アラビア石油 公共建物株式会社 創業者 山下太郎記念館へのお誘い

続 W告発 

「ストーカー太郎」は、公共建物株式会社社長 山下耕平氏専属のパシリである。
代々、社長専属お側用人がいるのだが、「ストーカー太郎」は、3代目なのだ。


昭和42年に没したアラビア太郎こと山下太郎翁の遺産相続に絡んで、先代のお側用人から「ストーカー太郎」へ申し送り事項があった。


太郎翁には、アラビア石油会長 水野惣平氏、主役の山下耕平氏、株式会社泰正社長の正木烝司氏の男性3人の他に、女性十数人の子供がありましたとさ。
この20人近い子供たちの遺産相続手続をしたのは、言うまでもない、公共建物株式会社 経理担当である。


桁はずれの超大金持ち、山下太郎翁、なぜか亡くなった時には、ほとんど資産は残っていなかった。3人の男性陣は不動産を、女性陣は処分しやすい株式を、それぞれ相続したのだが、国税出身の税理士が知恵をこねくりまわし、超ウルトラCを繰り出した。
税金お得な生前贈与、現在では不可能な大技だ。 

まぁ、もう時効だからな。


山下太郎翁 生誕の地「かまくら」で有名な横手市大森町に、山下太郎記念館はある。
まだ、雪深く残っているだろう。
が、春近し。
旧電電公社の専任請負工事で肥え太った公共建物のルーツを訪ねて、花見がてら、お出かけになってはいかがかな。


怪物 公共建物株式会社の礎を築いた山下太郎翁の遺徳が忍ばれる。


スポンサーサイト

  • 2018.10.06 Saturday
  • -
  • 21:24
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメント








   
トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode