あしなが育英会からの藤村修官房長官への献金について

 藤村修は日本国の官房長官という役職だが反日感情でもあるのか、今年の「竹島の日」の記念式典への招待を拒否したあげく、同日わざわざ記者会見で南京大虐殺について「非戦闘員の殺害、略奪行為などがあったことは否定できない」等と中国へのリップサービスまでしてしまう中韓国寄りの日本にとって危険な人物である。

媚韓・媚中議員、藤村修とあしなが育英会

「在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟」所属議員だから、韓国を擁護する責務を負っているのは仕方ないが、ならば官房長官の職責は辞退すべきだったろう。

 さて、藤村は政治家になる前は「交通遺児育英会」を勤め、CMで有名な交通遺児の子供達を支援する「あしなが育英会」の顧問・評議員・副会長となり、現在は「非常勤理事」となっている。

自民党の藤村修官房長官調査報告書

 ※自由民主党宛情報調査報告書一覧※(報告済みにつき転載自由)というホームページがあり、ここに「※藤村修官房長官調査報告書※」というPDFファイルが保存されている(←クリックすれば見れます)。

 これはちょっと長いが簡単にいうと、ボランティア団体であるあしなが育英会の資金、つまり交通遺児たちの奨学金になるはずの金が、育英会理事長の玉井義臣氏、山北洋二氏などからの「政治家ふじむら修宛の献金」という形で流れていることの問題追及のレポートである。

あしなが育英会募金は日教組や連合の活動費に

 詳しく知りたければこのファイルの中身を読まれたらいいと思うが、別件としてあしなが育英会のボランティア基金は過去にも民主党輿石東が日教組の職員を動員して1億7,000万円集め、あしながには7,000万円、そしてなぜか遺児とは縁のない労働組合総本部の「連合」に一億円の寄附、その連合から日教組に3,000万円強のキャッシュバックが行われるという「悪徳行為」が行われたことがある。

 これは昨年だかにヤンキー先生こと義家弘介参議院議員が厳しく追及した。しかし民主党ならではのノラリクラリのかわしで何の反省もなしだ。因みに義家議員が名義を貸しているある団体などに対し、今後、当紙が追及をすることがあるが、それに義家先生はなにも関わっていない。潔白な方なので、あしからず。

交通遺児への募金が反日議員への献金になる

 今回の自民党レポートは、あしなが育英会という非営利組織の金が(そもそも藤村修はこの育英会の非常勤理事という立場でもあるのに)、本来の目的の交通遺児の進学のために使われたのではなく、政治家への政治献金という目的外使用をされ、しかもそいつは(民主党議員にありがちな)日本よりも韓国人や中国人の意向を気にする輩であるという点で非常に問題である、ということを報じてくれている。意義あるものである(他にも面白いレポートが書いてある)。

 あしなが育英会の募金活動に有志で参加する前途有望でマジメな大学生の子達の善意を悉く踏みにじる悪質な政治献金である。


トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode