金玉位置性念場の事件簿・其の八(病状の悪化)

金玉位置性念場の事件簿・其の八

【ファイル其の八】病状の悪化

『○○さんへ

身体の中から汚い女です。病院でも治してはくれませんでした。何度お風呂に入っても汚いままです。

人一倍気を使い貴方の立場を守っていたつもりですが、すぐ隣の近い女性は自分のお店に誘ったり大切な仕事先のレストランに喜んで誘う。その差別の意味が分からなくて、どうしても分からないから教えてください。

他人との違うところはなんですか?醜い姿形をしているのですか?教えてください。私は、本当に分からないので教えてください。以前の自分の様に人前にでる事もなくなりました。

私は、人の前に出る事は○○さんがそうしたように、恥なので人の前にでる事は、相応しくないと思っています。

それでも仕事をして、食べていかなきゃいけない、○○さん、人と合わずにできる仕事を下さい。私を雇って下さい。汚いからいけませんか?

もう限界です、自分の意味が無くなってどうしたらいいのかがわかりません。』


精神的病を患い入院し、いつ自殺するか分からない状態が続いていた女性が、退院したというので回復の兆しが見えたと思っていた。ところが、ことの発端である男から、全く反省の念が見られない女性を蔑視した言い分が届いたという。そのため、春の訪れを期に新しい人生を歩み出そうとしていた女性だが、再び病に伏してしまったようだ。寧ろ病状が悪化したと言わざるを得ない。

現在も、医師が処方した精神安定剤と睡眠導入剤だけが、この女性の頼みの綱(命綱)である。マンションからいつ飛び降りても不思議ではない。女性の母親が田舎から上京し、四六時中、身を案じている状況だ。男性の言い分は、まるで女性に早く逝ってくれと願っているかのように感じられるものであった。女性はそう感じたということだ。

実名を記した遺書も書いているというこの女性に、万が一のことがあった時は、それを広く公表し、愚弄した者達に、決して償うことのできない罪を生涯背負っていただく。



※金玉位置性念場(きんだいちしょうねん)の事件簿とは、欲望にかられ社会的地位を忘れた者たちが、金玉を使う場所を誤り、危機的状況に陥った様々な事件の顛末と、社会的地位を守ろうと必死に足搔く性念場(正念場)を綴った、調査ファイルである。バラバラの点と点は結びつき、いつか真実は白日の下に晒されることだろう。
 

金玉位置性念場の事件簿・其の七

金玉位置性念場の事件簿・其の七

【ファイル其の七】

生きる事が苦痛の毎日


●●さん身体の中から汚い女です。鏡を見るのも嫌です。常に人に喋り私の紹介した人に言い、隙あれば見境無く関係するのでしょう。●●さん、は自惚れていたのだと思います。同じ店や仕事紹介した女性も関係なく、自分がいようが関係無かったのでしょう。お酒を飲んで女性とタクシーに乗ると必ずキスをする、とも断言していた程、誰とでもかまわず。汚い。貴方の指図で弁護士と言う男から精神病院に行け、親に言うと脅され精神薬の副作用に悩まされ苦しい思いを伝えるしています。調べたらアカシジアというそうで、落ち着きなく一つの場所にじっとしていられない、不快な思いでそわそわしてばかり、病院へ行くのに電車の中でもそ座ったり立ったり目指す駅まで、待ちきれないという様な、それまで無かった苦痛にどうしていいのかわかりません。それまでと世界が違って見えます。貴方がした様に私は遊ばれて捨てられた透明人間は社会に居場所などないです。悲しい事に治療したつもりで今度は身体までおかしくなってしまいました。一体どうしたらいいのですか? 入院していた時、立ったまま足踏み繰り返したり、歩き回る人がいました。私もそうなるのでしょうか?汚いバイ菌より


--- ある男の代理人の一言で、精神的ショックを受けたという女性は、自傷行為を繰り返すほど精神的に追い詰められ入院していた。

退院したものの、現在は医師が処方した精神安定剤と睡眠導入剤だけが、この女性の命綱である。時折みられる文章の乱れは、そんな精神状態を表している。


先日、ロープで首を絞めて死のうとしたが、未遂で終わった。

有名な老舗社長と代理人の実名を記した遺書を書いているとの話も聞いた。この女性に万が一のことがあった時は、それを広く公表し、愚弄した者達に、決して償うことのできない罪を生涯背負っていただく所存である。

金玉位置性念場の事件簿・其の六「癒えない心の傷」

金玉位置性念場の事件簿・其の六

【ファイル其の六】

「癒えない心の傷」


○○さん、お元気にしていますか?何事も無かった様にすました顔をして、暮らしているのでしょうか、卑怯な狼を被り私を騙して食べ逃げ、脅した野獣は人間の服を装い又、次の獲物に毒の林檎を食べさせているのではないでしょうか。恥で汚い女を覚えていますか?身体の中から汚い私は、病院でもそれは治す事ができませんでした。人と、何が違うのかどうしてもわかりません。そんな汚い自分を責める日々で辛くてたまりません。貴方の指示であった様に、たまらない行き場の無い思いと共に、私は、昨年クリスマスからずっと、初めて精神病院に行き入院しました。ここで年を越し退院したのは最近です。気が休まる時はありませんでした。いつ又親に言うと、知られるか解らない事、仕事もこれ以上ない恥でもう行く場所などない。そしてかさむ入院代はどんどん増えて高額医療の手続きをすると当然、親に酷い心配をかけ知られてしまう。入院といっても気が休まる事はなく貴方が私にした嫌な事がそのまま夢に出て来てうなされていたので薬でそれをなくしてました。そんな事で部屋を出なければならないのに行く場所などない。


恥ずかしく言う事などできません。
お世話になった○○○ッ○の会長へ、まさか、付き合い一方的に仲間で、普段から何かあったら助けてあげると言っていた弁護士を名乗る男に、精神病院に行け!弁護士だから調べる親に言う!!など脅され本人は、雲隠れ無視、私は無いと同じ。同じ場所に入院していた病棟に、自分が透明人間みたいで世間が怖いと言っていた人がいましたが、私も同じです。酷い事をされ逃げられ何もできないと自分の価値はなく無力無気力そして自殺をかを考える様になります。昨日も先がないと思うとどうしていいかいられなくなり紹介状で通っている、心療内科の先生にこれををはなし、するとやはりそれまでの精神科に通ったほうがいいのかもしれない。入院が足りなかったのかもしれませんと強い薬を処方されました。行き場のない苦しみがきづくどいつも、自殺サイトばかり見る様になりました。○○さん、貴方がそうしました。人を、雇える立場にあるのだから、私に仕事ください。恥だから嫌でしょうから一人で誰にも会わずに出来る仕事がいいです。


そうです、○○さんは幾つも会社を持ち、人を雇える立場にあるのですから私を雇って下さい。付き合い始め、私の部屋で会う事、お客である貴方と付き合う事はズルい卑怯な事も最悪出来る事が分かっている、互いに酸いも甘いも解りきった大人だからこれはないと思っていたのですから一方的な卑怯な事、それだけはしない事、それを約束しながらも貴方は私を嘲笑うかのごとく、苦しい思いを伝え男が当然の事も話す事もせず、他人に恥を欠かせ、貴方本人法律から逃げた事を、事が済むといらないモノを捨てると同じにして、女ならこれ以上ない恥にして逃げなんてことでしょう私を脅しました。親まで引き合いに出して。約束出来ないのならやめましょうと私は言いました。嫌われたなら出て来て話すべききが、これを面白がりましたね。貴方が羨ましいです。逃げる職場、家庭共にあるから。血筋が汚い私は、結婚もしていなければ子供もいません。汚い恥として扱われたので男性との関わりは当然、生きる意味がありません。せめて、一人踏み出す事も怖いです。使って捨てるモノだから、そうしてもいいと思われていると分かってからです。

マンション購入の夢は自分にとって大きな活力でした。それを提案し力になってなると保証人の約束をしたのも貴方自らです。何度も話していました。人世の大きな選択を、軽はずみな嘘で人を騙して欲しくはありませんでした。一度は前向きに不動産業の●●さんという方を紹介されお会いしたもの、私が何も知らないと思い、年金暮らしの父親を保証人で銀行話を相談に行くなどと、途中から話が可笑しくなりバカにした様な事をし、あげくのはてには今不動産が必要かもう一度良く考えたほうがいいと、騙しバカにするのも程があると、そこまで人にナメられ面白がられては、その間のオモチャで人間としての尊厳がなくなります。○○○ッ○の会長に訳を話せというのでしょうか?

店のお客さん、ママと繋がり貴方はしゃべり内緒と言いながら皆笑われる。夢面白がり壊され悔しい。そして恥ずかしい。銀座にはもう近づきたくないです。どうなるか分かってしたこと。楽しいですか?自社ビルと両国に女を支援する為にマンションを貸してると言ってましたが、私は貴方のせいで仕事も住む場所もないんです。少しでも責任を感じたらそこに住ませて下さい。一度は人を、羨ましいと思ってもそれ以上に羨んだり妬む様に思う教育は受けてはいません。恥ずかしい思いです。はっきり言いますが貴方が一人卑怯事をはたらいた為に、私は嫌な思いしかなくなり、ひとり生きて行く事が怖くなり又入院するか、こんな自分も扱いきれず○○さんした様に捨てるしかないと考えまいにちが地獄です。何か答えて下さい、私は電話を切られてから何も頭に入ってくるものがありません。何処に行って一体何をしたら良いのですか?分からないです。教えてください。汚い恥より


--- この手紙は、昨年末に入院し2月12日に退院していた女性から届いたメールである。

ある男の代理人から冒涜され、精神的ショックを受けたという女性は、自傷行為を繰り返すほど精神的に追い詰められ入院していた。

医師のカウンセリングにより回復したと思われ退院していたが、自宅に戻ると直ぐに悲しい記憶が蘇えり、また不安定な精神状態に陥っているようだ。

退院したものの、信じていた男の裏切りで、職を失い、収入も途絶え、今月中に出て行かねばならぬ自宅の賃貸契約、積もる医療費、という現実がのしかかる。

現在、医師が処方した精神安定剤と睡眠導入剤だけが、この女性の頼みの綱(命綱)である。時折みられる文章の乱れは、そんな精神状態を顕著に表している。

この女性の住まいはマンションの上階であると聞く。時折ベランダで星を眺めているなどという話を聞くと、いつ手すりを越えやしないか心配でならない。


実名を記した遺書を書いているとの話も聞いた。この女性に万が一のことがあった時は、それを広く公表し、愚弄した者達に、決して償うことのできない罪を生涯背負っていただく所存である。

今日は桃の節句だというのに、この女性にとって春はいつ訪れるのだろう・・・。



※金玉位置性念場(きんだいちしょうねん)の事件簿とは、欲望にかられ社会的地位を忘れた者たちが、金玉を使う場所を誤り、危機的状況に陥った様々な事件の顛末と、社会的地位を守ろうと必死に足搔く性念場(正念場)を綴った、調査ファイルである。バラバラの点と点は結びつき、いつか真実は白日の下に晒されることだろう。




 

金玉位置性念場の事件簿・其の五「見えない回復の兆し」

金玉位置性念場の事件簿・其の五

【ファイル其の五】

「見えない回復の兆し」


【1月14日】
○○から電話があった。先日お見舞いに行ったことへのお礼の電話である。

「元気を出して頑張ります!」という声は、最初こそ元気に聞こえたけれど、次第に涙声に変わってしまった。応援してくれる人達の為にも早く元気にならなきゃいけないという気持ちと、未だ払拭できない精神的ショックとの苦悩が感じられる。

軽率に病人へ「がんばれ」という言葉をかけてはいけないと、どこかで聞いた言葉を思い知らされた。しばらく入院生活が続きそうである。職場に通えず、収入は途絶え、三月には自宅(賃貸マンション)を引き払うことも決まっているそうだ。○○にとって、現実は不安が募ることばかりである。

【1月16日】
〇○から病院で血液検査をしたところ、「問題ない」との結果が出たと報告があった。問題ないのは当然である。相手の男✕✕から由緒ある血筋が穢れると侮辱され、自分の血液が汚れているのではないかと酷く気にしているようだ。また、✕✕の代理人△△弁護士が、自分が入院している事などを両親に話すのではないかと心配している。△△弁護士が両親に知らせると通告してきたことが、余程ショックだったようである。
○○は、十代のころ親の反対を押し切って、地方から都会に上京してきたそうである。そのとき何があっても絶対に両親に迷惑を掛けないと決心し、自分の志を胸に秘めて今日まで頑張ってきたそうだ。人には誰しも触れてほしくない事があるものだ。△△弁護士が両親を巻き込もうとしたことは、一層○○を精神的に追い詰める結果となったようである。

【1月18日】
本日〇○は、病院で心理テストを受けるそうである。早期回復の兆しはあるのか心配だ。

 

金玉位置性念場の事件簿・其の四「深刻な病状」

金玉位置性念場の事件簿・其の四

【ファイル其の四】

「深刻な病状」

年が明けた平成28年

1月2日 ○○(相談女性)から新年のご挨拶がメールで届く。

1月3日 明日4日、所用のため一時帰宅するとの連絡が○○からあった。長期入院に成りそうなので自宅の整理に戻るようだ。

1月4日 自宅に帰るとの連絡あり。その後、連絡が途絶える。

1月5日 全く連絡がとれない。

1月6日  自宅に帰るとの連絡があってから、全く連絡が取れなくなった。最後に電話で話した声の印象は、病院の薬が効いているのか話口調に異常を感じていた。自殺も考えられることから心配と成り、親類の方に連絡を取り、安否を確認するように伝える。親類の方でも連絡が取れ なくなり警察への相談を検討。

1月7日 ようやく連絡がとれた。病院に戻っているとのことだ。最悪の事態に至らず安心した。取材と見舞いを兼ねて合うことにした。

下の画像は○○の手を撮影したものである。自傷行為をあえて説明する必要もなかろう。病状は深刻である。




○○は、「たとえ代理人の弁護士であろうと、私にとっては第三者の男性。男女間の出来事を全て他人に知られたうえ、男と別れないと警察に相談し、両親に連絡をするとか、精神異常者だから病院へ行け、等と受け止められる通告を行ってきたことに強いショックを受けた」という話を涙を流しながら繰り返し話していた。

○○が、その話を病院の精神科医の先生に話をしたら、その道のプロである医師でさえ「精神病院へ行けなんて弁護士として絶対に言ってはいけないことだ」と怒りを現していたそうである。

精神病院へ行けなどと暴言を吐き、本当に精神病院送りにした者に、果たして司法の正義を語る資格があるのだろうか。依頼者の意を叶えるためなら何を言っても何をしてもよいのだろうか。

 

金玉位置性念場の事件簿・其の三「ある男の手紙」

金玉位置性念場の事件簿・其の三

「ある男の手紙」
 
これは、ある男が、ある女に送った手紙である。

しかも、女の誕生日にである。

1ページ目は、何だか一方的な女の我儘を男が尤もらしく断っているように見えるが、女にコレを言わせてしまった経緯を無視してはならない。これは、女に遊び飽きた男の言い訳に過ぎないだろう。

2ページから3ぺージなどは、要約すると「少し優しくしたからといって勘違いさせちゃったかな?私にとって貴女はSEXフレンドに過ぎないのだから、私の事を本気で愛しちゃダメでしょう!これからもSEXフレンドとしてなら交際しましょう。」と言っているようなものではないか?

女性と一緒にいる姿を人前に晒すことが出来ない理由を、「私がシャイなので」とはよく言うね〜。

挙句に、「貴女との時間は、誰にも邪魔されない時間にしたかった」って、ハァ?。女房子供にバレたくないだけだろう。

散々愛し合ってきた独身のアラフォー女子に対し、しかも誕生日にこの手紙は酷すぎる。ほめ殺しもいいとこだ。

男が絶対にやってはいけない見本である。

はっきり言って女性に対し「別れたくなければ俺にとって都合のいい女でいろ!」と牽制しているに過ぎない手紙である。

あわよくば、これで女性を傷つけずにスンナリ別れられると思って手紙を書いたのだとすれば、よほど遊びを知らない頓珍漢な男に違いない。



 

金玉位置性念場の事件簿・其の二

金玉位置性念場の事件簿・其の二

【ファイル其の二】

12月25日 ○○(相談女性)から連絡がありました。再び病院へ行き診察したところ、明日26日から入院することになったそうです。世の中は、男女がクリスマスのムードに酔いしれております。相反して男女間のトラブルが下で、この時期に入院しなければならない○○のショックは大きいようです。更に、年末年始を精神病院で孤独に過ごさなければならないのですから尚更です。

「私、本当に頭がおかしくなったのかな・・・頭の中に他のことが入ってこないんです」というような事を泣きながら語っておりました。本当に自殺する可能性を感じ、私も言葉を選んで応対している状況です。とにかく嫌なことや相手のことは忘れて静養しなさいとしか言えません。

また、26日から入院するので連絡も制限されることでしょうから、再び警察から連絡があっても応対できない可能性があります。○○は疚しいことが無いのに、自分の意に反して警察から逃げていると思われたくないと言っています。そこで、入院することや自分の考えをしっかり警察に伝えておくことを進言いたしました。

12月26日 ○○が病院から連絡をしてきました。警察に連絡を入れて話をしたそうです。弁護士から精神病院へ行けと言われ馬鹿にされているように感じ傷ついているところに、今度は警察から連絡があり精神状態が更に不安定に成ったけれど、自分の悪い部分は認めるが、自分にも言い分があることを告げ、法廷で争うことも辞さない覚悟であることを警察に伝えたそうです。警察は最初から○○が悪いと決めつけるような印象を与えてしまったことを丁重に謝罪していたそうです。

12月28日 ○○から連絡がありました。突然「私の血は汚れている」「私はバイ菌」と思い詰めたか細い声で話し始めました。

相手の男から「俺は高貴な家系」「(○○との交際によって)血縁が穢れる」との暴言を吐かれたことに、特に心を痛めているようです。

「私の体に流れている血液は汚いから、病院の先生にお願いをして骨髄移植をしてもらうの」と言っています。

夜は医者の睡眠薬で早めに床に就き、朝までぐっすり眠れているそうですが、本当に自殺をしないか心配でなりません。

12月29日 ○○から連絡がありました。いつ退院できるか未定だと言っていました。医師のカルテを覗くと2ヵ月の治療が必要と書かれていたと言っていますが、医師の言葉ではないので治療の経過は定かではありません。

 

金玉位置性念場の事件簿・其の一

金玉位置性念場の事件簿・其の一

金玉位置性念場(きんだまいちしょうねんば)の事件簿とは、欲望にかられ社会的地位を忘れた者たちが、金玉を使う場所を誤り、危機的状況に陥った様々な事件の顛末と、社会的地位を守ろうと必死に足搔く性念場(正念場)を綴った、調査ファイルである。バラバラの点と点は結びつき、いつか真実は白日の下に晒されることだろう。

【ファイル其の一】

浮気女性と対峙する男の代理人の件
 
12月15日以降のご報告

12月15日に男✕✕の代理人△△弁護士から、「法的手続きをとった」とのメールが○○(相談女性)に届いたところまで、前回ご報告しましたが、その後についてご報告申し上げます。

12月7日に出した当社の「取材申し入れ書」は、翌日12月8日に相手に届いております。
当社は、それに先駆けて12月6日、相手を誹謗中傷するメールを一切送らないよう○○に注意をしました。

そのため12月6日を最後に○○は相手の男にメールを送っておりませんでした。△△弁護士には一度も送っていないそうです。

12月15日、△△弁護士のメールが届いてから、何もせずに経過を見守っていました。

その後、
12月21日(月) ○○は、△△弁護士からメールが届いたことでショックを受け、精神状態が不安定と成り精神科医へ行きました。診察の結果、翌22日(火)から一週間入院し治療を受けるように言われました。

12月22日(火) これから一週間入院するという不安から、滅入った気持ちを落ち着かせるため朝から飲酒し(少量)、入院準備を整えて病院へ行ったところ、飲酒を理由に入院を断られてしまいました。

この病院の帰り道、●●警察の生活安全課の刑事から、ストーカー被害の相談があったので話を聞かせてもらいたいとの電話が携帯にあったそうです。
 
弁護士の次は警察から連絡があり、一方的に犯罪者扱いされているとの印象を受け、更にショックを受けた○○は、「警察まで男の味方になって私を虐めるのなら死にたいです」「精神病院の帰りで答えられる状態ではない」等と告げて、電話を切ったそうです。ところが、何度も警察から会いたいと電話がかかってきたそうです。
 
その事を、○○が私に、「警察から電話があったが今は会いたくない」と相談してきたので、

,修侶錣妊轡腑奪を受けて病院に行った帰りであり話せる精神状態ではない事

∀⇒蹐鮓綟にしてもらうこと

性的な辱めを受けたことを話さなければならないことから警察の担当者を女性に変えてもらうこと

など○○の心情をそのまま警察に申し上げれば良いのだということを進言しました。
 
○○の話によりますと、警察は高圧的な態度ではなく、○○の言い分を聞こうとしている感じもします。男側からストーカー被害の相談を受けた以上、動かないわけにもいかず、○○に会って話を聞き、注意や警告をしたいだけという印象を受けました。
 
しかし、その後、○○は警察から電話があっても出ていないようです。

12月23日(水)警察から電話があったということで、相手の男の卑怯なやり方に悔しさと悲しみが増して、益々精神が不安定と成りました。本当は男として直接会って謝ってもらえばよかったのだそうです。その悔しい思いを文字に綴って相手の男に伝えることが出来ない代わりに、せめて私に伝えようとして、私にメールを送信したつもりが、私だけでなく相手の男にも送信してしまいました。
 
それほど、心が傷つき、気持ちが滅入ってどうしようも無い状態にあるようです。
 
本日24日(木)、○○は再び病院へ行っています。

以下は、○○が相手の男✕✕と私に同時送信してしまったメールです。送信先として私と✕✕のアドレスが記されています。

 

1

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode