耳つぼダイエットがマルチだとは・・・

 整体・カイロプラクティックのフランチャイズ本部を糾弾していたら、やはり周辺ビジネスの不正がちょいちょい投書されるようになって来た。


 今回、投書に上がったのは、耳つぼダイエット。告発者は個人の方。そして、糾弾対象も耳つぼダイエットのFC本部ではなく、このフランチャイズマルチ商法の「被害者」。


 投書の概略は、フリーペーパーの「ぱど」なんかに載っている、2〜3人でやっているような耳つぼダイエットのサロンに行ったら、そのサロンが加盟している耳つぼフランチャイズの提供する30万円位のアロエベラ飲料だかを買わされ、かつ一日だか十何時間だかの「講習を受ければ、貴女も耳つぼダイエットの資格者になれる」と言われ、色々営業をかけられたとのこと。


耳つぼダイエットフランチャイズ健康食品マルチ

 そのサロンも耳つぼダイエットマルチの下部代理店だろう。投稿者は、そのサロンを糾弾して貰いたいようだが、当紙はそんな小さいお店と客との商取引のイザコザにタッチできませんので店名だとか場所とかを公表するのは控えさせて頂く。


 それにしても、「ぱど」なんかを見ると、埼玉県戸田市版だろうが東京都内の各エリアのどこだろうが、大体、耳つぼダイエットサロンの広告は入っている。多くは、白い服着たサロンのスタッフさんが、「マギー審司」が手品で使う「デカ耳」を耳に当てて笑ってる、「アットホームにご来店をお待ちしてます」イメージのものだ。


 まさか、そんなとこに行ってエグい健康食品マルチの営業をかけられるなんて、客は思いもよらないだろう。筆者も近所にあるところに行ってみようかと思ってたくらいだ。「鍼灸治療よりはソフトで、痛くないだろう」なんて思ったら、大間違いらしい。


 思えば、楽天とかyahoo!ショッピングなら2か月分が2,000円位で買える「耳つぼシール」のような商材をお客さんの耳たぶにペタッと貼ってあげる位のことが商売になろう筈がないし、耳つぼダイエットの店員さんも、公的な資格を持った「施術者」ではないわけだから、単純にやってたら商売にはならないだろう。


 被害者の方は、やはりご自分でお店に文句を言われるか、埼玉県の消費者センターにご相談するのがいいと思われます。


トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode