悪徳介護企業、茶話本舗の実態

悪徳介護サービス企業、茶話本舗。

昼間は介護保険のデイサービスを提供して、夜は宿泊サービスを提供。

何泊してもいい。

これの何が悪いかと言ったら、夜の宿泊サービスが超劣悪でひどい。

6畳くらいのスペースに、男女関係なく8人ぐらいを押し込み、雑魚寝状態にさせる。

職員は一人なので、たいした介護も提供できない。

食事介護もトイレ介護も適当で、宿泊する高齢者は我慢ばかりのひどい扱いを受ける。

トイレを我慢したり食べられなかったりで体調を崩したり、衛生状態も最悪。

プライバシーもなく、雑魚寝での宿泊。

それが何日も続く。


ではなぜ行政は指導監督しないのか。普通の介護保険には厳しい監査があるのに。人員や施設基準だって厳しいはずなのに。


そこがこの企業が悪質と言われる所以で、抜け道がある。


その話は次回。

スポンサーサイト

  • 2018.11.19 Monday
  • -
  • 20:16
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode