権威テンプレートが評判通りか真の評価とペイパーポストを考える(Opera、firefox編)

 ↓こちらは、firefoxブラウザによる賢威テンプレートユーザのサイトの上部にあるあいさつ文のようなもの。前記事「賢威テンプレートの評価―問題ある箇所を解説(IE編)」と同様、大切な文章が隠れてしまっている。


賢威テンプレート検証(firefox-header-title)

 ↓こちらのページの説明のところも前記事同様(クリックで拡大)。さてところで、この程度はいいんです。


賢威テンプレート検証(firefox-description)

賢威テンプレートによる広告(google adsense)配置崩れ

 ↓こちらは、InternetExplorerで見たときのトップページに配置されている広告(google adsense)である。

賢威テンプレート検証(adsense解説IEブラウザ)

 ↓しかし、ファイアーフォックスブラウザでサイトのビジュアルを確認すると・・・。

賢威テンプレート検証(adsense解説IEブラウザファイアーフォックス)

 こんな風になってちゃ、アフィリエイトで収入を得ている人は困るだろう。

賢威テンプレート検証(adsense解説IEブラウザファイヤーフォックス)

 しかし、オペラブラウザで確認したら、アドセンスの部分どころか、ヘッダーのところからレイアウトが崩れていることに気がついて、ビックリした。広告部分だけじゃなく、サイトの顔である部分からレイアウト崩れだよ、まったく。


賢威テーマのオペラブラウザ(opera)画面は崩れのレベルじゃない欠陥


 ↑賢威テンプレート制作者松尾茂起・ウェブライダーの諸君は、アフィリエイターに自社商品を紹介させることにかまけて、マジにOperaほか、IE以外のブラウザでの商品欠陥チェックを徹底してなかったんじゃないのか?

 こんなもん、トップページの最上部のあいさつ文は途中で見えなくなる(ここに2行分入る設定してない?)なんて、購入者へ返金モノの粗悪品だろ?「サイト紹介文(抜粋、またはdescription)」は、なんと、ナビゲーションバーと重複表示され、バーに隠れて、見えなくなっている。

 そして、賢威テンプレートの致命的なところでもあるカスタマイズのしにくさが、この「ナビゲーションバー(グリーンに白色の矢印が4つ並んでいる箇所)」部分が、一列にきれいに収まらずに、レイアウトが崩れてしまうことである。


ナビゲーションバーの欠陥・不良品ぐあいは言い訳で済ますのか?

 このnavigationは、そのサイトの重要なカテゴリーやサイトマップなんかを表示する場所である。上記の画像では、そのカテゴリー部分のタイトルを消してある。

 実際には、「タイトルA」「タイトルB」「タイトルC」「タイトルD」、そして「履歴書の書き方講座」と、5つのタイトルが横にキレイに並ぶはずである。レイアウト崩れは欠陥もしくは不良品といっていい。

 しかし、賢威のテンプレートでは、一列に並んで欲しい5つ目のタイトル、すなわち「履歴書の書き方講座」がずれて下部にさがってしまっている。画像で見ると、赤線でボーダーラインを引いた「履歴書の書き方講座」というグレーの文字が見えるだろう。

 本来なら、ナビゲーションバーは1列に収まらなくちゃならない。文字数がちょっとだけ多くても一列に収まるような、ナビゲーションデザインを組むのもwebデザイナーの仕事だろ?

 ましてや、賢威テンプレートは有料であり、このサンプルサイト画像のナビゲーションバーのタイトルの文字数なんてほぼ各タイトル10文字以下だよ(タイトルの文字数が多くてうんぬんの言い訳は許されないだろう)?

 このサンプルサイトじゃなく、こちらの話でいうと変なCSSやphpの書き方・構築の仕方をしてあるから、自力で直して使おうにも、汎用性がなく、カスタマイズしようとすると全部崩れてしまう

 仕方ないから賢威テンプレートを使うことなく、買った金はドブに捨てたことにするわけだ。まあ、松尾茂起ウェブライダーは、こういった「情報商材」まがいのものは、買うほうも事業者であり暇じゃないし、クーリングオフなんてありゃしないから入った金は丸儲けでハッピーだろうがね。


賢威テンプレート5.0ダウンロード、抜粋部分は81文字

 賢威テンプレートのSEOマニュアルにも、製品たるテンプレートのソースコードにも、そして「賢威のSEO戦略マニュアル(書籍)が品不足でも無いのにプレミアム価格?」でも記した、「wordpressで加速させる!ソーシャルメディア時代の[新]SEO戦略マニュアル」という書籍にも、「サイトの説明文(抜粋)」というタイトルの次に重要なSEO要素部分の文字数は、120文字以内と書いてある。

 120文字の根拠のウェブライダー側の考察は知らんが、当方および当紙関連では、googleやyahoo!japanの検索結果に現れるリンクタイトルの下のそのサイトの説明文であるスニペットが、だいたい130字分位は入るから、やはり「120文字位の文章で、自社サイトの説明をキッチリ入れて検索結果に表示させたい。

そして、このスニペットの文字数130時位ってのは、InternetExplorerでも、Operaでも、FirefoxでもGooglegromeでも変わらない。サイト運営者としては、可能な限り重要な事項等を最大文字数までここに表示させ、検索してくれた人に、ここを読んでクリックしてもらいたいだろう。

 ところが、賢威アフィリエーター達が絶賛しているこのテンプレートは、Operaブラウザで見るとサイト説明文が、81文字以降はナビゲーションバーの下に隠れてしまう

 これ、こちらが何もいじっていない、検証用にダウンロードした、まっさらの賢威製品だよ。何もいじってないのに。普通のワードプレステーマなら無料のものをダウンロードしたって、ナビゲーションバーがちょっとずれてくれるとか、サイト説明文がずれるとか、初期設定で融通が効いてるもんだ。

賢威テンプレート検証(ブラウザレイアウト崩れプレビューチェック)
賢威テンプレ・オペラでの確認画面、クリックすると拡大、そしてズッこけます)
これ、お前まったく デタラメじゃねーかよ…


賢威の会員専用のBBSではテンプレートへの疑問に…

 前記の「サイトの説明文(抜粋)」について、賢威の会員専用BBSでも質問があったが、なにやら「お世話になります。ただ、文字数のほうを調整する必要があります」みたいな感じで、具体的な解決策は書いてなかった。

 また、「賢威のテンプレートでブログを組もうとしても、レイアウトがずれるんです」とか、とにかくレイアウトに関する質問・疑問がたくさんあったが、それに対し、ウェブライダー社の会員担当かカスタマーサービスか知らんが、「いつもありがとうございます〜」とか、京都の人間らしい非常に丁寧な回答文章(丁寧なのはイイ!)だが、具体的にはなにも解決してくれない回答が多数。
(ちなみにこちらは、会員専用画面も昨年の段階から膨大に重たい画像ファイルで大量に保存してきましたので、今更書き換えても無駄かと…)


デフォルトからナビゲーションバー欠陥じゃん?

 そんなこんなで上記の画像(賢威テンプレ・オペラでの確認画面)を見てたら、「おい、デフォルト(初期設定)でも、Operaじゃナビゲーションバーのレイアウト崩れてるじゃんか!」ということに気がついた。(一列にキレイに並ぶべきナビバーが崩れ、「アクセスマップ」だけが改行されて、下の行になっている)

 その上の画像(賢威テンプレート検証(adsense解説IEブラウザ崩れOpera))は、賢威のテンプレートを購入した人がワードプレスでページを作り、サイトを構築中に購入者側が何か間違いを起してレイアウトが崩れたのでは?と言い訳できるかも知れない。しかし、この「賢威テンプレ・オペラでの確認画面」の方は、間違いなくダウンロードしたての新品だ。

 インターネットエクスプローラによるブラウザチェックでは、サイトの説明文(抜粋部分)もナビゲーションバーもちゃんと見える。しかし、OPERAでみたら、こんなだ(「ここにテキストが入ります。」というサイト説明のサンプル文書部分が、ナビバーに隠れて、81文字目の「ここに」で終っている。実際に使用するとしたら、OPERAブラウザのことを考えて、際と説明文を81文字以内にしないといけない。こんなユーザーに面倒なテンプレートを売っていいのだろうか?)。


アフィリエーターや情報商材屋、SEO業者に対する被害の告発

 先週より、悪徳アフィリエーター情報商材屋の詐欺まがいの行為、怪しいSEO業者に対する被害の告発などをけっこう頂いている。どれも「これから頑張ってネットビジネスに挑戦したい」という人をはめる最低のカス野郎の糾弾。しかしこういう被害って、金額にしたら数万円で警察に届けるまでも無いもの。

 だから、被害者の人たちは、「これも投資だ」ってほんと悔しい思いを、自分がマヌケだったって決着をつけて、金をドブに捨てるのだろう。

 泣き寝入りはすべきじゃないと思う。出会い系サイトで架空請求にあったり、今時、出張ホスト詐欺やGREE、モバゲーのインチキヤクザの美人局に引っかかるタコは自分が悪い。

 しかし「仕事で成功したい、何かを始めて頑張ってみたいという人の向上心に突け込んで、小銭を騙し取る連中」、これを放っておくことは公共の利益にも反することである。だから、ネット詐欺(エロで騙されるのは自分が悪い)に引っかかった人たちはもっと声をあげるべきだと思う。


ペイパーポストはgoogleのガイドライン違反

 次回より、新手の「インターネットで成功するSEOマニュアル」などで小銭をカモるやからを取り上げていく。

 松尾やウェブライダーの社員達には、小さな会社から今回の出版を奇貨として躍進したい気持ちは分るが、それなら、

【小細工だらけのアフィリエイターがらみのSEO対策によって賢威テンプレートを売りまくるのに終止符を打つ】か、

レイアウト崩れもWordpressにインストールしてからの不具合欠陥も全くないテンプレートとして、本当の口コミに乗るような商品に自社のテンプレートを育てる】か、

・・・の、どちらかにしてもらいたい。

 松尾だって、著書の93ページの中で、「金品を貰うために紹介するのは『ペイパーポスト』と言って、検索順位を操作する目的で行われるペイパーポストはGoogleのガイドライン違反だ」って言っているではないか。

 分ってるのにやることは、「故意・悪意」といって、ほめられた行為じゃないし、今なら変なアフィリエイトシステムによってハンパなテンプレートを売る一発屋から、ちゃんとした安定クライアントを持つWEBデザイナーとしての転換が図れるんじゃないのか?

 つうことで、新手の「インターネットで成功するSEOマニュアル」のつなぎは、よいSEOを考えてみたり、思わぬところでゲットしたWPやMTの便利情報を紹介してみたりしようとおもいます。賢威テンプレート編―終了


コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2012/11/29 12:43 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2012/11/29 12:05 AM
コメント








   
トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode