探偵社の調査に探偵を投入!その後

260px-Sherlock_Holmes_Portrait_Paget.jpg
探偵社【警視庁OBがいる探偵社を売りにしてる】に筆者の雇っている探偵から電話を入れて貰った。

この探偵社は【詐欺被害者を助ける】案件専門で調査を請け負っているそうだ。「被害総額の20%支払って頂ければ詐欺業者と戦う」「後払いでもイイ」との話。

しかし、この話を筆者に持ち込んだ人物は【調査費用だけ払ってしまったが、詐欺業者からの返金は一才無かった】との事、筆者の投入した探偵曰く「住所に部屋番号はないし、行ってみたら雑居ビルで表札も無かった」と話すが…

その後【探偵社】から再度連絡が入り「相手が見つかった!徹底的に金を取り返しましょう司法書士に書類を作ってもらうのに10万円かかる」まで執筆したが…

電話しても担当者は不在、ひょっとしたら当紙関係だと【警視庁OBがいる探偵社】に気づかれてしまったのか?

しばらく連絡を待つ事にするが、本当に調査して相手が見つかったのか?

それにしても最近【ヤミ金】から【ヤミ金被害者の会】や【過払い金返還会社】、【投資詐欺グループ】から【投資詐欺と闘う探偵社】など、マッチポンプのように感じざるをえない連中が増えている。

警察から「あなたは被害者です、相手を訴えた方がよい」と言われたのでなければ【探偵社】に金を払ったところで投資した金は戻る可能性は低いと思うのは筆者だけであろうか?
【詐欺グループ】など、とっくに金など使い終わりスッテンテンだと筆者は思っているし、【詐欺グループ】だったと警察が認定・起訴してなければ相手から返金など難しいはずだ、筆者は【探偵社】逮捕の日を冷ややかな目で見つめながら引き継ぎ調査したい!

トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode