毎日小学生新聞を子供に読ませてる親御さんへ

 橋下大阪市長に、自分とこ(MBS毎日放送)の斉加とかいう40過ぎの不勉強な女記者が不勉強な質問をしたのを理路整然と指摘され、反論も出来ずにみっともなく引き下がったことの反撃が毎日新聞グループで総出をあげて行われている。

(広告のスポンサーに韓国系の企業が欲しいばかりに、または既存スポンサーに気に入られようとか知らんがゲンダイもこれに同調して、『橋下市長と論戦した女性記者の人気(株)が上ってる』なんて100%の大嘘を騙っているがそこそもゲンダイはマスコミではないからこの際どうでもいい)

 しかし毎日新聞の「オピニオン」の論点のおかしな「刺青公務員擁護」はまずいだろう。そもそも、公務員である時点でケンカ知らずの半ツッパリがほとんどのハズ。ほんとに素行が悪なら、同和枠でも入れないだろ、頭が悪い、偏差値低いのは別として。彫りモンも公務員になってからか大学生のころに入れたもんだろ。

 そんな舐めた野郎は、校則を思い出させるべくビシビシ取り締まった方がいいに決ってる。大阪市民のために。これらの当たり前を橋下市長が実行しようとしたら、まあ他にも橋下憎しで書いてるマスコミもいるが、毎日新聞のこれは酷過ぎる。

「余録:「魏志倭人伝」には「男子は大小と無く、皆黥面…」
(毎日新聞 2012年05月18日 00時16分)
(読んでも面白くないですから・・・以下に要約します)

 まず冒頭、魏志倭人伝の引用(恐らくwikipediaを参考にした)で、
【当時の日本人の男は大人も子供も顔や体に入れ墨をしていたらしい。水に潜って魚をとる海人が大魚の襲撃を防ぐまじないにしたのが後に飾りとなった】
とかいってるが、
いわゆる漁師の人たちが彫り紋を身体に入れたのは、時化で難破し死んじまったり鮫に襲われて体がばらけて浜にあがった時に自分てワカるように入れるつう切実な話だろ?

以下、タラタラ長い駄文でクソつまらないので抜粋するが、こんな感じ

(上記の漁師の刺青の話の次に、古代は子供から大人まで刺青で地域社会を統一するという逸話を元に)

【ならば入れ墨のない者は当時の役所をクビになったのか】

だってさ。

・・・・。

・・・バカかこいつは、そんな大昔のこと知るはずねーだろ。それに当時だったら、クビどころじゃねーだろ。

 で、遠山の金さん(遠山景元)の桜吹雪を持ち出し、最後にドヤ!って感じで、こう締めている。

【大阪市職員の入れ墨事情は人それぞれだろうし、何らかの措置が必要なケースもあろう。ただ未来の景元を失わぬようにするのも組織の「マネジメント」だ。】

だってさ。

キメッ(うーん、俺最高)!って感じで、この記事を書いたタコがPCの前でニヤついたのは間違いない。

 こいつバカだろ?「大阪市職員の入れ墨事情」なんて、ファッション以外にあるかよ。みんなトライバルやスカルや和彫りのワンポイントだろうがよ。

 なにより、このバカ記者のおかしいのは「未来の景元を、刺青程度で押さえつけて芽を摘むな」みたいに利いた風なことを言っている点だ。未来の景元なんて、税金使ってタトゥ入れたボンクラ公務員から出るかよ。今、現代の橋下市長こそがリアル金さんだろうが!

 まあまあ、しかし、これは恐ろしい話で、毎日新聞社はこのような記者を雇ったままにしていて、教育関係に関わっていていいのかな?

 地方へ行くと「毎日小学生新聞」というのが、幅を利かせているし、大学のリクルーティングでもマイナビといった形で毎日グループは教育に深く関わっている。刺青擁護の人間が教育産業に関わるのってのは、親としたら気持ち悪いんじゃないか?

 親御さん達は、自分の子供の健全な成長を願うのだったら、子供の目に入るメディアを選択した方がいいのは当然だが、ゲームよりも、日々目にする文字情報なんかを配信しているメディアの背景やそれを作っている企業の姿勢なんかも考えた方がいいだろう。

 毎日新聞のこの記事の中で【入れ墨がアウトローのシンボルとされてきた日本社会の市民感覚】等と言ってる。あほか、グローバルに見ても「兵隊」とアフリカの部族以外は、大体不良がかったモンがファッションでいれるもんだ、墨なんて。

 親御さん達は、そんな常識も知らない記者がwikipediaで得た知識で、一人の政治家を叩きたいがためだけに「悪」や「反社会行為」を時には「肯定」してしまうメディアグループの配信する情報を自分の子供が読み聞きする弊害を一度考えた方がいい。


トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode