チヨペット千代敬司氏検証(008)

千代氏についてのメール

 チヨペット千代敬司氏による、取引先アニマルワンの女性社長ら恫喝事件を知り、かつては千代氏の口車に乗ってアニマルワンに対する背任・横領的な行為にまで手を染めかけた「元社員」の男性からの返信メール。

チヨペットとの損害賠償

(↓以下、メール本文)

 現況は、損害賠償等請求事件の初公判(弁論準備手続き)が7月14日、福岡地方裁判所久留米支部で開始されました。私は以前千代氏との関わりについては、送信致しました通りの添付資料内容で、裁判(真実)を進めていく予定です。

先日、千代氏側からの反論文が届いて拝見致しました。内容は全く事実と事なる弁論でした。私は当時の事を振返り分かってきた事実があります。

後程、螢▲縫泪襯錺鵑ら聞いた話によると、2008年1月下旬に千代氏は銀行から融資を受ける為、螢▲縫泪襯錺鵑法峩饌療にキロ当たりの単価を上げてください。」と高額な見積りと、正規の見積もりを依頼した事実。

2月中旬には私に千代氏から連絡が有り、その内容は「新規商品のことで相談があります。螢▲縫泪襯錺鵑高額な見積りで困っています。どこか製造できる工場は知りませんか?南関工場で出来ませんか。ベストフレンドと言う会社名でフード製造できませんか?」という事でした。

今、思えばこれは全て千代氏の巧妙な策略としか考えられません。その時、千代氏は熱く事業の事や精神論まで語り、私は一企業の社長と言うよりは、教祖のような印象を受けました。その為、私は千代氏からの提案を引受けました。その後は、原料の支給や金銭の流れの指示が具体的に有り製造を致しました。

 7月にベストアメニティ蠡膾絮超判蠎勸が打ち合わせの為、南関工場へ来て、製造社がベストフレンドになっている事に気付き質問され、私は即座にその場をつくろい、直ちに千代氏へ連絡し製造中止を訴えました。

 しかし、千代氏は「原料、資材の在庫があるし、お客様からの注文がきてるし、何とかばれないように製造できませんか。私が何とかしますから。」と言われたので、私は已むを得ず製造を再度続けました。

 その数日後、千代氏は南関工場に来られ、「どないしよう。なんとかせな。製造のことが、ばれれば台無しや。そうだこないだ話した配合比改ざんや外国産野菜を使用してることを公表して混乱させよう。今、会社にはベストアメニティの情報が色々来ている。杉本さんの事もあるよ。なにか情報が有ったら教えてください。」と言われたので私は了承しました。

「何かあれば話します。」と返答しました。その後、千代氏としばらく今後の打ち合わせをし彼は大阪へ戻りました。

 9月から千代氏は、ベストアメニティ蠅剖芝や恐喝をして金銭の要求をしてきました。今思えば、千代氏は最初から金銭目的で私達に近寄り略奪するつもりだっだのでしょう。

 マネーの虎に出演し事業では成功者に見えましたが、実際は口先だけで生きている男でした。彼は、おそらく今までにも何人もの人を言葉巧みに騙し悪行を重ねていたのではないかと思います。

(↑以上、メール本文ここまで)

チヨペット千代氏はマネーの虎にあらず

(※元社員の上記メール(最後の部分)では、千代氏のマネーの虎への出演に対し、「チヨペット千代敬司氏=マネーの虎の出資起業家」、すなわち高橋がなり氏や上野健一氏のような成功者の側であるような、誤解を受ける人もいるかと思うので注釈。

 千代氏はテレビ番組「マネーの虎」に「お金を出資してほしい」と言って、ビジネスアイデアを持ち込んだ「単なる挑戦者」である。しかし千代氏はこの番組で、ある起業家から出資をしてもらうことになり、チヨペットの資金繰りを乗り切っただけである。勘違いないよう)


スポンサーサイト

  • 2018.07.09 Monday
  • -
  • 15:21
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode