労働組合の罪

近年の労働組合の知恵の付け方は、日本を亡きものにする勢いだ


キャバクラ嬢が労働組合を結成したと報道があったが、最悪の主張である。


そもそも疑問に思うのは店側が源泉徴収をして、尚且つ高額な給料を貰っているキャバクラ嬢での中に、

特別区民税や住民税を払っているキャバクラ嬢がどれだけいるか?


筆者は疑問に思う


さも店側から不当な扱いを受けたというが、店側のキャバクラ嬢に対する気の使いようはハンパじゃないはずである


普通の会社だったら遅刻や無断欠勤は減俸の対象になるし、解雇通知も当たり前である。


しかも、無学でも前科があっても、すんなり受け入れてもらえる職であるにも関わらず

雇っている店に対して権利を主張する事が恥ずかしいと思わない輩が増えようとしている事が筆者は悲しい


百年に一度の経済危機の世の中の日本であります…

店が倒産したらそれまでですから、せめて店が健在のうちに一生懸命自分の立場をわきまえて仕事に精を出したまえ!!


しかし私達はキャバクラ嬢がキライな訳ではない、むしろ好きである!
店で明らかな不正や悪徳社長、社員に悩まされている女性!
いつでも連絡下さい。
アナタの力になります!

コメント
コメント








   
トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode