【華僑】の人々に話を聞く一日

本日都内で【華僑】と呼ばれる人々に取材をした。現在彼らは日本で働き成功し実業家になっているが、今回の【反日デモ】について

「今の若い連中は本当の苦労を知らない、戦後を生きてきた我々は苦労した。日本は焼け野原、中国は内戦、外国人である我々は日本でも苦労はあった…しかし日本人は我々に優しかった、お互い喰うや喰わずで喧嘩をした事もある。だが、お互い卑怯な事はしなかった。今の若者のデモは卑怯で卑劣、盗みは泥棒のする事…」そんな愚痴に近い言葉を今日聞かされた。

成功者の言葉はどこか寂しげであった。【華僑】を自ら名のる人々は【自国の架け橋】になるべく都市部などで貿易等の商売をしていた。

我々日本人に【和僑】のようなビジネスプランを持った人物は居なかったのか?言葉はノーである。先人は国際社会の先を読み海外でのパイプを沢山持っていた。そして海外からも評価されていた。

現在の日本には【大物】は少いかもしれないが、中国とて同じ事である。日本人は七十年近い過去の歴史を悲観的に捉え【反省】を繰返し唱えて来たが、百年経っても中国や韓国は「【反省】をしろと」、必ず言ってくるだろう。

今我が日本は中国や韓国に「一体何年反省すればアンタは文句いわなくなるの?」と聞く総理大臣がいても良いのでは、と感じてしまう、何と言っても【中国の富豪】は日本が好きなのだ。日本人が泊まれない程高いホテルに泊まり、銀座で買い物をしSONYのデジカメやビデオカメラで記録を撮っているのだから。

脈略のない内容になってしまっているが、【華僑】の人々は【反日デモ】に絶望感を持っていた、それは日本における自分等の立場より、[世界で嫌われる可能性が高い]中国人の行動であった。

【華僑】(注意点)

華僑(かきょう)は、 中華人民共和国 の中国共産党 政 府の定義によると、「中国大陸 ・台湾・香港・マカ オ以外の国家・地域に移住しながらも、 中国の国籍を 持つ漢民族」を指す呼称である。外国籍取得者の 華

人に対しても使用されることがある [1] 。(中国共産党 政府のいう「中国」には、同国と対立する中華民 国(台湾)が同国の「地域」として含まれる )

日本では俗に「中華系のルーツを持ち、中国由来の文 化や事業を受け継いでいる人々」のことを広く「華 僑」と表す場合が多いが、厳密には区分される(後 述)。

トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode