日本國の現状を國民一人一人が考える時が来た。

筆者が政治動向などで勉強材料にさせて頂いている【政治評論家】の意見の一つに[なるほど]と思う論説があったので掲載させて頂く。


[文]福島原発事故際には、ヘリから放水するという 世界にいかに日本が幼稚な国かをまざまざと見せつ け、 韓国の李大統領の竹島訪問の際にも 親書を受け取るだの受け取らないだのという これまた子供同士のけんかの様な対応を応酬する。

民主党政権は、事実上終わったことを象徴するよう な出来事だが、 昨日の民主党人事を見ていると、 改善するどころか崖っぷちに突撃する感を持つのは 筆者だけではあるまい。 事実、「年内に30人近くの離党者が出るのは間違 いない」(永田町関係者) との声も出てきた。 民主党は解党的出直しをせざるをえない時に、 輿石幹事長を留任させるという人事は党内に禍根を 残した。


民主党政権がこのような状況だから、 そもそも外交に期待できるはずもない。 これだけ反日デモで、焼打ち事件や略奪事件が起き て、 中国政府から公式な謝罪がないにもかかわらず、 日中国交正常化40周年式典が中止されると、 それを惜しむ声が日本国内から出てくる。

日本の言論界は頭がおかしくなったのではないか。 中止は当然であり、むしろ中国が何の責任も取らな い態度を取り続けるなら、 大使召還も視野に窓口を閉じるという選択も必要である。[以上引用]

安倍晋三新総裁が誕生した自民党は[このような課題]を一つ一つクリアー出来るのだろうか?

中国は台湾にまで[協力]を求めているが、台湾からの大震災の支援に対しての日本側の非礼等の事実を今後どう対処するか?世界的恐慌が続く今こそ[正念場]である!

トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode