町談合疑惑資料集

本紙10月号で報じている埼玉県比企郡小川町の公共工事の入札結果について、本紙面に載せきれなかった分を、より見やすくしたファイルにまとめました。


本紙10月号 2面  関連資料

【入札結果】↓クリック


…道228号線 道路改良工事落札率100%

町道1158号線他塩化ビニル管更新工事落札率99%

2欺陸橋脇排水管切替工事落札率99%

た縅修繕工事落札率99%

ヂ臘傭脇眄侈淵札瓮鵐抜氷洪傾事25−2工区落札率99%

β臘傭脇眄侈淵札瓮鵐抜氷洪傾事25−3工区落札率99%

町道203号線 舗装修繕工事落札率98%

町道2858号線 側溝整備工事落札率98%

東小川配水場内排水管更新工事落札率98%

県費単独土地改良事業修繕工事落札率97%



本紙10月号3面 関連資料

【入札結果】↓クリック


小川公共下水道1−5分区12−2号枝線工事落札率98%

小川公共下水道1−6分区1工区舗装復旧工事落札率98%

小川町立西中学校改装工事に伴う既存設備配管改修工事落札率94%

青山地内石綿セメント管更新工事(24−3工区)落札率98%

町道8158号線道路改良工事落札率92%

小川地内鉄道下推進工事に伴う日赤病院前配水管接続工事落札率54%(談合の積算をミスったの?)


音声資料A



音声資料B
 
 


松本恒夫小川町長、なんとかしてよ!まさか貴殿も・・・か?

 


selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode