ITTO個別指導学院へのC&Iの業務提携は?

 C&Iホールディングス(東証二部 9609、代表 松本信彦)のウォッチャーさんから、昨日の頑張れベンチャーリンク記事、つまり「ITTO個別指導学院チェーン(FCエデュケーション)」に対し、アドバイスを頂いた。

ITTO個別指導学院チェーン(C&Iホールディングス―FCエデュケーション)

C&Iホールディングスが主体ではない

 筆者はフランチャイズシステムの雄であるC&Iholdingsであるから、ITTO個別指導学院を包括的に経営指導していると思っていた。

 ITTO個別指導学院チェーンを経営する「自分未来ホールディングス株式会社(旧:株式会社ジー・エデュケーション)」が、ITTOの全店舗をC&Iに全面委任し、C&Iが全般的に業務請負しているものだと。

ITTO個別指導学院の「業務請負割合」

 しかし、C&Iホールディングスのウォッチャーさんいわく、爍叩Iは、ITTOの地域店の中で、「自分未来社」が許可を与えた店舗だけ、「運営にかかわらせてもらっている」だけなのでは?瓩箸里海箸世辰拭

 言われてみたらITTO個別指導学院のウェブサイトにも2種類あることに気が付いた。

 ITTO個別指導学院の「本家サイト」と、C&Iの運営する言わば「分家サイト」。

 本家サイトを見ると、埼玉県川口市でのITTO個別指導学院の店舗は、

  • 川口末広校(埼玉県川口市末広1-19-7 栄和ビル2F)
  • 川口西青木校(埼玉県川口市西青木5-12-19)
  • 川口原町校(埼玉県川口市飯原町6ー56 ※当紙の近所さん)
  • 川口戸塚校(埼玉県川口市戸塚5-12-24)
  • 川口伊刈校(埼玉県川口市伊刈414)
  • 川口差間校(埼玉県川口市大字差間496-2)

となっている。

 しかし、C&Iの運営する言わば「分家サイト」の方には、ITTO個別指導学院の運営店舗として、

『川口差間校(埼玉県川口市大字差間496-2)』

しか、記されていない。えー???気が付かなかった。いや、単純に見落としてただけか。C&Iのサイトからのリンクを辿れば、こっちが先にくるんだもんね。

 しかし「差間校」って、どこだよ・・・?

C&Iホールディングスの利益

 川口市内の「市内都会度数」みたいなもんでいうと、西青木町や末広町はまあまあ都会っ子(市民レベルで言うとね)。当紙の近所の川口原町校(埼玉県川口市飯原町6ー56)は川口市でいうとミドルクラスくらいかな。

 戸塚町はあまり知られておらず、伊刈町は車がないと交通の便が悪い、川口市の中でいう田舎。伊刈町には筆者の知り合いもいるが、レジャーはマックスバリューか「古本市場」での立ち読みぐらい。

 そして悲しいことにC&Iホールディングスの管理運営する「差間校」のある、差間町なんて知らなかった。googleで見たら、差間町って・・・めちゃくちゃ僻地じゃん・・・。

 川口市の土地にかかる固定資産税の基準値をこの差間町に適用させたら、差間町民がかわいそうだってくらい、田舎じゃんか。

 大丈夫か、C&I?業務委託とか提携って言って、いらない店舗を押し付けられたんじゃないのか?ちゃんと利益になっているのか?・・・生徒はいるのか?


スポンサーサイト

  • 2018.10.06 Saturday
  • -
  • 08:56
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメント








   
トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode