芝信用金庫の投資詐欺横領その後と個人情報保護法

 芝信用金庫しばしん芝信)は、東京都港区を本店とする信用金庫である。

 芝信用金庫は、港区の本部・本店営業部(港区新橋6-23-1)をはじめとして、港区内では新橋支店、三田支店、高輪支店、白金支店、プラザ天王洲出張所などの区内富裕層地域に支店を網羅している。

芝信用金庫職員の横領詐欺事件と東京主要地域支店網、そして個人情報保護法違反

芝信用金庫の東京主要地域支店網

 その他にも神田支店、日本橋支店、プラザ日本橋出張所、荏原町支店、不動前支店、大井支店、大森駅前支店、小山支店、西小山駅前出張所、碑文谷支店、桜新町支店、尾山台支店、代沢支店、深沢支店、梅屋敷支店、大森支店、雑色支店、平和島支店、新蒲田支店、雪が谷支店、長原支店、千鳥町支店、田園調布支店、蒲田支店、仲池上支店、矢口支店、御岳山支店、蓮沼支店、鵜の木支店といった「品川ナンバー(東京城南)」エリアの高額地価の主要地域を網羅。


 また、中野区、杉並区、練馬区などの城北エリアでも、沼袋支店、プラザ江古田出張所、上井草支店、田柄支店、仙川支店、町田市鶴川出張所と名の知れた地域には支店を構え、神奈川県の横浜市川崎市でも、藤が丘支店、菊名支店、鴨居支店、尻手駅前支店、あざみ野支店、荏田支店、新城支店、幸支店、川崎大師支店、溝ノ口支店、武蔵小杉支店と「マイホーム購入などの際に人気エリアに数えられる所」に支店を持つ。


東京の信用金庫・信用組合ランキング

 東京関東エリアで信用金庫・信用組合といったら、「マンモス金庫」として知られる、ダントツの資金量を誇る城南信用金庫や、当紙のある埼玉県内にも営業地盤のある巣鴨信用金庫など。この2つがあまりに有名。


 しかし、リテール融資の際に担保としている不動産価値の高さや抱える顧客層のリッチ度から言ったら、芝信用金庫は関東の信金の中でもトップレベルといっていい。優秀金庫なのではないだろうか。


芝信用金庫職員さんはさわやか信用金庫御用達

 そんな芝信用金庫、通称芝信の職員の方々のほとんどが、マイホームを購入する際の住宅ローンなどを組むのに「ある理由」があって、自庫(芝信)ではなく、「東日本銀行」または「さわやか信用金庫」を利用するそうである。


 これは、個人情報保護法と、芝信用金庫経営陣のもっている独自の個人情報に対する考え方の相違から、芝信職員が、ある意味で、自庫を恐れ敬遠していることに由来している。


芝信用金庫職員の横領詐欺事件と東京主要地域支店網、そして個人情報保護法違反

芝信用金庫職員の横領詐欺事件

芝信用金庫では、平成20年に自庫の営業課長「曽根和行」が、顧客の「親しい間柄にあった超熟女(76歳)」から、ホテルの中で投資話など持ちかけ現金を騙し取ったことを、以下のようにプレスリリースした。


平成20年2月26日
各 位
芝信用金庫
理事長 石原 哲夫


当金庫元職員の逮捕に関するお詫びについて

本日、当金庫の元職員(元営業課課長、38歳男性、平成19年3月2日付懲戒解雇)が警視庁に詐欺の容疑で逮捕されました。

(当金庫は、平成19年8月1日元職員を愛宕警察署へ刑事告訴しておりました)

公共的な役割を担い、信用と高い倫理観を求められる金融機関では、あってはならない事であり、かかる事件を引き起こしました事を深く反省いたしますとともに、日頃より当金庫を信頼し、お取引をいただいておりますお客さまならびに会員の皆さまに、多大なご迷惑とご心配をおかけすることとなりましたことに対し、深くお詫び申し上げます。

当金庫では、コンプライアンスを経営の最重要課題と位置付け、コンプライアンス態勢の強化に取り組んでまいりましたが、今回の不祥事発生を厳粛に受け止め、再発防止に向けて、内部管理態勢の一層の強化と充実に全力で取り組んでまいります。


1 発覚日 平成18年12月27日
 発覚の端緒 当金庫の検査室による特別監査により着服・横領が判明いたしました。

2 発生店 白金支店、日本橋支店

3 事故者 営業課課長

4 発生期間 平成16年8月6日〜平成18年11月7日

5 事故金額 不正行為累計額 5先 52百万円
 実損見込額 46百万円

(なお、被害にあわれたお客さまへは、事件発覚後、速やかに事情をお話しし当金庫が弁済をおこない、お客さまにご理解を賜っております)

6 着服の手口 定期預金作成や国債購入のためとして、お客様より普通預金通帳と払戻請求書を預かり出金し着服。国債購入やファンドのためとして現金を預かり着服。定期積金掛込金をお客様より集金し、入金しないまま着服しておりました。

7 着服金の使途 遊興費と借金返済と供述しておりますが、真偽については不明であり、警察当局の捜査に委ねたいと思います。

8 人事処分 事故者は平成19年3月2日付で懲戒解雇処分といたしました。また、当金庫役職員につきましては、理事長以下関係者について厳正な処分を行いました。

9 今後の対応 内部管理態勢の一層の強化と全役職員の法令遵守意識の徹底を図り、再発防止に全力をあげて取り組み、損なわれた信頼、信用の回復に全力を尽くしてまいります。

本件に関するご照会は以下までお願いいたします。
芝信用金庫 法務室 竹根沢
( 電話 03−3432−4378)
なお、 受付時間は平日9時から17時とさせて頂きます。


以 上(ソース http://shibashin.topica.ne.jp/pdf/080226_owabi.pdf (←今は、もう削除)


芝信用金庫職員の横領詐欺事件と東京主要地域支店網、そして個人情報保護法違反

芝信用金庫の陰のオーナーと縁故入社、血脈人事

 上記のリリースの中で、『当金庫の元職員(元営業課課長、38歳男性)』となっている「曽根和行」は、芝信がマスコミに発表したこの76歳女性とだけではなく、その他の高齢女性とも親しくなり、そしてファンド投資名目で出資金集め(着服横領)を繰り返していたという。


 しかしながら上記リリースにもあるように、被害者の方々には、被害金・慰謝料などが気持ちよくスパッと支払われている。芝信は07年3月に曽根を懲戒解雇し、同8月に刑事告訴したものの、どうにも曽根を守っているような節がある。何故か。


 芝信用金庫の職員の中では、この曽根の横領着服とそれをだれがこともなく処理したかを語ることは「タブー」。よそで喋ったりすると、もう、芝信の中で居場所がなくなる、そんな「重要事項」なのだそう。


 芝信用金庫の影のオーナーとも呼ばれている人物がいる。曽根はこの人物の親戚であり、縁故入社で芝信用金庫に入社し、経営者との血脈もあって、このように熟女と仕事外であったりすることをしながらも、営業課長の地位を得られていたそう。


 これらについて、


つまり、
投資詐欺横領の実態、
影のオーナーほか芝信経営陣のやっていること、
芝信用金庫職員内および人事のこと、


そして、
芝信用金庫の個人情報保護体制に対する―不正糾弾をこの先、執筆して参ります(なぜ芝信職員さんが自庫のローンを利用しないか、などなど)。


スポンサーサイト

  • 2018.10.06 Saturday
  • -
  • 10:40
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

トラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2012/10/29 5:49 PM

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode