話題の尽きない元祖!貧困ビジネス「和合秀典」

話題の尽きない元祖!貧困ビジネス「和合秀典」
 

 

当社の地元埼玉県戸田市で、生活困窮者の救済を謳った「貧困ビジネス」施設を運営していた和合秀典の悪行について、これまで当ブログは何度か取りあげてきた。


和合は、県外まで行ってホームレスや無職の男を探し、雨が凌げて三度の飯も食えるうえ、小遣いまで貰えるといって声をかけ、自分が用意した宿泊施設に入居させ、戸田市から生活保護費の受給を手引きしていた。
 

人助けと言えば聞こえがよいが、受給者から生活保護費の大半を取り上げ私腹を肥やしていた挙句、悪質な脱税を行っていたとして逮捕された。
 

その和合秀典に対し、かつて入居施設で生活保護を不当に搾取されていたという人物二人が、施設利用料の返還と慰謝料など計約2700万円を求めた賠償請求がさいたま地裁に提訴され、昨日3月1日和合に対し賠償を命じる判決が言い渡された。
 

貧困ビジネスの不法行為を認定し、賠償を命じる判決は全国で初めてであるそうだ。
 

今回、訴え出たのは二名だが、かつての施設入居者たちは数百人いるというから、みんな名乗りを上げて、和合によって不当に奪われた金を返してもらった方がいいだろう。
 

更に、事実と異なる不当な理由で搾取された金は、騙し取られていたことになるし、一部は裏金としてプールされ私的に流用されていたのだから(既に脱税で起訴)、詐欺だか横領で刑事告訴できないものか、弁護士さんに相談してみるのもいいんじゃないの?
 

今では、浦和市場前の食堂の店主に成り下がっているけれど、和合の配下であった息子たちは戸建てのマイホームを購入し、悠長な生活を送っているというし、それらは和合が貧困ビジネスによって搾取した金が身内らに流れていたからだという疑惑を、元側近で和合の金庫番をしていた者達が、ホームページを立ち上げ告白していたから、そのあたりも当局に捜査してもらえば、疑惑に白黒ついて和合自身もスッキリするんじゃないの?
 

だって何度も当方の知人を通じて、元側近の告白と当ブログ記事の内容に対し、弁明しようとしていたでしょう。


 

それから、和合は生活保護の受給許可を得る為に、戸田市役所でホームレスの汚れた衣服をぶちまけ、同和団体の名刺を示し、担当職員を恫喝していたという話もあるけど、弁護士である神保国男戸田市長も、当時の受給許可に問題が無かったか再調査し、場合によっては和合を訴えるべきではないのかね?


 

当紙で少し神保市長に批判的な記事を書くと、弁護士連名で文句を言ってくるくせに、多額の公金を搾取していた和合に対して、このまま何もしないのであれば、もしかして役所の職員の中に、和合に便宜を図っていた者がいたのではないか?と疑っちゃうよね〜。
 

まあ、兎も角、和合が不当に生活保護費を搾取していたことを認め、施設入居者へ賠償金の支払いを命じる判決を下した、さいたま地裁と裁判長の司法判断には拍手を送りたいね。ちなみに和合は判決を不服とし、控訴すると息巻いているそうだけど。


それから、最近、週刊誌やテレビの報道で取りざたされていたけど、さいたま市岩槻区で貧困ビジネスの施設を運営していた宗教法人善弘寺分院宗永寺(足立区)に立ち入り調査を行い、生活保護費を搾取し入居者が契約の解除を求めても応じないという実態を暴き、行政処分を行ったさいたま市にも拍手だね。

 

取り締まる側が、及び腰に成りがちなのが宗教法人であるが、それを隠れ蓑にした悪質な貧困ビジネスに踏み込んだのは、大きな前進であろう。さいたま市も、嘗て和合秀典の貧困ビジネスにガッツリ喰われていたからね。

敬天新聞過去記事→クリック

ブログ連載記事→クリック

 


悪徳貧困ビジネス和合秀典デマ

悪徳貧困ビジネス和合秀典デマ

和合の元側近に園田某という男がいて、この男が和合の顧問弁護士に電話で聞いた話として、


「悪徳貧困ビジネス和合秀典和合VS元側近に記事に関して、敬天新聞にハメられた。勝手に書かれた。」


「でも、もう敬天新聞は俺の手のうち人間だから、全部の記事は削除される」



「なんかの情報と交換条件に、消すと言う約束を確約した」


と、和合が言っていると
元側近サイドから小耳にはさんだ。


当方は、園田にも和合の弁護士にも会ったことが無いので、彼らが本当にこのような発言をしたのかどうかは分からない。


挙句に、この園田は「そんなんで消したら、敬天新聞の価値が下がるけどホントかよ。」とも言っているという。

事実であれば、大きなお世話である。書こうが消そうがカラスの勝手でしょう!

しかも、小耳にはさんだ内容は全くのデマである。

こうして和合記事を更新しているのだから、考えれば分かるだろ?


しかし、百歩譲って言えば、和合が事実を歪曲し盛って話している可能性はある。或は聞いた者が誤認しているのかもしれない。


というのは、当方は和合に対し「記事の中で誤りがあれば訂正するし、嘘の記述があれば消す」とは伝えたからだ。

誰かに頼まれて書いているわけではないし、不条理を糾す目的で書いているのだから、関係者に取材をして真実を追求していれば、当然である。和合に対しても公平性を保ち、当紙は嘘は書かないよ!と書き手として当然のことを伝えたに過ぎない。

つまり、「嘘の記述があり、それが嘘であると証明できたなら、その部分は消す」という当方のスタンスを都合よく解釈し、「なんかの情報と交換条件に、消すと言う約束を確約した」と和合が言うのは考えられることである。

それを、悪意のある「手打ち」の様に言われたのでは、当方も黙ってはいられない。しかもこんな、しょーもないネタで面目ない話である。


一方、和合サイドからは、元側近である小川氏が和合の食堂に現れ、「何とか和解できないでしょうか」とお願いに来たという話しを小耳にはさんだ。

和合はその場で小川氏に対し「ふざけるな!」と叱りつけて追い返したという。

小川氏と言えば、先日、和合から訴えられた裁判で勝訴したばかりではないか。ちょっと考えられない話である。

何かの戦略のつもりかね?

和合の刑事告訴を埼玉県警が受理したという話と関係があるのかな〜。

それにしても、当方の知らない所で色んな動きや話があるもんだ。

まさか、またまた当社の名を騙って双方に取り入り動いている者がいるのかな?

忙しいから相手にしている暇がないけれど、暇が出来たら今回の「噂の真相」を取材に出かけるとしよう。

デマを流し、敬天新聞を優位に巻き込もうとしているのは誰だ!


悪徳貧困ビジネス和合秀典判決

悪徳貧困ビジネス和合秀典判決

貧困ビジネスで稼いだ所得を脱税したとして逮捕された和合秀典が、その留守中をよいことに、側近たちが施設の金品を奪ったとして、元側近の小川氏を相手に係争中であることを前回報じた。

刑事告訴を試みたが、「元はと言えば世間を騒がせた貧困ビジネスの仲間割れで、身内の盗った盗られたの話でしょう?」と警察も相手にしてくれず、盗られたことを証明するため、確実に勝てそうな案件一つに対象を絞り、民事訴訟を起こしたというのが訴訟に至った経緯である。

和合は当方の取材に対し、この訴訟の結果によって、元側近達が自分の悪事を隠すために流布した情報が、全て虚偽であることが証明されると自信満々に語っていた。

訴訟内容は、和合(原告)が逮捕されている間に、元側近の小川氏(被告)が関連施設内にあったテレビ30台を勝手に売り払って自分の金にしてしまったというものだ。

小川氏の反論は、テレビをネット販売で購入した際、自分のクレジットカードを使用し代金を立て替えて支払っており、その代金を和合から受け取っていないから、不当な売却ではないというものであった。


側近達に奪われた被害総額4,588万983円と語っていた割には、何ともセコチンな訴訟である。

その訴訟の判決が、本日(6/14)川口簡易裁判所で言い渡された。

裁判長が読み上げた主文は、

「原告の請求を棄却する。訴訟費用は原告の負担とする」であった。

元側近の勝訴である。

結局、和合は裁判所にも相手にされなかったという事か。

どうする和合さん。まさか、このセコチン訴訟を控訴してまで争う気かね?




 

悪徳貧困ビジネス和合秀典和合VS元側近

悪徳貧困ビジネス和合秀典和合VS元側近

前回記事で、当ブログのサーバー管理会社から、和合記事に関する削除の照会が来ていることを報じた。

削除の照会とは、ブログ内容に関係する者がプライバシーの侵害や名誉棄損を理由に、ブログの管理会社に対し削除を申し入れてきましたが、記事を書いた貴方は削除に応じますか?という問い合わせである。

勿論、当方は削除には応じないと回答した。

その理由と、削除を申し入れてきた和合サイドの言い分は、前回記事の通りである。

このやり取りの最中、和合記事に掲載していた一部の画像が管理会社の判断なのか削除されてしまった。

ところが最近、いつの間にやら元通りになっていた。

当方の言い分に対し、和合サイドが管理会社に反論できなかったのかな?

その一方で、和合の貧困ビジネスで嘗て側近だった人物が開設していた告発サイトは、全て削除されて無くなってしまった。

側近とは小川某氏といって、十数年前、学生時代にフリーウェイクラブの活動を切っ掛けに和合と知り合い、以来、和合の全ての活動を誠心誠意支えてきた人物である。

ゆえに、和合の行いを全て知り尽くしている。

和合が貧困ビジネスで億の金を荒稼ぎしたうえ、脱税で逮捕された事を切っ掛けに袂を分けたそうである。

小川氏は当方の取材に対し、和合と決別した理由について、生活保護費を搾取するために各地から集められた生活困窮者たちが、和合の逮捕をきっかけに行き場を失い困っていたにも拘わらず、何の対処も行わず、貧困ビジネスに関与した身内と金の保全を優先したことに憤りを感じ、自らも貧困ビジネスに携った事への贖罪の意を込めて、和合の悪事を世に晒すことにしたと語っていた。

その小川氏の告発を記したサイトを、当ブログでも時々引用し、内容の真偽を世に問うために、紹介してきた。

その告発サイトが全て消えてしまったのはどういう事か?

そこで小川氏に問い合わせてみたところ、小川氏のサイト管理会社に記事削除の申し立てがあったのだが、その際、削除の照会がメールで届くはずなのだが、何者か(和合サイド?)がメールアドレスを乗っ取った為、小川氏の所に連絡メールが届かず、反論する機会を逃し、管理会社の判断で削除されてしまったということだ。

そんな折、一方の和合が当方の知人を通じて、当ブログについて弁明したいと告げてきた。和合は新党フリーウェイクラブや貧困ビジネス、とんかつ屋(カツ膳)の店舗展開、デリバリーヘルス(名義貸し?)などを手掛けていたそうで、顔だけは広いようだ。

ちょうど和合本人に、取材をしようと思っていたところなので、記事の内容を精査するため面談(取材)することにした。


和合によると、「貧困ビジネス」という謂れについては納得いかないところもあるが、世間でそのように受け止められ、脱税で逮捕されたのも事実であるし、暴力団員との交友関係も事実だから、敬天新聞の記事内容については異論は無いとのことであった。

ただ、小川氏が流している告発サイトの記事内容は虚偽が多いので反論したいということだった。

和合の言い分は、和合が逮捕され際、暫くシャバ(表社会)に出れないと判断した小川氏をはじめ園田某という部下たちが、施設の物品を売りさばき、金庫の金まで持ち去ったというものである。


思ったより早く釈放された和合が、警察に窃盗で刑事告発しようと相談に行ったことで、小川氏達が刑事告訴を阻止するために、告発記事や情報を警察当局や敬天新聞社などに流布し、妨害しているのだという。

その被害総額は、園田氏に現金2,264万2,983円。

小川氏に至っては、現金395万3000円。部品1,928万5000円。

合計4,588万983円であるという。 (※後述の資料参照)

また、立て替え金額をちょろまかして請求し、詐取していたことが、検察の供述調書(和合逮捕時の)で確認されているということだ。

そして、これらの金を原資にデリヘルをやっているというのだ。

それから、ウオーターフライヤーを盗んだとの記述があったが全くの虚言であるという。もし盗んだのが事実であれば、とっくに逮捕(和合自身が)されていると反論する。

以上は、あくまでも和合の一方的な言い分である。

しかし、和合の言い分が真実であれば、警察は和合からの刑事告訴を受理するだろう。受理しないという事は、小川氏の言い分も一理あるからではないのか?


その小川氏の言い分は、小川氏自身が記事にもしていたが、和合が逮捕されたことで、閉鎖に追い込まれた施設の処理、膨大な光熱費の請求、入居者の生活費といった支払い等に対応していたに過ぎないということだ。その際、物品の売却や金の出し入れするのは当然ではないかと主張する。責任感から後始末をしていたということだ。

対峙する和合と小川氏の話の中で唯一共通している証言は、所轄の川口警察署も蕨警察署も、和合と小川氏の双方が捕まえてくれと訴え出てくるものだから、身内の盗った盗られたの話だし、元はと言えば世間を騒がせた悪質な貧困ビジネスの仲間割れであろうという見解で、相手にしてくれないのだという話だけである。

そこで、和合は小川氏に物を盗られたことを証明するため、確実に勝てそうな案件一つに対象を絞り、民事訴訟を起こしてる。その判決が6月14日川口簡易裁判所(13時15分〜)で言い渡されるそうだ。

訴訟内容は、和合(原告)が逮捕されている間に、小川氏(被告)が施設内にあったテレビ30台を勝手に売り払って自分の金にしてしまったというものだ。

しかし小川氏の反論は、テレビをネット販売で購入した際、自分のクレジットカードを使用し代金を立て替えて支払っており、その代金を和合から受け取っていないから、不当な売却ではないというものである。


因みに、小川氏の告発サイトが消えた理由を、和合は埼玉県警が遂に刑事告訴を受理し動き出したから、小川氏が消したのだと触れ回っているそうだ。


所轄の警察署いわく、和合VS元側近は、嘗ては仲間だった者同士の小競り合い。どっちもどっちで、嘘も本当もあるだろうし、何だかどうでもよい話に成ってきたな〜。
嘗て億の金を動かしていた連中が何ともみっともない顛末である。

当方が和合に対し怒っているのは、貧困ビジネスで生活保護受給者を食い物にし、脱税をしていた事実。それを誰よりも早く糾弾していた当社に対し、暴力団員に相談し金を払って妨害工作を企てたことである。因みに当社には誰も訪ねて来てないし、一銭も貰ってないけどね。現に追及を止めていないし。


ところで話は変わるが、またまた当社を騙る敬天新聞記事を止めます消しますハッタリ野郎が現れたらしい。しかも、あっちでも、こっちでもである。これだけ有名(当局が注目)になった当社の者が、記事止めたければ○○出しなよ!なんてストーレートに言うわけないだろが。

そこに不正があれば追及し、誤りがあれば改めるだけである。


 
和合が開設した銀行口座は数百にも及ぶという。和合の逮捕時に国税が差し押さえた通帳には親族名義のものが多数含まれている。
 
上記(差押目録)は、ほんの一部である。NO.15息子名義、NO.17娘名義、その他の名義も残高がそれぞれ二千万円を超えている。息子も娘も若造にしては大した預金残高である。これらの金について和合は何と弁明し、国税はどのような見解を示したのだろうか?

生活保護費の搾取や所得隠しと無関係といえるのか?

口座の不当な開設にあたらないのか?

単なる脱税事件で終わっていいのか?

国税と警察は情報を共有し、改めて捜査するべきではないのか?

悪徳貧困ビジネス和合秀典記事削除の照会

悪徳貧困ビジネス和合秀典記事削除の照会

先日、消失してしまった記事について、改めて書き記したら、さっそくブログ管理会社(サーバー)から問い合わせが来た。

どうやら和合サイドから、記事削除の申し入れがあったようだ。

前回は、登録メールアドレスの不手際で、当方に事前連絡が届かず、記事が削除されてしまったが、登録メールを改めたので連絡がしっかり届いた。

ブログ管理会社からの通知は以下の通りである。

〜 この度お客様が発信した下記の情報の流通により権利が侵害されたとの侵害情報ならびに送信防止措置を講じるよう申し出を受けましたので、特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律(平成13年法律第137号)第3条第2項第2号に基づき、送信防止措置を講じることに同意されるかをご照会申し上げます。

 

本メールが到達した日より7日を経過してもお客様から送信防止措置を講じることに同意しない旨の申し出がない場合、弊社は送信防止措置として、下記情報を削除させていただく場合がございます。


【情報が掲載されている場所】
申出者は、以下の通り主張しています。


http://k-10.jugem.jp/?eid=2419
http://img-cdn.jg.jugem.jp/223/129420/20160409_2037207.jpg
http://img-cdn.jg.jugem.jp/223/129420/20160409_2037208.jpg
http://img-cdn.jg.jugem.jp/223/129420/20160409_2037199.jpg


【掲載されている情報】
申出者は、以下の通り主張しています。


「私の実名、住所、写真を掲載し、あたかも私が犯罪に加担したかのような虚偽の書き込みをされた」


【侵害されたとする権利】
申出者は、以下の通り主張しています。

「プライバシーの侵害、名誉毀損、肖像権の侵害」


【権利が侵害されたとする理由】
申出者は、以下の通り主張しています。


「ネット上では何ら情報発信をしていないところ、私の意に反して、実名、住所、写真、虚偽を公開され、迷惑電話などを受け、精神的苦痛を被った。」〜

※以上、通知より抜粋

なるほどね〜、言い分からすると、申し出ているのは和合本人ではなく身内かな?

それにしても、「私の実名、住所、写真を掲載し、あたかも私が犯罪に加担したかのような虚偽の書き込みをされた」というけれど、部分的にではなく、しっかり記事を読んでくれよ〜。

和合の貧困ビジネスで、資金の一部が生活保護受給者や入所施設の銀行口座ではなく、それ以外の個人口座に出し入れされていたことを、貧困ビジネスと施設運営に直接たずさわっていた元社員の証言と証拠に基づき、当方は報じているのだ。個人に対する誹謗中傷ではなく、公に問うのに充分な情報であると判断したから世に問うているのだ。それは和合が逮捕されて行われた公判の記録からも読み取れる周知の事実である。

しかも当ブログは、一定の配慮をみせて個人名も顔写真も住所も、一部を黒塗りにしてやっているだろう。本来は直に掲載しても良いくらいだ。文句ばかり言ってないで感謝するべきである。

それに、「迷惑電話などを受け、精神的苦痛を被った。」というが、当社には無関係な話である。迷惑電話は迷惑電話をしてくる者に、迷惑だと言ってくれ!

嘗て、和合の貧困ビジネスが勢いづいている時に、当社が入所者から助けを求める告発を受け、関係施設に街宣をかけた。

その街宣に怒り困った和合は、暴力団に金を払って敬天対策を相談し、部下たちには敬天新聞社員の弱みを何でもいいから掴んで来いといって、敬天本部の周辺に隠しカメラを仕掛けて盗撮し、出入りする車や街宣車の所有者を陸運局で不当に調べ、関係者の住まいや家族構成を探り、子供の通う学校や幼稚園まで調べ上げろと命令を下し、当社に何が何でも危害を加えようとしていた、と元社員は証言している。これは元社員の虚言だというのか?和合サイドが今さら当社に対し、被害者ヅラして何を言うのか?というのが当方の見解である。

そして、その和合が行ってきた所業の全てを世に問うているだけである。和合サイドが当方に申し入れをするのなら、先ず行わなければならないのは世間への謝罪と当社に対するお詫びの申し入れではないか?

こそこそサーバーに圧力をかけていないで、言い分があるのなら、どうどうと事の責任者である和合本人が当社に言ってこい。その言い分を公平公正に、当ブログに掲載してやる。


ということで、サーバーさん、裁判所の決定も持たない和合の言い分など、聞く必要もないと思いますよ。


悪徳貧困ビジネス和合秀典告発者HP消失

悪徳貧困ビジネス和合秀典告発者HP消失

当ブログで、 銑回に渡り連載してきた『悪徳貧困ビジネス和合秀典』シリーズの記事が一部消失する事件が起きたことを前回報じた。サーバー(ブログ管理会社)に経緯を確認したら、本紙3月号に掲載した直後に和合サイドから削除の申し立てがあったそうである。

サーバーがその申し立てに応じますか?と当社に伝えようとメールで通知していたそうだが、当社が登録していたメールアドレスが現在は使用していない古いものであったため、当社に伝わっていなかった。その為、回答期限が過ぎても返答が無かったため、サーバーが該当記事を削除してしまったということだった。

だから、和合の言い分が認められ、当ブログが法に抵触したから削除されたわけではない。

消失したのは連載中 ↓◆↓い竜事であるが、悪事を世に晒し、警鐘を鳴らすという観点から、公益を図る目的で公開した記事や情報だ。

消えた記事の内容は、和合の元側近が、和合の悪事に嫌気がさして、世間への贖罪のつもりで内部告発しているものばかりである。裏を返せば、その部分が痛いところを突いていると露呈したことになる。また、消えてない記事については異論反論の無き事実であるということではないか。

ところで、その元側近が全て実名で和合の悪事を告白していたホームページが、先日、一部の記事が削除されるどころかホームページ自体が消滅してしまった。

当ブログの一部が消えて、数週間後のことである。当ブログ記事の削除も認められたのだから、当ブログの情報源であろう元側近のホームページは削除するべきであると該当サーバーに申し立てたかどうかは知らないが、丸ごと消えてしまった。

しかし、新たに記事を別の場所へ移し、再び書き始めたようである。
クリック→
http://waterfryereco.blog.fc2.com/

元側近も和合の貧困ビジネスで直接運営に関わっていた人物だから、何もかも虚言ではないだろう。虚言であればホームページが丸ごと消える前に、名誉棄損で訴えられて、法的に白黒ついている筈だ。このあたりはどうなっているのか?和合はなぜ、正々堂々と当社に反論しないのか?言いたいことがあるなら手紙の一つも送って来い!当ブログでその言い分を掲載してやる。

それに元側近が、記事を消されても消されても、書き続けているのは、言動に自信をもっているということではないのか。

和合は敬天対策で○○組系に相談しているとの噂を耳にしたけれど、本当かなー?なぜ、コソコソとサーバーに圧力をかけてみたり、闇の紳士に相談したりするのかなー?


その一方で、警察に相談する二枚舌、役所には同和団体の名刺で圧力をかける三枚舌の持ち主だから、もう誰も相手にしないと思うけどね。




 

『悪徳貧困ビジネス和合秀典』当ブログ記事の消失(10)

『悪徳貧困ビジネス和合秀典』当ブログ記事の消失(10)

当ブログで、 銑回に渡り連載してきた『悪徳貧困ビジネス和合秀典』シリーズの記事が一部消失する事件が起きた。消失したのは ↓◆↓い竜事である。通常は削除依頼を受けた弁護士か、削除を申し立てられたサイト運営会社が、ブログ主催者(当方)に対し、削除したい旨を事前に理由を添えて連絡をしてくるものだ。

ところが、ある日突然、ネット検索に引っかからないどころか、記事そのものが消えてしまった。敬天流に世情を詠う記事、或いは調査の結果を記録した原稿は、当紙・当ブログにとっては財産である。理由も告げずに消すのは、いわば知的財産権の侵害に等しい行為だ。悪事を世に晒し、警鐘を鳴らすという観点から、公益を図る目的で公開した記事や情報だから、自由に転載するのは構わない。しかし、勝手に削除するのは侵害だ。

消えた記事の内容は、和合の元側近が、和合の悪事に嫌気がさして、世間への贖罪のつもりで内部告発しているものばかりである。裏を返せば、その部分が痛いところを突いていると露呈したことになる。

主にどんな内容かというと、告発者の手記から引用した以下の記述に関するものだ。


/圭匹忙務所を構える、●●連合の組員に対して

『以前、戸田市に事務所構える、敬天新聞に街宣された事があった。

和合は、蕨警察に被害届出すと同時に、●●連合に対して、街宣を辞めさ

せるように、新宿歌舞伎町の風林会館で、SO氏に対して、●●万円渡し

対応すうように話していた。』



⊇犬瓩神験菠欷酥颪隆浜口座名義人をしていた家族達


生活保護費を管理していた、口座の名義人で生活保護費を食らう家族達だ!

銀行口座・キャッシュカードの貸し借りは犯罪です。犯罪収益移転防止違反です。また、口座取得の為に銀行を騙したら、詐欺です。

和合氏傘下の人間は、同じ罪で、神奈川県警捜査2課に逮捕されました。

 
和合ファミリー(深澤提供)
和合ファミリー ある年の正月のお年玉の前の食事会風景!



和合●(わごう●う)
和合秀典氏に口座を貸す
川口信用金庫

三菱東京UFJ銀行

口座を貸す、脱税をしていた事実を知っていた。

脱税した、入寮者の預かり金が入っていた口座の名義人。

約6000万の口座の名義人。これは全て、入寮者のお金です!
 


二瓶●子(にへい●●こ)
武蔵銀行 口座を和合秀典氏に貸す。


そもそも、1度目の関東信越国税局の査察調査で

関係先として、捜索を受けているにも関わらず、口座を貸し続ける。

私は被害者と言っているが、最大の被害者は和合秀典氏が借りて

いた家主、入寮者や和合氏に積立金と称して奪われた、若者バージョン

の入寮者ではありませんか?



和合●子(わごう●●こ)
川口信用金庫の銀行口座を和合秀典に口座を貸す。
和合●子に至っては、秀典氏に渡す為、銀行を騙して口座を作る。
これは、詐欺罪です。(和合初公判より)

現金が数千万入っている事を認識してた。


そもそも、ファミリーの皆さんは、準公人です。

父親が公人(国政選挙の政治家候補)であるのなら、家族も社会や国民

に見本にならなければなりません。

また、和合秀典氏の仕事を認識していたので、1000人以上の入寮者

に対して逃げるのではなく、説明責任を果たすべきです。

また、若者バージョンの預り金を返金すべきです。

これは若者らが、額に汗して稼いだお金です。



生活保護費で買った!貧困御殿

これが、和合●(息子)・二瓶●子の貧困御殿だ!

和合総-自宅
↑和合●(息子)自宅

二瓶康子-自宅
↑二瓶●子自宅

埼玉県戸田市●●●●

2棟続きの角地の豪邸!

約500人のユニティー出発の住人は、2畳の劣悪に環境に住まわせて

家族は3階建ての豪邸、2階建ての新築に香りがする住宅に住む。

こんな、不条理が許されるのか?

皆さんの生活保護費が流れていた事実。

元幹部I氏は

この住宅を購入前に、和合●や二瓶●子らと見学に来ていた。

和合●(息子)の自宅は外階段で、3階まで登れる構造。

これは、和合秀典が、妻、●●子に会わずして部屋に入れる構造の

注文住宅で、建設中たびたび見に来ていた。

和合秀典は、贈与税がかからずに、息子らに資産を残そうとしていた。

和合から1860万の現金が渡り、銀行の借り入れは和合のメインバンク


ーーー 引用は以上の部分だ。
(告発者HP参照・クリック→http://eco-fryer.net/

和合がどんな罪を犯していようが、無関係な親族を載せるのは酷であり、単なる嫌がらせではないか?と思う人がいたら、ちゃんと関連記事を隅々まで読んでいただきたい。

和合の逮捕は脱税容疑によるものであったが、公判では貧困ビジネスで得た所得を、複数の親族名義である銀行口座に振り分けていたことが明らかになっている。

だから、その意図と真相を知っている告発者である和合の元側近は、その事を糺さずして良いものか?と社会性のある情報として世に問うているのである。当方も個人の脱税事件で幕を閉じて良いものか?と疑念を抱いたから、そのまま告発者の手記を転載したのである。単なる個人攻撃、誹謗中傷ではないことは、記事を部分的に見るのではなく、記事全体を捉えれば明らかである。

和合は、生活保護費を搾取され、ある日突然、和合の脱税事件で施設が閉鎖されて、何も持たずに野に放たれた生活困窮者たちの惨めな末路を一時でも考えたことはあるのか?しかも、搾取した生活保護費も脱税した所得も、全て血税ではないか!


どのような経緯で記事が消失したのか今のところ分からぬが、該当記事を消したい人物は和合秀典以外には考えられないだろう。

自分の所業を棚に上げ、まったくもってふざけた野郎だ!

過去に部下を使って当社を盗撮し、暴力団に金を渡し当社の追及をねじ伏せようとしたくせに、当ブログ記事に嘘偽りがあるというのなら、どうどうと言ってこい!異論反論があるなら聞いてやる。暴力団に金を払って相談した御仁が、今更やっては来れないだろうけどね。お前みたいな二枚舌の言うことは、警察も相手にしないと思うよ。

まあ、こういう奴らが次にやることと言ったら、後はせいぜい夜中にコソコソやってきて、ゴミを撒いたり、車にイタズラするくらいなもんだろな。隠し銭があれば、また暴力団に相談か?


因みに、あいにく本紙記事は無事だし、告発者HPの記事も海外サーバーなので無事のようだから、これからは暇さえあれば、何度でも「和合秀典」の記事をリピートすることにするよ。和合が世間に対し、反省するその日まで。
 

悪徳貧困ビジネス和合秀典 再び噴出する不条理の数々

(敬天新聞3月号)+α


【和合の悪事】

当社の地元埼玉県戸田市で、生活困窮者の救済を謳い、貧困ビジネスで搾取した金で高級車を乗り回し、脱税で逮捕された和合秀典が、再び法人名を改めて何やら不穏な動きをしていると数か月前に耳にした。


和合秀典とは、フリーウェイクラブなる新党を旗揚げし、参院選に出馬したりして高速道路の無料化を訴えていたが、平成十六年に建造物侵入で逮捕されたり、たびたび高速道路で難癖つけて料金を支払わず平成二十年に逮捕されたこともある人物だ。


和合秀典は、県外まで行ってホームレスや無職の男を探し、雨が凌げて三度の飯も食えるうえ、小遣いまで貰えるといって声をかけ、戸田市役所へ連れて行き生活保護費の受給を手引きしていた。戸田市民の税金が各地から言葉巧みに連れてこられた人たちの生活保護費に充てられた。


人助けと言えば聞こえがよいが、人助けとは名ばかりで、衣食住を面倒見ていることを理由に、受給者から保護費の大半を取り上げ私腹を肥やしていた。受給許可を得る為に役所でホームレスの衣服をぶちまけ、同和団体の名刺を示し、担当職員を恫喝していたそうである。検察が悪質極まりないと断じたのも当然だ。


和合は、生活困窮者を集めて、自らが運営する宿泊所「ユニティー出発(たびだち)」に入居させ、生活保護費を搾取する「貧困ビジネス」で、売上金を他人名義の預金口座に入金するなどの方法で、入居者から徴収した約一億七千万円の所得を隠し、所得税約六千三百万円を脱税したとして逮捕されたが、罪名は所得税法違反であった。
 


 

【脱税では済まされぬ真実】

ユニティーはさいたま市を中心に約五〇カ所あり、一回目の査察では一〇〇数件、二回目の査察では七〇数件にも及ぶ関連先にガサが入ったという。国税は、何十個にも及ぶ銀行口座を押収したが、目的はあくまでも脱税であったから、脱税の捜査対象である和合だけが逮捕され、事件は幕を閉じている。


しかし、押収された銀行口座は、和合によって目的に反して開設された、あるいは詐取された物であり、銀行に対する詐欺行為であった筈だ。また、押収された銀行口座の名義人の中には親族の名前も連なっていた。


これは、単なる和合一人の脱税事件ではなく、不当に銀行口座を開設した名義貸し行為の側面もあり、警察は国税と情報の共有を図り、別の刑事事件としても捜査すべきであった。国税と警察が、それぞれの押収品を共有し捜査にあたるということをしていれば、和合は脱税だけでなく別の刑事罰を問われていたことだろう。また、逮捕者も複数出ていたに違いない。


押収された口座名義の中には、振り込め詐欺事件で使われた口座名義人S氏の名前もあったという話もある。S氏は振り込め詐欺事件を捜査していた神奈川県警捜査2課に「犯罪収益移転防止違反」で逮捕されたそうだ。S氏は和合の下で生活保護費を受給していた一方、銀行口座や携帯電話を売る闇の道具屋みたいなこともしていたようだ。
 


【新たな悪事】

和合には懲役一年六ヶ月執行猶予三年の判決が下され、既にシャバに出ている。この逮捕をきっかけに、路頭に迷った入所者は野垂れ死に、部下の中には自殺している者もいるという。


一方、貧困ビジネスで建てた三階建ての住宅で、加担していた親族は平然と生活をしているそうだ。シャバに出た和合は、性懲りもなく今度はエコフライヤーなる会社で詐欺まがいのことをやっているという投書が送られてきた。


内容は、『エコフライヤーは、生活保護費を搾取で逮捕された和合秀典が経営していた詐欺会社です!ウォーターフライヤーという業務用揚げ物機(簡単に言うと、天ぷらやフライを作る機械)を、開発会社のウォーターフライヤー社から夜中に盗み出し、自社商品と偽って販売し、社長の和合秀典以下、社員全員が、事務所からドロンして消えてしまった悪質詐欺会社です。


詳細は、和合秀典以下、社員全員は、盗み出した約五十台のウォーターフライヤーという業務用揚げ物機を、分解して、型をコピーしてパクリ、なんの技術力もないのに、その拙い商品を製造し、ネットなどで広告をしたり、社員を使って販売したが、数日で故障するマガイ物のため、騙されて買ってしまった店舗や料理店などから、クレームが殺到したので、夜逃げしたようである』というものだ。


夜逃げしたっていうけど、さいたま市の食堂(市場食堂 酔歌 さいたま市桜区桜田3‐10‐21)で飯を作っているんじゃないの?


本妻と別居し、元極道の妻である内縁の妻と飯屋のオヤジを装い、国税の目を交わして捻出した隠し銭で、ウマいことやっているんじゃないの?。
 


裏の顔・市役所恫喝に使用


【情報の信憑性】

投書の主はどこの誰だか分らぬが、既にインターネット上に拡散している。和合が脱税で逮捕されてから、和合の組織は内部分裂を起こしたという噂もある。この投書の真偽を裏付けるように、和合の元側近であると思われる人物が、最近ホームページを立ち上げ、和合の悪事を書き記している。


その内容は『そもそもなぜ、和合秀典がエコフライヤーを始めたのか?事の始まりは、秀典の内妻(田中)の娘(仮名彩加)の旦那である、故浅沼正孝氏がウォーターフライヤーに約一億出資しており、その浅沼氏が死亡した事がウォーターフライヤー乗っ取りへの序章だった。


和合は、彩加から子供達の為に一億を回収してほしいと依頼され回収に出た』というものから、『和合秀典氏が子飼いにしていた〇組△連合の□氏この暴力団は、和合と十三年の付き合いだ。和合氏は、ウォーターフライヤー乗っ取りの時に、この組の組員に対して、ウォーターフライヤーの占有を依頼していた。


この時には、数十万を払っていた』というものである。また、聞き捨てなら無いのは、敬天新聞社が戸田市内の和合の関連施設へ街宣をかけていた頃、和合は新宿歌舞伎町の風林会館で暴力団員に金を渡し、敬天対策を依頼したとの記述があることだ。当社は一円も受け取ってはいないし、暴力団員が問い合わせてきたこともない。


そこで、この記事を書いている人物に直接取材を申入れ話を聞いてみることにした。すると、この人物は敬天対策のみならず、ことあるごとに和合が様々な暴力団や同和団体に相談を持ちかけ金を渡していたと言う。


そして、直接その場に同席しており、相手の組員の名刺や場所と金額を記録しているほか、和合が役所を恫喝する際に使用していた同和団体の名刺も持っていたから、極めて信憑性の高い話である。はっきり言って和合自身が反社じぇねえか?という印象だ。


また、敬天対策に至っては、和合からの指示で当社本部の正面と側面に、隠しカメラを設置し、盗撮を行っていたそうである。


また、当社のパソコンへの侵入を試みたり、当社本部に忍び込みパソコンのデータを盗んで来いと命じたり、とにかく敬天新聞の街宣に困っていた和合は、何でもいいから弱味を探してこいと手段を選ばず無理難題を指示していたそうである。


カメラを仕掛けた本人が言うのだから間違いない。断じて許せぬ行為である。取材に応じた、この人物は和合が貧困ビジネス脱税事件で逮捕されたことを切っ掛けに、和合の悪事に辟易し、自らの贖罪のために真実をネットで公表しているのだという。


和合は自分の悪事は棚に上げ、事あるごとに警察に泣きついていたそうだけど、一方で暴力団に相談するという二枚舌で、周辺者には「タヌキ」と呼ばれているそうだ。そんなタヌキのいうことには、もう暴力団も警察も耳を傾けることは無いだろう。


となると、和合秀典の唯一の用心棒は、嘗て吉原のソープを経営し、元極道の妻であるといわれている内縁の妻だけかもしれないな。内妻くわばらくわばら。 
 


和合自らが中華鍋を握る市場食堂
 


自ら中華鍋をふるい調理する和合。
なんだ右脇の袋は?みそ汁は即席かよ!

 
ゲッ!?そういえば和合は、あの「みのりフーズ」の社長を知っているというが本当かね?
エプロン姿の高齢の男が料理をする後ろ姿は哀愁が漂う。
 
興味のある方は、一度食べに行ってみて。

・・・・つづく。

 

悪徳貧困ビジネス和合秀典公判編その4・供述

悪徳貧困ビジネス和合秀典

公判で明かされた真実・その4


【 部下たちの供述 】


福原○○ 供述調書より
「和合さんの元では救済係りと呼ばれていた、入寮を勧誘する係りの人達が、東京都内の
新宿や上野周辺当たりでホームレスなどに声をかけて入寮者を集めていた。

 私はこのような救済係りの勧誘により戸田市役所や埼玉市内の区役所の管内において、保護申請者が何人か集まると申請予定者の名簿を作成して役所を訪ね、ケースワーカーに名簿を提出していた。生活保護を受けさせることが決まった入寮者については、入寮後、私や佐藤○美さんなどが戸田市役所やさいたま市内の区役所へ連れて行き、申請手続きを行った。

 入居者達が受け取った生活保護費は集金して和合さんに渡していました。入居者については日々、誰がどこの宿泊施設に入居しているかを記載した「出発の寮名簿」という一覧表を作成していた。この出発の寮名簿は日々入居者に500円の小遣いを配る際に、どこの宿泊施設に何人入居していて、いくらのお金を用意しなければならないのか分かるように毎日作成しているものです。

履歴の最後にトンコと記載している場合は「トン面をこく」をもじった用語で入居者が誰にも何も言わず退去してしまうことです。普通の円満な退寮の誰かに宿泊施設を出ることを伝え出て行った場合、強制退寮はこちらから入居者を退寮させた場合になります。私が作成していた入居者履歴一覧は出発の寮の入居者のほとんどの人が入力されています。まれに入居してすぐトンコした人などは入力を省略している場合があるかもしれません。生活保護を受給している場合の出発の寮の入居者に関してはすぐに入力しています。

 ユニティーでは、「ユニティー」として50件弱の建物を借り上げて、建物を寮として修繕し生活保護を受けている者を住まわせていました。ユニティーでは入居者の食費や水道光熱費、寮の管理費、消耗品費を入居者の生活保護から支払いをしていました。私は社長・和合さんから、その自宅でその日に必要なお金を平均70万円ほど預かって入居者の日払いや公共料金などの支払いをし、その日現金受け払いした者などをきちんとパソコンで入力し、コピーして社長に報告してファックスしていました。社長から預かったお金で各寮から修繕や消耗品費などが欲しい旨の話があった時は私は直ちに払っていました。」




深澤○ 供述調書(和合初公判1 36.0)
「私は平成21年6月にユニティーの施設に入居してその年中は和合の運転手をしていましたが、徐々に和合社長に認められ様々な業務を行うようになりました。その内容は救済入居者の勧誘にかかる経費の取りまとめや、入居者の生活保護申請にかかる経費の支払いです。和合社長の転居費用や新党フリーウェイクラブにかかる支出の取りまとめになります。

 私は和合社長から毎週現金を預かりユニティー及び和合社長の事業に対して、その支払いを現金封筒で作成し、毎週社長へ提出しています。私が支払っているユニティーの宿泊施設の経費は基本的に私が入寮している施設分でした。最初に入寮したのは喜沢南自立支援センターでした。それから平成21年11月頃よりは四ッ谷自立支援センター、平成22年3月以降より現在の笹目南自立支援センターと入寮する施設が変わり、運営経費について私が取りまとめていました。私は和合社長から毎週現金を預かり、ユニティー及び和合社長の事業に関して発生した費用を支払って社長に報告していました。」




石島○○ 供述調書(和合初公判1 38.30) 34号証35号証
「私は入居者名簿を管理しており、入居者ごとの家賃の集金日、家賃、入寮日、支払い家賃の集金日、配属寮などを記載して、積立金や給料を記載していました。入居者から月々原則3万円の積立金を預かっており、実績欄の金額は宿泊施設の家賃6万、協力会費1万、積立金3万の合計額となります。」




佐藤○○ 供述調書36号証37号証)
「私は出発の寮に入り、戸田市から生活保護を受給することになりました。戸田市が支給する生活保護は平成16年以降すべて銀行振り込みに変わったことから、それまで戸田市から毎月受けて和合社長へ全額渡していた生活保護のお金は、銀行口座を開設して受け取るようになりました。出発の寮は入居者が受け取った生活保護により、家賃、食費、水道光熱費、共益費、雑費が賄われており、日払いとして一日当たり500円を受け取っていました。」


 

小川○○ 供述調書(38号証〜40号証)
「救済活動、新規入居者の勧誘ですが、和合社長は路上生活者に声をかけ、社長が経営する寮に入れる活動のことを救済活動と呼んでいました。私は路上生活者を和合社長が経営する寮に入れ、私が
勧誘した路上生活者が寮に10日いつくと、社長から一人につき1万円の小遣いをもらいました。
 
 社長は社長の経営する寮に入居した路上生活者に生活保護や年金を受給させ、その金を全額受け取って寮費や食費などに使った残りを銀行口座や、社長の手元で管理していました。間違えなく生活保護から経費を引いても月々の余剰金が出ており、それを社長は路上生活者には返さず自分のことに使ってしまっているので、路上生活者に対する社長の事業について、路上生活者から生活保護費をピンハネするいわゆる貧困ビジネスと言われても仕方ないと思います。」



高木○○ 供述調書(41号証)
「私は出発の寮の修繕(?) 工事に従事することで和合社長から小遣いとして毎週3万円を受け取っています。内容としては一日あたり5000円、日曜日は従事しないため週3万円となっています。他の入所者は月払いの小遣いを貰っていますが、私は週払いの小遣いを受け取っていたわけです。私が行う出発の寮の修繕工事は各寮の部屋を個室化するためにベニヤ板で間仕切りするものです。」




井上○○供述調書(42号証)
「私はユニティーの施設に入居する上で、生活保護を受けない代わりに和合社長から頼まれた運営の手伝いをするようになりました。具体的には平成19年頃より、和合社長の指示を受け、大工工事を行っています。ユニティーで新しい住居物件が決まると、その物件の内部を改造してより多くの入居者が住めるようにしていました。」




大原○○供述調書(43号証)
「和合社長は現在ホームレスなどの生活困窮者の生活保護費の受給を前提に宿泊施設を利用させ、施設利用料として家賃、食費、水道光熱費として、(?) を行っておりました。和合さんはダイカスト(金属の加工製造)を行わなくなってからは、宿泊施設の経営をメインとしてきました。発砲スチロールを溶かしたりその他にも都内のホームレスが集めたアルミ缶を回収し収集業者へ販売する仕事も行っておりました。それは現在も行っております。私はアルミ等取引先とのやり取りを行い、納入日を決めたり売上代金を和合社長に届けていました。」



薗田○○  44-45号証 (和合初公判1 43.50)
「私は池袋地区ラーメン店を担当していました。池袋の寮には生活保護を受給している人はいません。池袋の周辺のホテルに勤務して給料を貰っている人か、就職活動中の人が入居しています。平成20年のはじめころから池袋では若者を受け入れ、就職支援をして得た給料から家賃などを貰うことになりました。これは他の生活保護受給者とは区別して若者バージョンや人材育成と呼び、宿泊施設を自立支援センターと呼んでいます。若者バージョンとして働いている人の毎月の給料から家賃として6万、寮の共益費に使うお金として協力会費1万、本人のための積立金として3万円を出金していました。自立支援センター人材管理名簿を作成し、若者バージョンで入居していた人ごとに給料日、年齢、勤務先、配属寮、積立金、給料の金額、実績金額等を記載し管理していました」




斎藤○ 46号証
「私は平成16年頃にユニティーの寮に入り、生活保護費を受給するための申請手続きを行いました。福原と一緒に戸田市役所を訪れ窓口で現金を受け取っていましたが、平成22年ごろからは銀行振り込みになって私名義の預金口座を群馬銀行戸田市店に開設しました。福原から通帳カードは預かる仕組みだからと言われ、通帳カードは預けました。戸田市早瀬においてはアルミ缶のプレス販売、群馬県伊勢崎市においてはアルミ缶を溶解して製造したインゴット販売を行っていました。私は寮の手伝いとして群馬プラントの方の担当者として戸田市早瀬から群馬プラントまでアルミ缶を4トントラックで運搬したり、資源回収業者にインゴットを納品する際の振込の確認等を行っていました。」




山口○○ 47号証
「寮の家賃や食事代が今月いくらということは言われませんでした明細書を渡されることもありませんでした。寮の家賃や食費代等毎月いくら払われているのか、私には分かりません。通常でしたら家賃いくら、食代いくらといわれて支払うものだと思いますので、おかしいと感じていました。
 
 
生活保護の申請は、印鑑については和合さんの寮のスタッフが用意して、役所に提出する書類については、役所は行くまでにあらかじめ書くように言われました。この時入寮している寮の賃貸借契約書というものも見ましたが内容についてはすでに誰かが記入しており、私は渡された印鑑を押すように言われて私の名前の場所に私の印鑑だけを押していました。


 生活保護を申請するにあたり、和合さんの寮のスタッフから「どこで声をかけられましたか?」と聞かれた場合は「東京で声をかけられたとは言わないで埼玉で声をかけられたと言ってください」と指示されていました。
 さいたま市についてはさいたま市内にいた人については生活保護を支給するが、もともとさいたま市以外にいた人を連れて来た場合は支給の対象外になっていたからのようでした。」



目黒○○
「私は宿泊施設に入居する際、和合社長と面接を行いました。私が「仕事を探している」というと、和合社長から「今は定職にできるような仕事は少なく難しいのではないか。協力するけど、とりあえず、しばらく仕事が見つかるまで生活保護で生活できるようにしてゆっくりして仕事を探そう。慌てて探しても碌なところは見つからない」と言われました。」



塚原忍 63号証 49.40(自殺死亡の為)クリック→自殺の真相
「私は平成20年5月中旬頃から平成25年2月頃まで和合さんの経営する寮に住んで生活していました。私は和合さんの指示で酒を飲んで暴れたりして、他の入居者に迷惑をかけている入居者を私のいる寮に連れて来て生活態度を改めるよう指導したり、私の指示を受け入れなければ寮から出ていくように伝える手伝いをしていました。また寮の入居者が少なくなると週に二回の割合でJR池袋駅、新宿駅、上野駅を車で順に周りホームレスに「生活保護を受けないか?うちは出せるお金は少ないが他よりは気楽だ」と声をかけ勧誘活動をしていました。このような勧誘活動を救済活動と呼んでいました。自分は20人〜30人の新規の入居者を勧誘しました。」


ーーー 以上 


おいっ、和合!

「勧誘した路上生活者が寮に10日いつくと、社長から一人につき1万円の小遣いをもらいました。」って、完全に悪徳ビジネス化しているじゃん。

『「どこで声をかけられましたか?」と聞かれた場合は「東京で声をかけられたとは言わないで埼玉で声をかけられたと言ってください」と指示されていました。』って?

もう脱税事件ではなくて、組織的な巨額不正受給・詐欺事件じゃないか!?

つづく。


 

 

悪徳貧困ビジネス和合秀典┯判編その3・言い分

悪徳貧困ビジネス和合秀典

公判で明かされた真実・その3

【和合の言い分】


弁護人:
『被告人は平成10年頃に胃がんを患い、その後に経営していた株式会社ユニティーが事実上廃業状態になったことを契機として、今後は社会のためになる活動をしようという気持ちになり、路上生活者の方々を株式会社ユニティーの旧工場(戸田市早瀬)を解放して住ませたのであります。これが好評をはくし、路上生活者の入寮希望者が増加し、旧工場だけでは入寮者を受け入れられなくなり、他の建物を賃借りして住んでもらうようにしたのであります。

被告人は「ユニティー出発の寮」と名付けその運営のすべてを取り仕切り生活のすべてを寮の運営にささげ、いろいろ工夫を凝らして行き、平成22年の頃には入所者数が300人にまでなったのであります。

ユニティー出発の寮の入寮者の中には寮の運営に協力してくれる者もおりましたが、寮の規模が拡大してそれに伴い求められる対応も多くなったため、被告人の寮の運営に対する能力が軽減されることはなかったのであります。

そして、ユニティー出発の寮には法人格がなく、また被告人自身も株式会社ユニティーの関係の債務などを持っており、そうしたことにより、入寮者に迷惑をかけないようにするため被告人は他人名義で預金をしたり、株式会社ユニティー名義で寮の建物を賃借りするなど、特異な安全策、距離策を取らざるを得なかったのであります。

被告人としましては、営利を追求するのではなく出発(たびだち)の名に相応しく挫折した人々に入寮してもらい、その人生を再生させて社会に出発(たびだち)させることを意図していたのであり、もっぱら寮の運営と安定的向上に関心があったのであります。

被告人はこれまで述べましたように日々寮の運営に追われる中で、事実上自己の税務についてきちんと処理するまでの配慮をすることができず、他人名義の預金についても自分のためではなく入寮者のために使うものだと考えたこともあり、軽率にも年金だけを収入として所得税の申告をしてしまったのであります。

2としまして、虚脱した所得税についてでありますが、被告人は本件公訴提起後、平成21年度及び平成22年度の所得税について修正申告を為しております。いずれの所得税につきましても本税、沈滞税、及び重加算税についても納付済みであります。その他情状についてでありまして、被告人は本件犯行を真摯に反省して後悔しており、二度とこのようなことをしないよう決心しております。

被告人は、今後は長谷税理士に相談して納税義務を果たしていく決心をしております。以上の事実を立証するために証拠調べ請求書記載の書証を提出し証人尋問をすると共に被告人質問をお願いするつもりであります



ーー 貧困ビジネスを正論で糾弾していた当紙に対し、暴力団員に金を払って危害を加えようとしていたくせに、こんな言い分、信じられるわけないだろう。

和合の本当の顔を弁護人は知っているのかよ?

つづく。

 

悪徳貧困ビジネス和合秀典Ц判編その2

悪徳貧困ビジネス和合秀典

公判で明かされた真実・その2


検察官:
『まず被告人の心情、経歴などについて申し上げます。
 被告人は高校を卒業後、金属部品の製造販売会社に就職しました。若くして独立し、金属部品の製造販売業を営んでおりましたが、平成14年5月頃には辞め、その後は生活困窮者を対象とした無料低額宿泊所の運営、フライヤー製造販売会社の代表取締役、高速道路の無料化を旗印とする新党フリーウェイクラブ会長として国政選挙に立候補するなどの活動をしていました。

妻子とは別居し、住居地で内妻と同居しています。前科は2犯あり、平成16年6月1日の建造物侵入と、平成20年3月13日の道路整備特別措置法違反です。次に犯行に至る経緯、犯行に至る状況について申しあげます。まず被告人の事情内容などです。被告人はかつて金属製品の製造販売などを行う株式会社ユニティーを経営していましたが、当社は手形の不当たりを出して、平成14年5月頃には倒産し、その後その営業実態はありません。

他方被告人はその頃から路上生活者を連れて来ては埼玉県戸田市内の同社建物内に住まわせるようになり、被告人個人で生活困窮者を対象とした低額宿泊施設運営事業を営むようになりました。被告人はその後同市の他、さいたま市、埼玉県蓮田市、東京都豊島区等に同様の宿泊施設を開設していきました。

被告人はその運営する宿泊施設の入居者を獲得するため、被告人の事業を手伝っていた佐藤○○、深澤○、小川○○、石島○○ミらに指示をして、埼玉県内外において路上生活者を対象に入居勧誘活動を行って、前記佐藤らが入居希望者を連れて来ると自ら入居希望者との面接を行った上で、各宿泊施設に振り分けて入居させていました。

そして被告人は新規入居者に生活保護費を受給させるため、被告人の事業を手伝っていた福原○己らに指示をして新規入居者を市役所等に連れて行かせ、生活保護の申請手続きをさせており、生活保護費の支給日になると前記福原等を同行させ、入居者等を市役所等に連れて行き、入居者が受給した生活保護費を直ちに前記福原等に全額回収させると、それを被告人方に持参させていました。

また被告人は入居者の生活保護費が銀行振り込みによって支払われる場合には、入居者に銀行口座を開設させた上で、同口座の通帳等を被告人が管理し、同口座に振り込まれた生活保護費全額を自らが引き出していました。

次に被告人の所得の内容、犯行の手段、方法等について述べます。
 
まず入居者から徴収する施設利用料、被告人は家賃などの名目で前記第2のうち、(3)及び(4)の入居者が受給した生活保護費を全額徴収していました。また被告人は年金及びを失業保険受給している入居者についてはそれらが振り込まれる口座の通帳等を被告人が管理し、家賃等の名目で同口座に振り込まれた年金等の全額を引き出して徴収していました。

さらに被告人は就労が可能な入居希望者については、若者バージョンと称して、被告人の事業を手伝っていた園田○○が管理する宿泊施設に入居させた上で就職活動を行わせ、就職後、家賃等の名目で入居者が得た給料から月額7万円を徴収していました。

次にアルミ等売却収入、及びラーメン店の売上です。
 被告人は職業訓練と称して入居者を使ってアルミ缶を回収し、それを溶解して、インゴットを製造し、これを売却するなどの事業を被告人個人で行い収入を得ていました。

また被告人は同様に職業訓練と称して、被告人個人が経営するラーメン店三郎ラーメンにおいて入居者を働かせ、同店の売り上げによる収入を得ていました。

居酒屋酔歌の売り上げ。
 被告人は内妻である田中○○を使って、被告人個人が経営する居酒屋酔歌の営業を行わせ、同店の営業による収入を得ていました。被告人は前期第2の2、(1)ないし(3)の収入を区別することなく、一部については自身の財布や自宅にある金庫に保管し、その他の資金については被告人の家族や知人名義で開設させ、被告人が通帳等を管理していた借名口座に入金をして管理していました。

被告人はそれらの中から宿泊施設における食費、入居者に支給する小遣い、宿泊施設の賃借料、利用する自動車のガソリン代、被告人の事業を手伝っていた者に対する報酬等の経費を支払っていました。被告人はこのように前記第二の2、(1)ないし(3)で得た現金を借名口座に入金して管理するなどして、不労所得を取得しました。


次いで申告状況です。
 被告人の妻、和合美○子は、被告人の承諾を得て、平成14年頃から被告人の名義の年金を受領して管理していました。そして美○子はその頃から毎年、前記 年金収入について、被告人名義で所得税確定申告を行っていたところ、被告人も平成15年ないし、平成16年頃には前記申告の事実を知り、その後も同様にして申告することにつき了承していました。

被告人は平成21年分、及び平成22年分についても、美○子をして前記第二の二、(1)ないし(3)の収入を除外した虚偽過小の所得税確定申告書を作成させ、いずれも同人をしてこれに公認させ、申告期限内に所轄西川口税務署に提出しているものでございます。

さらに虚脱所得の留保形態、及び使途であります。
 被告人は虚脱取得を前記第二の二、(4)の通り現金及び、預金として留保していた他、被告人の長男、和合○の自宅取得資金の援助、被告人の次女和合○子への生活費の援助、自身の選挙費用、及び政治活動資金、自信が代表を務める団体の弁護士費用、自らの生活費等に費消しました。

第三納付状況です。
 いずれも平成26年12月8日に修正申告がなされ、本税、重加算税、及び延滞税すべて納付済みであります。立証方法はいずれも等役計算法にあります。修正総益計算書、虚脱所得の内訳明細及び虚脱税額計算書は別件の通りです。その他情状等関連事項も含めて証明するため、証拠等関係カード記載の証拠調べを提出いたします。


ーーーー

なるほど〜それで和合の息子の自宅のことを、

元側近たちが"貧困ビジネス御殿"と呼ぶわけだ

「若者バージョン」
って言いぐさも酷いな。

単なる脱税事件で済まされないのではないか?という理由が、公判内容に記されている。

その疑念は、和合の部下たちの供述調書で、更に深まることになる。

つづく。


selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode