続 公共建物の怪 消えた20億 五反田青山ビル!

JR五反田駅前に建つ五反田青山ビル。

このビルの所有者は、もちろん公共建物株式会社なのだが、紳士服の青山も入居するこのビルに、摩訶不思議な話があるのだ。

大手町ファーストスクエア不正等価交換が、つつがなく済んで少し経った頃の話だ。

当時の不動産担当部長、例の五反田青山ビルを100億で購入!!と公共建物に報告した。


が、後日、日本経済新聞の記事に出ちゃったのは、遥かに少ない金額。


で、公共建物が調べてみたら、なんかおかしい。
なんか変。

あら〜、差額20億が消えちゃった。


なんで、警察に届けない?
告訴しないんだろ〜?
時期が時期だけに、まずかったんじゃないですか?
不動産部長というポジションもポジションだし〜。

この消えた20億のカラクリも「ストーカー太郎」は、よぉーく知っている。
そして、後の実践に生かすのだ!


「訴えない」のと、「訴えらんない」のは、全然違うから。
公共建物という会社、どんぶり勘定というか、オメデタイというか。


ちなみに、この不動産部長も、「ストーカー太郎」同様、円満退社している。
よぉ!!太っ腹だね。


スポンサーサイト

  • 2018.10.06 Saturday
  • -
  • 21:02
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメント








   
トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode