「急ぎ過ぎたお二人」報道

「急ぎ過ぎたお二人」報道

御婚礼に向けて執り行なわれる眞子様(眞子内親王殿下)と小室圭さんの「納采の儀」が延期されることになりました。

このことは皇室に関わる事ですし、一般人がとやかく言うべき事柄ではないので、

お二人の気持ちを尊重し、より良い形でお幸せになられることを祈念致しております。

しかしながら、世間の関心事は「何故?なのか」のようで、私ごときでさえ、色んな方々に「どう思うか?」と意見を求められたり、週刊誌報道に絡め、公然と話題にして口走っている人を目にしたので、恐れながら敢えて一言申し上げさせて頂きます。

眞子様のお気持ちは宮内庁を通じ文書で発表されました。

「充分な準備を行う時間的余裕がない」

「色々なことを急ぎ過ぎていたのだと思います」

「今、私たちは、結婚と言いう人生の節目をより良い形で迎えたいと考えております」

「これから執り行なわれる皇室にとって重要な一連のお儀式が滞りなく終了した後の再来年に延期し、充分な時間をとって必要な準備を行うのが適切であるとの判断に至りました」

と、お気持ちを示されております。そしてお詫びの言葉も綴られております。

一般の結納にあたる儀式を目前に控え、延期を決断なさった眞子様のお気持ちを察すれば、世間に対し、これ以上の説明はないでしょう。お二人の幸せを願う者であれば、より良い形でお幸せになられるよう、見守るべきではないでしょうか。

その様な観点から、私はそっと神棚の前でお二人の将来を祈念申し上げるほかないと考えておりました。

そもそも、お二人の「充分な準備を行う」という機会を奪ったものは何か?なぜ昨年五月に報道が先行したのか?宮内庁関係者や軽率に騒ぎ立てるマスコミや、私たち世間の風潮にこそ責任があるのではないのか?お詫び申し上げるのは私たちの方ではないのか?

私は、最近の週刊誌には数百円のお金を出すのも勿体無く思え、全く読まなくなりました。しかし、その週刊誌報道が発端で小室家が金銭トラブルを抱え、そのことが延期の背景にあるのではないかと思わせるようなことをテレビのワイドショーで話題にしていることを知りました。

金銭の貸し借りを巡るトラブルが生じているとのことですが、これは小室さんのお母様と嘗て婚約していた男性との問題のようです。婚約すると言うことは、家族同然に寄り添っていた中で行われた出費であり、心が離れ婚約が解消されたからと言って、相手の女性にこれだけの金を費やしたのだから返せと言うのは、男として余りにも女々しくないでしょうか?

借用書を交わしていたのならまだしも、男が婚約者の女性の為に浪費すると言うことは、例え口頭で貸し借りの約束をしていたとしても、返ってこないお金であるくらいの気持ちを持って出すべきではないか?

昨今、別れた女性に「お前には、こんなことや、あんなことをしてやった」「今のお前があるのは俺のお陰だ」といって、嫌がらせのメールを何通も送りつけたり、復縁を迫ったり、費やしたお金を返せと迫ったり、私的な行為を公に晒したりする男性が目に余るが、女々しいし、さもしいと言わざるを得ない。相手が悪意を持った結婚詐欺なら話は別だが。

しかしながら、私もまた、メディアの情報だけを持って言っているだけなので、確証のある話ではありません。ネット掲示板でいうところの、書き込みに「釣られた」レベルに過ぎません。なぜなら小室家の人も元婚約者の男性も全く知らないのです。だからこそ、この問題を公の場で触れること自体、恥ずべき行為であり、すべきではないと考えておりました。

それでも触れざるを得ないと思ったのは、週刊誌やメディアの軽率な言動に扇動され、身近な話題として世間に情報が飛び交っていたからです。ネットでは眞子様の為に婚礼を阻止せよと行き過ぎた書き込みもみられます。勿論、皇族と結婚なさる相手方の素性は大切です。これを期に宮内庁が気を引き締めて対処することでしょうし、今後どうするべきかは皇室でより良い形を見出す事でしょう。

一連の報道で特に私が許せないのは週刊新潮が、記事のタイトルに「援助交際トラブル」という言葉を使用したことです。金銭に困っていた小室圭さんのお母様を男性が助けたという意味で拡大解釈をして使用したつもりでしょうが、普段週刊誌が「援助交際」という言葉を使用する際は、若い女性が金銭目的で男性と肉体関係を持つ事を指して使用しており、社会的にもそのような意味で受け止められている言葉です。

ライバル週刊誌と頭一つ抜きに出たいがために、過激なタイトルを付けようとする気持は分からなくもないが、余りにも不適切であり不敬ではないか?まるで犯罪者扱いである。

そもそもお二人には直接関係のない事柄ではないか?

どの様な大義のうえで、このようなタイトルで報じているのか?言論の自由とはいったい何なのか?

この報道で、誰に何を訴え、何をどのようにしたいのか?

嘗ては政治的な問題や文芸を知的に伝えてきた雑誌も、商売ありきとはいえ私的な男女間の問題を掘り下げて前面に出し過ぎてはいないか?各週刊誌やワイドショーのコメンテーターに猛省を促す。

蠡舍秉佝 第三十六回 新年総会(平成30年1月26日)

蠡舍秉佝 第三十六回 新年総会
 

(写真集)



 

 

平成30年1月26日、蠡舍秉佝膿掲総会が盛大に執り行われました。
 




 






 

 



 




 

 



 



 



会場は満員の大盛況で新春の宴に相応しく、談笑の花が咲いておりました。





 

 

  



 

 

 



 

 

 



 

 

 
 
  



 

 

 

 



 

 

 











(御案内状より)






 


松魂塾/故 直隆志塾長 告別式(平成30年1月15日)

松魂塾/故 直隆志塾長 告別式

(平成30年1月15日)

 

平成30年1月15日、政治結社 松魂塾 故 直 隆志塾長の葬儀・告別式が東京・本傳寺でしめやかに営まれた。
直塾長は昨年末に脳内出血で倒れ、最新医療の甲斐なく去る1月5日享年59歳にして人生の幕を閉じられました。

 

 
直塾長は憂国の精神に燃え、長年に渡り民族運動に身を挺し、我国が抱える様々な問題に取り組まれてきました。

  
 
 

 



 


生前に数々の武勇伝を残してきた故 直塾長に、参列した大勢の人たちが別れを惜しみました。



 






直塾長の御冥福を心よりお祈り申し上げます。




 
平成28年1月新橋にて(中央・直塾長)

 
 

【敬天新聞 平成20年9月号 社主の独り言より】
 

▼関東の右翼民族派で日本青年社、大行社といえば、単一組織としては別格扱いの組織力を持つが、時代と共に大きく様変わりを模索している。
 特に青年社は任侠右翼と言われた創設期に比べたら本格的に政治右翼として脱皮を始めているし、大行社とて優秀な若手を前面に出して積極的に勉強会を開いている。しかし、余り大き過ぎると意思統一が難しい。大は小を飲むという利点もあるが所詮、組織というのは人の集まりであるから、トップの器量にも依るが束ねるという意味では程々の方がよかったりもする。
 私が好きな団体の一つに松魂塾というのがある。私がこの業界に入る前から名前だけは知っていた。企業を始め多くの人が一目も二目も置いている存在だ。その理由が当初解らなかった。勿論、実績や実力では申し分ない物がある。徹底した攻めや狙った的を外さない厳しさも持っている。もう一つ特別大きな財産を持っている事を知った。それは徹底して黒子になれる事だ。
 人は誰でも主役になりたがる。手柄は自分の物にしたがる。いや、他人の手柄まで自分の物として吹聴する者も多い。知ってる事を言わない、言ってはいけない事を言わない、というのは簡単なようで実は非常に難しい。
 口が固いという事は信用に繋がる。そして他人からの頼まれ事を持ち出しになっても片付けようとする真剣さがあるから、増々、信用が付くのである。自分の頭のハエが追えない、と言いながら一切の義理事は欠かさない几帳面さを併せ持つ直塾長は男の鏡と言っていいだろう。
 決して自分が解決して終わった事を口にしない。自慢しないから依頼者は安心出来るのだ。与党になれる必須条件だろう。持って生まれた資質もあろうが、発展途上で野党専門の私にとっては学ぶ事だらけだ。






 

【お知らせ】新橋定例演説会1/17より開始

【お知らせ】新橋定例演説会1/17より開始


毎週水曜日恒例と成りました

敬天新聞社主催の新橋駅前定例演説会は、

17日水曜日、午後4時から午後7時まで、

通常通りの時間帯に行う予定です。

本年も宜しくお願い申し上げます。

社会の不条理を糾す会 新宿演説会・忘年会 (平成29年12月16日)

社会の不条理を糾す会

新宿演説会・忘年会
(平成29年12月16日土曜日)

12月16日(土)、新宿駅西口前にて「社会の不条理を糾す会」による街頭演説会が行われました。今年最後の演説会ということで多くの仲間が集いました。
 


 




 



 

 



 



 



  



 



  

 


(click!)



忘年会

演説会の後は場所を移し忘年会を行いました。
仲間との談笑に花を咲かせ、会場は大いに盛り上がっておりました。





 



 



 



 

 

 

 
 



 


(click!)

 



 

社会の不条理を糾す会/山梨県甲府市(平成29年11月19日)

社会の不条理を糾す会

山梨県甲府市
(平成29年11月19日)

11月19日(日)、昨日の新宿に続き、山梨県甲府市駅前にて「社会の不条理を糾す会」による街頭演説会が行われました。「社会の不条理を糾す会」は団体、職業を問わず超党派の個人参加で活動を全国に拡げています。詳しくは「社会の不条理の会」公式ホームページ(click!)をご覧ください。
 




 

 

 

 




 

 

 




 



 



 




(画像クリック)

社会の不条理を糾す会/新宿(平成29年11月18日)

社会の不条理を糾す会

新宿
(平成29年11月18日)

11月18日(土)、新宿駅西口前にて「社会の不条理を糾す会」による街頭演説会が行われました。

毎月第3土曜日、午後12時〜5時まで新宿駅東口にて行われている定例の演説会でありますが、今回は東口が地元のイベントで使用できないため、西口にて行いました。

 

 

 

 


 

 


 


 


 

「命のつながりを胸に」(転載)

「命のつながりを胸に」(転載)


11月7日㈫の読売新聞紙面より(画像クリック)


「命のつながりを胸に」。これは、11月7日㈫の読売新聞紙面に掲載された『全国小・中学校作文コンクール』埼玉審査特選作品のタイトルである。

この作文は、昆虫や動物の飼育が大好きな少女が、好奇心で捕らえたカナヘビ(トカゲ)の飼育を進めるにつれ、自然の摂理と命の尊さを学んでいく姿と、「生きる」ことの意味を見いだす過程が描かれており、その純粋な喜びや悲しみが心に深く伝わってくる。

天地自然の摂理、天地神明、敬天愛人といった様々な思想信条も、食事の前に「いただきます」と言うなどの道徳意識も、その原点は、純粋で自然に湧き出るこの少女の感情に通じるものがあるのではないか。

大人が嘗て子供のころに経験し、理解していた筈の大切な気持ち。日々生活する中で忘れていた崇高な精神。様々な思いを彷彿させる。

テレビでは連日、自殺サイトに心を寄せる少女たちや、猟奇的殺人事件の話題で持ちきりである。

こんな世情だからこそ、ぜひ多くの人に読んでいただきたい作文だと思い転載させていただきました。高いお金を出してみる映画や書籍や娯楽よりも、遥かに価値あると感じた次第です。

作文を書いた埼玉の中一女子生徒には「素晴らしい!」「頑張れ!」「ありがとう!」と、心から申し上げたい。





 

青年思想研究会・亡き先憂を偲ぶ会

青年思想研究会・亡き先憂(とも)を偲ぶ会
 
平成29年11月4日
(写真集)



 



 


  

 



 



 





 



  





 

 

 

 

 

 



 

 



  



  

 








(click!)

 

この顔にピン!ときたら「よし子ちゃん」番外編・その2

この顔にピン!ときたら「よし子ちゃん」番外編・その2


よし子ちゃん

日本テレビの報道番組「ニュースevery」が、「被害総額10億円?ウソだらけの転売ビジネス」とのタイトルで詳しく報じた詐欺の首謀者「X」こと石川喜子ちゃん。

当社ブログで公開中の「よし子ちゃん」の顔写真を見て、「ピン!ときたよ」という人達から、続々と情報が寄せられている。どうやら被害者は、首都圏だけではないようだ。

関西では、一人で5億円の損害を被った人もいるそうだ。テレビじゃ「被害総額10億円?」っていうけど、いったい、よし子ちゃんはどれだけ金を集めたのだろうか。もちろん見せ金や配当に使った出費もあるから、実入りはそれ以下と成るだろう。

また現在、各地で被害者による民事訴訟が起きていることが分かった。警察に相談に行ったけど、先ずは民事で訴えなさいと言われた人達だ。

SK社、TH社、石川喜子、佐々木茂洋、菊池健、黒澤勝浩に対し、損害賠償を求め東京地裁で民事訴訟中であるというAさんも、その一人である。

Aさんが被ったという石川よし子たちの詐欺的な手口は、これまで報じた内容の通りなので詳細は省くが、Aさんの訴訟中に石川よし子たちグールプに内輪揉めが生じているようだ。

被告と成った石川よし子たちの代理人弁護士がドタバタしているそうだ。石川よし子たち、SK社、TH社の顧問弁護士は波田某氏であったそうだが、それが訴訟ではKという弁護士が代理人を務めている。

ところが、K弁護士は9月に開かれた期日3回目となる法廷で、被告佐々木、被告SK、被告THの代理人弁護士を辞任すると告げてきたという。

被告SK社と被告TH社の委任状について、被告佐々木を経由して取得していたが、佐々木の報告に疑義が生じ、信頼関係が破壊したことや、被告佐々木と被告石川との間に利益相反が生じる恐れがあるというのが辞任の理由であるそうだ。被告の矛盾を正直に告げ辞任するのだから、真っ当であると思われる。真意は分からんがね。

菊池健は別の弁護士に依頼し、名前を貸しただけで無関係であるとの主張をしつつ、自己破産を申し立て訴訟から外れる(逃げる)公算であるという。

菊池健は、報酬に釣られてTH社(集金担当)の代表を引き受けたダミー社長である。しかし、株式会社の代表を引き受けた以上、その責任を問われるのは当然である。


また、黒澤勝浩は弁護士を付けず出廷もしないので原告の主張が全て認められ判決に至ったそうである。
黒澤勝浩は、SK社(ブランド品担当)の代表・黒澤フジ子の息子で、勧誘行為に深く係わっている人物だ。ネットワークビジネスが好きで、アムウェイ繫がりの仲間たちを巻き込んだようである。自身のフェイスブックでは母親を至る所に連れ歩き、親孝行をアピールしていたが、今回は何も知らない母親も巻き込み、親不孝者である。



黒澤親子

SK社もTK社も、後任として近藤晴則が代表と成った。だが近藤もまた報酬に釣られて雇われたダミー社長で、訴訟に至り慌てて代表の退任を申し出ている。


近藤の答弁書


代理人弁護士からも疑われている佐々木茂洋は、現在は都内板橋のタクシー会社○和○通東京営業所でドライバーをしているという情報が寄せられている。菊池と黒澤の不動産に設定していた5千万円の根抵当権は何だったのか?よし子ちゃんと集めた金はどこにいってしまったのだろうか?


佐々木

預けた金も商品も、どこに行ったのか極めて不透明であるブランド品転売ビジネスの他、FXや株や不動産等に運用するという投資話で出資を募ったりもしていたというのだから、金融庁でも警察当局でも、調べるには十分な事案ではないか?

それにしても詐欺被害の相談が絶えない昨今である。警察も人手に限りがあるのだから、被害情況の大小でふるいに掛け、対応が後でに回ることもあるだろう。それがまた、詐欺師が蔓延る悪循環と感じざるを得ない。極悪人は獄門台へ!



クリック→この顔にピン!ときたらよし子ちゃん番外編・その1
 


selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode