被災者への心のケア

昨日は家族を失ってアルコール依存になっている男性のことを紹介した。

被災地の子供への心のケアも、大きな問題になっていると聞く。

子供たちは家族や大切な物を失ったり、家を流されたり、人が傷つき嘆き悲しんでいる状態を見て、心に深く傷を負っている。

それを素直に表現できる状態であれば、泣いたり、怒ったり、甘えたり、さまざまに表して吐き出せる。ストレスをためない。

しかし、そうできる場所もなく、吐き出せる親などの大人もおらず、「自分が泣いていてはいけない。しっかりしなければ」と、気丈にしている子供が多いそうだ。

みな、元気に笑ったり遊んだりしているが、大人に余計な心配をかけないようにしようという細かい配慮があるという。

まさかそんな小さな子供たちが気を使うとは、と思うような場面で、子供は大人を気遣っているという。

普段は泣いて止まらないのに、避難所ではピタッと泣き止んで、周囲に全く迷惑をかけない赤ん坊。

いつもはワガママを言って周囲を困らせてばかりだったのに、急に言葉を発しなくなった子供。

外で遊ぶのが大好きだったのに、ずっと避難所の中で閉じこもるようにして動かなくなった子供。

転校を余儀なくされ、友達と離れるのが悲しいはずなのに、文句ひとつ言わない子供。

友達が津波で流されて亡くなったことを知って、何も言わなくなってしまった子供。

しかし子供たちは、どんなつらさや苦しみを抱えていても、表現しない。

子供らの間で、アレルギーや急な発熱、頭痛、湿疹などが増えているそうだ。

「精神的な抑圧の表れ」と、被災地に派遣された臨床心理士が語ったそうだ。

今、子供たちの心の傷をケアするための臨床心理士らが各地に派遣されているが、親が認めたがらない場合はかかわりが難しいそうだ。

親は自分が今の子供たちを守り切れていないと分かると、とてつもないショックを受けるために認めたくないそうだ。

子供の心に残った傷は、大きくなってもずっと残る。心のケアは必須の課題だ。

スポンサーサイト

  • 2018.07.09 Monday
  • -
  • 18:28
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメント








   
トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode