東洋大学残念、箱根駅伝で頑張れ!(全日本大学駅伝)

 東洋大学が残念ながら、2位になってしまったが、ここまで1位をキープし続けたのは、後輩選手達が、柏原君の頑張り・誇りに傷をつけてはいけないという一心からで正にたすきをつなげるこれぞ駅伝、学生駅伝の本分というものを見せてくれたという頑張りで素晴らしかった


 惜しかったけど、このリベンジに箱根駅伝で勝ってくれる方が、「外野」としては見ていて盛り上がる。


 しかしいつも思うが、学生の「本分」とかいう点で考えると、山梨学院大学とか日大のアフリカ人選手の起用はどうなの?このまま、このノリが増えていいの?


 山梨学院のことは知らないが、日大が日大三島の国際関係(静岡県三島市)で飼ってる?もしくは合宿期間だけ?良く知らんが、あの黒人選手は、普段の行動がほとんど学生らしいところないじゃないの?


 一般企業が実業団などで自分の金で自社の広告塔として雇うならマラソン選手だろうがボクサーだろうがプロの世界の話でいいと思うが、国から補助金を得ている大学が、「その道のプロ」を雇って学生大会で覇権を取ろうとするのって・・・まあ、文部科学省がほっといてるんだからいいんだろうけど、いつも不可解でしょうがない。


 とにもかくにも、東洋大学には、正月のお茶の間を柏原君に次ぐ箱根のヒーローを立てて頑張って優勝していただきたい。


トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode