不動産業者とは?

 不動産のことをいろいろ書かれても自分たちはまだ当分縁がないと思っている方も居られるでしょう。そんな方でも、アパートやマンションを借りるのに不動産業者を利用したことのある人は多いと思います。それでは不動産業者とは何でしょう。

不動産免許が必要な不動産を扱う業者という定義ですと宅地建物取引業法2条2項で「宅地若しくは建物(建物の一部を含む。以下同じ。)の売買若しくは交換又は宅地若しくは建物の売買、交換若しくは貸借の代理若しくは媒介をする行為で業として行なうものをいう。」と規定している。つまり、土地や建物を売ったり買ったり交換したりすることを仕事としている者(個人や法人)と、同じく土地や建物を売ったり買ったり交換したり賃貸したりする者の代理や媒介(仲介)をすることを仕事としている者の事だということです。

ここで誤解しやすいのが、賃貸ビルや賃貸マンションを所有し運用して賃料などで収益を上げている会社や、不動産を管理してその収益で成り立っている会社は不動産会社(不動産業者)であろうかという点です。確かに、不動産を扱って会社を運営させているのですから不動産会社(不動産業者)というでしょうが、宅建業法での定義に入っていませんので宅地建物取引業者ではありません。ですから、不動産の賃貸運用や管理業務には宅建免許はいりません。

逆に、今は一般の方でも競売などで一戸建ての住宅やマンションなどを買われて賃貸として運用されていますし、良い買い手がいれば転売をしていますね。しかし、この転売を複数回行うと、例え本業が別にあっても不動産転売行為を業とみなされ宅建業法違反(無免許)として宅建免許を取得するように指導されたり、悪質であれば処罰されることもあります。

ここで、なんでしつこく宅建業法のことを書くかというと、この法律に該当しない業者や該当しない業務については事実上野放しなんです。都庁や県庁にある宅建指導課などに被害相談に行って都や県は何もできません。次はこのことについてもう少し詳しく述べます。 


コメント
コメント








   
トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode