【医療事故判例】 インプラント手術失敗(下顎管損傷)

JUGEMテーマ:政治犯罪、経済犯罪

 WEBサイト、「歯科の雑学」から抜粋。平成15年7月、原告は被告歯科医から下顎左右6、7番にインプラント植立手術を受けたが、インプラントに動揺があるので同年9月、再植立手術を受けた。
その後、下唇に違和感、他院受診、薬物療法・レーザー治療を受けたが治癒しないので治療費、慰謝料など6945万円余の損害賠償請求訴訟提起。

事件番号 平成11(ワ)3969
事件名 損害賠償請求事件
裁判年月日 平成15年07月11日
裁判所名・部 名古屋地方裁判所 民事第8部

主文
1被告は,原告に対し,674万2957円及びこれに対する平成11年7月7日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。
2原告のその余の請求を棄却する。
3訴訟費用は,これを10分し,その1を被告の負担とし,その余は原告の負担とする。
4この判決は,第1項に限り仮に執行することができる。

事実及び理由
第1請求
被告は,原告に対し,6945万9230円及びこれに対する平成11年7月7日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。
第2事案の概要
本件は,被告の執刀によりインプラント植立手術を受けた原告が被告に対し,上記手術の際の手技上のミスによって左側下唇及びオトガイに麻痺感が残存する後遺障害を負ったと主張し,診療契約上の債務不履行責任又は不法行為責任に基づき,治療費,休業損害,逸失利益,慰謝料等合計6945万9230円及びこれに対する上記手術後である平成11年7月7日から支払済みまでの遅延損害金の支払を求めた事案である。以上、歯科の雑学より。

 今ケースは、下顎骨内を走行する下顎管をインプラント植立時に圧迫したことによる下歯槽神経
麻痺を認めたインプラント手術失敗の判例。仮にこれが下顎管穿孔であれば、千万単位の賠償金になる可能性もある。

 前述になるが、インプラント治療の失敗についてである。

 
■ インプラントが失敗してしまった場合には・・・

 インプラント治療はちゃんと適応を見極め、正確な手技を用いて行えば9割以上の成功率が見込めますが、それでも当然失敗することもあります。

 失敗の主な原因としては、

・患者さんのメンテナンスが不十分。
・噛み合わせに問題があった。
・歯科医師の診断に問題があった。
・歯科医師のインプラント手術時の手技に問題があった。
・その他、タバコや骨質の問題など。


 など色々なものが考えられます。その際の費用は歯科医院によって様々で、治療後5年以内なら無料でやり直すところや、10年以内なら半額でやり直すところ、保障が一切ないところなど本当に様々です。そのため、治療を始める前には最低限保障内容についてはしっかり聞いておいた方が良いでしょう。

 また、インプラント治療でどうしても避けられない偶発症の一つに「神経の損傷」というものがあります。軽度のものであれば数ヶ月で回復することもありますが、重症のものでは一生麻痺が残ることもあります。しっかりと検査を行っている歯科医院ではこのようなことはめったにありませんが、インプラント治療にはリスクもあるということをあらかじめ知っておくべきでしょう。以上、歯チャンネル88より。
 
 要するに、適応症さえも分からない脳足りんの歯科医や不器用な歯科医などは、インプラントを打ってはいけないという訳だ!速やかにインプラント専門医を紹介しなさい。

 インプラントによる被害、インプラントにまつわる歯科医の不正・疑惑などの内部告発がありましたら、敬天新聞社(医龍宛)までご連絡下さい。その際は匿名でも構いません。一切、ご心配は無用です。必ずお力になれます。貴方の勇気が国賊 歯科医師は討つ!

スポンサーサイト

  • 2018.06.16 Saturday
  • -
  • 05:00
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2014/11/26 3:58 PM
匿名希望様、

コメント、有難うございます。

そうでしたか...それは誠にお気の毒でございます。

 まず、インプラントがすぐにダメになった件ですが、インプラント体(フィクスチャー)を顎骨に植立する際、唾液中の細菌が混入した可能性が考えられます。あるいは、匿名希望様のコメント内容から推測して、インプラントと入れ歯の併用の場合、インプラント体に過度の負担がかかり過ぎてダメになった可能性も考えられます。いずれにしましても、術者の知識、技量のなさに起因していることは間違いありません。

 さらに、シリコーンデンチャーのコンフォートですが、コンフォートはプライマー(入れ歯本体とシリコーンを接着する材料)を使用していないことをメリットにしてますが...じつは、やっぱり剥がれます。私も同じような事例を何度も見ております。あと、シリコーンデンチャーはメンテナンスの際における重要な注意事項があるので、歯科医の説明不足の可能性も考えられます。

 スマイルデンチャーは匿名希望様がおっしゃる通り、中国産の入れ歯です。全く信用出来ません。おやめになられて賢明でした。スマイルデンチャーの三和デンタルは今後、本格的に糾弾をしていきます。

 匿名希望様の担当医が遠い親戚でなければ、匿名希望様もそこまで我慢をなさらなかったと察しております。はっきり申しまして、その歯科医は糾弾対象になります。もし、その歯科医に糾弾・補償等をお考えの場合、私(医龍)宛てに直接メールをいただければと思います。「噛めない。」という主訴の改善を含めた適切なアドバイスを致します。もちろん、無料です。過去には、法的手段も視野に入れた交渉で、被害者の被害額の全額返還と再治療費の全額提供を受けられたケースが多々あります。貴方の勇気ある行動がさらなる国賊歯科医を断つ!是非、ご検討下さい。
  • 医龍
  • 2010/03/04 8:22 AM
敬天新聞社 医龍 様

千葉の在住です。
ある歯科医院でインプラントを入れてもらったんですが、一生大丈夫と言われましたが1年も経たずに抜けてしまいました。

そしたら今度は高級なコンポートとか言うクッションのある入れ歯にしなさいと言われ、入れたら、そのクッションがすぐに剥がれて来ました。

また今度は絶対大丈夫ですよと言われ、笑える入れ歯のスマイルデンチャーというのを勧められました。
インターネットで調べてみたら、それは中国製と知って断りました。

この歯科医院は私の遠い親戚にあたりますが、歯科の技術というのはこれが当たり前なのでしょうか?

お金だけ取られて、泣くにも泣けません。
そしてかめません。
  • 匿名希望
  • 2010/03/03 11:39 AM
コメント








   
トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode