公共建物の怪 消えた20億 五反田青山ビル!

前回も、耕平社長と”阿吽の呼吸”「ストーカー太郎」が大活躍!

公共建物山下耕平社長の義理の姉ROさんの口座情報を、みずほ銀行京橋支店から不正に入手した話だったな。

なんで口座情報なんて調べたのかって?
それはね、うっ、涙チョチョ切れる悲しい話。


高齢の上に一人暮らしの義理の姉。
大阪の橋の下で野垂れ死んじゃ〜困る、山下一族として、みっともないからと、世間体を気にして、所持金を調べたんだな。


この話には続きがあるのだよ。


さあ、お待ちかね「ストーカー太郎」の出番だ!
ある日、社長山下耕平氏の義理の姉ROさんが、マンションを売却した。
ROさんは、高齢で、手続が、よくわからない。

そこで、「ストーカー太郎」が手伝った。
もちろんパシリ腰ぎんちゃく業務としてだ。
手伝ったといっても、しょせんパシリである。
大した仕事ではない。


無事手続を終えた「ストーカー太郎」のもとに、仲介の不動産屋がやって来た。

「これでよろしいでしょうか?」
サッと、礼金50万を、さし出す仲介業者。


(えっ、不動産仲介ってこんなにもうかるの?借金もあるし、もらっちゃえ〜〜!)
「ストーカー太郎」とっとと フトコロに。


もちろん、「ストーカー太郎」、50万の礼金の話など、まったく公共建物に報告はしていない。


当然だ。


その上、この「ストーカー太郎」、M子さんに、そのネコババ話を自慢した。
救いようがないな、コイツ。

「ほら、個人的だから、こんなの、ウチの会社じゃかわいいもんよ。」とのたまったのだ。

業務時間内に社長の姉さんの世話させる方もさせるほうだけど、かといって、立派なパシリ業務である。
って、ゆーかー、それで給料もらってるし。
個人的って、どーゆーこと?


「だって、五反田なんて20億 抜かれてるんだから、50万くらいかわいいもんよ。」と続けてのたまった。

五反田の20億って、何?
大手町ファーストスクエアの不正等価交換とは、違うの?

ええ、違いますとも。
にしてもネタ多すぎ、この会社。

明日に続く。


コメント
コメント








   
トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode