ベンチャーリンク元社長(田中恭貴)がファクトリージャパングループ副社長

※FJG田中恭貴の出身母体、C&Iホールディングス(旧ベンチャーリンク)。倒産し、当紙スタッフの230万株も、この紙切れ一枚に(大爆笑!)。株式投資は投機、自己責任。これ(↓)は遊び金をスッただけ。※

ファクトリージャパングループ副社長田中恭貴の出身ベンチャーリンク(倒産 c&iホールディングス)の株券―株式名簿記載事項証明書

※しかしフランチャイズ被害者の加盟金は違う。人生賭けてた。ベンチャーリンク(VentureLink)のフランチャイズ加盟店・代理店集団訴訟を起してる。FC本部の嘘に不可能な将来を夢想し、フランチャイジー契約。人生の多くや人脈まで亡くした。被害者の会もある。※
※新たに整体院フランチャイズファクトリージャパンの加盟店集めの陣頭指揮を執るのはいいが、VL〜C&Iのフランチャイズトラブル始末は付けたのか?田中恭貴は?

C&Iホールディングス(ベンチャーリンク)加盟店FC被害を増やし続け破綻

 C&Iホールディングス(旧ベンチャーリンク)倒産の原因となったのは言うまでもなく、経営内容が、

「目新しい商材でフランチャイズ代理店の募集をし、加盟金を貰うため、フランチャイジー(加盟代理店)希望者のテンションを挙げて財布のヒモを緩くさせフランチャイズ契約を締結させ、儲かるはずのない店を開店させるハイテンションな行き当たりバッタリ弾丸トーク)」

ことだけを繰り返して、集まった加盟金を運転資金や役員等経営陣の給料にして食い潰していったから。これだけの単純なもの。


 経済不況や政治の無策とC&Iホールディングスの「放漫自転車操業破綻」とは因果関係はない。役員らは集まったフランチャイズ加盟金を懐に入れ潤ったのだから。


フランチャイザー(本部)への、FC被害者の会からの損害賠償請求

 そしてベンチャーリンク時代から、フランチャイザー(本部)のうま味を享受し、フランチャイジーの虎の子の加盟金を奪い、FC被害者の会まで出来て、民事の損害賠償請求事件まで多数起されているのに、貰った加盟金はフランチャイザー役員が浪費して当然と1円たりとも返さぬつもりでいる輩もいるよう。


 C&Iホールディングスは東京株式市場2部での上場廃止(元東証2部 株価コード9609)においても、ほとんどまともなIR活動をせず、投資家を愚弄し続けて破綻したという事実がある(ま、仕手銘柄だからね、仕方ないが)。つまりは信用に全く値しない企業・組織なのである。


C&Iホールディングス(ベンチャーリンク)は加盟金で儲かったが「FCビジネス失敗例」

 株式公開企業でありながらも、(なにかと関連する日本LCAも含め)、ベンチャーリンク時代からやってきたことは、広告を打ってフランチャイジーを集め加盟金を詐取してトラブルになるというFCシステム構築も何もない広告募集に頼ったデタラメ営業の繰り返しだった。


 構築したのは、如何にフランチャイジーになろうとする代理店希望者にあらぬ夢を見させ、金を払わせるまでのモチベーションをアゲさすかのノウハウ・・・・までだ。それ以上、代理店を儲けさせケアするノウハウや商品開発はVL関係者は構築していない。


 代理店ケアのノウハウが構築されていたら、フランチャイジー被害者の会などから集団訴訟を起されることも無かったろう。つまりは、C&Iホールディングス関係者はベンチャーリンク時代から20年以上もの年月をかけながら、フランチャイザー(フランチャイズ本部)の成功法則を確立できなかった「失敗者」なわけである。加盟金でボロ儲けはしたが…


マザーズもJASDAQもフランチャイザーの上場審査と経理監査はマジで慎重に!

 現在進行中のFC代理店加盟者らからの集団訴訟がどうなるかは分らないが、普通のまともな会社が、自社の成長を図るために「フランチャイズで大きくなろう」なんて考えて、ベンチャーリンクのノウハウを取り入れようなんて甘い。FC加盟被害者を多数輩出したベンチャーリンクと同じ結末を辿ることになろう。


 そしてまた、株式を上場させようと考えている会社などもC&Iホールディングスと同じノウハウでFC加盟店を増やすことで資金繰りをしている会社に、マザーズもJASDAQも昔のように緩い審査はしないことを、ちょっとは想像してみるべきだ。


ファクトリージャパングループ副社長、ベンチャーリンクの田中恭貴

 さて驚いたことに、当紙が不正経理を追及中のフランチャイズで急成長中の整体院FC本部・ファクトリージャパングループの副社長は、なんと、ベンチャーリンクの社長だか会長まで勤めた「田中恭貴であった。


 C&Iホールディングスの被害者たちとは和解など成立したのか?(ベンチャーリンクと全く無関係のFJGという法人だからって、過去のFC被害者の救済もないまま整体院FCという商材で似たようなことして道義的に倫理的に許されるのか?


ファクトリージャパングループ(FJG)関係記事

  1. 柔道整復師の不正診療と整体サロンFCファクトリージャパングループ報道の予告
  2. 整体サロンの雄、ファクトリージャパングループの不正経理疑惑
  3. 小顔矯正の詐欺性とファクトリージャパングループ(FJG)の告発記事更新

スポンサーサイト

  • 2018.10.06 Saturday
  • -
  • 18:42
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode