卑怯な相談者(民族派と言えば友好できると思ってる赤の他人)

 家賃保証会社、賃貸保証会社とトラブルになってマンションを追い出されそう、もう生きていけない、助けて欲しいのです、という安っぽい命の電話相談が先日もまた東京都武蔵村山市辺りの賃借人からかかってきた。

武蔵村山市市章、武蔵村山市ロゴマーク、むさしむらやま市政行政、武蔵村山市議会事務局。武蔵村山市役所:東京都武蔵村山市本町一丁目1番地の1

 この手の入居者の保証人代行を請負う会社と利用者(賃借人)とのトラブルは未だに多いよう。


 上記とは別に『全保連株式会社(代表取締役・迫幸治/会社住所:東京都新宿区新宿4-3-17ダヴィンチ新宿4F)』という家賃保証会社とトラぶっている、という相談も何件かあった。


 内容は、「全保連は数日返済や連絡が遅れただけで、バイト先にまで脅迫電話をしてくる」「全保連に恫喝され、家賃を恐喝された」という、ずーずーしいコジキ相談


 当紙の「現在」の家賃保証会社と消費者とのトラブル等の真実追及報道的なところのスタンスは、「マンション投資と悪質賃料未払い乞食」「家賃の支払い困難について」等に記した当時「以上」に、猜ГΔ發麒Г辰討らモノ言え瓩任△襦覆修譴魘桶紊箸蓮帖法


 家賃はそもそも「自ら(持参してさえ)支払うもの」で、物件貸借という「取引」をしている相手から「督促」がきてからでさえ、ゴネて払おうとしないなんてのは、一般のビジネス社会では許されない話だと、一般社会から少々はみ出ている当紙でさえ分っている。


 それを自分の生活能力のなさから不履行し、相手がちょっと不服な姿勢を示せば、またそれを払いたくない理由付けにし、挙句の果ては、普段は忌み嫌っているような右翼団体に誰かのツテでもなくブラリと頼ってくる図々しさ。


(こういう時だけ、「自分も民族派活動を応援しています」とか平気で口にするんだよね。この手の電話・メールには飽き飽きしてます)


 こんな自業自得の家賃保証トラブルや、マンション管理組合などで自分が理事になりたいばかりに現理事を糾弾するウソ材料を持ち組んでくる多摩地区辺りの野郎は、そいつの勤務先や商売の取引先でも分れば延々と抗議しまくってやるのだが。
(多摩・武蔵野地域とは、都内に近い清瀬市・東久留米市・西東京市・三鷹市・武蔵野市・武蔵村山市・東大和市などから八王子市や青梅市、東村山市・立川・国立・小平・国分寺・小金井または埼玉県の狭山市も含む『多摩丘陵』なども含めた広い範囲の東京都下の市町村)


 うちに頼むのはお門違い。ぶらぶらプータロウしてるようなその地元の元市議会議員など数万円でホイホイ動くからそういうヤツに頼んだ方がいい。


トラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2012/10/19 8:52 AM

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode