茶話本舗の労災保険・雇用保険、グリーンレーベルロゴマークデザインのパクリ

 茶話本舗(日本介護福祉グループ/東京都墨田区、小柳壮輔、グレーゾーンビジネスお泊りデイサービスのトップ企業)はよほど社員の待遇が悪いのか、年間を通して常時ハローワークで求人を掛けている。


茶話本舗 フランチャイズ デイサービス 違法

 茶話本舗のフランチャイズに加盟して、現にお年寄り達を自宅を改造した簡易宿泊所(ほんとは日帰り基本のデイサービス)に老人ホーム並みの連泊でほとんど「居住」させている加盟店のオーナーもハローワークに求人をかけている。

 求人をかけるのはよいのだが、この茶話本舗のデイサービス事業所の多くは、労災保険にも雇用保険にも全く加入していない所があるそうだ。

 労災も雇保も事業者に加入義務がある。茶話本舗のフランチャイズは、そもそも介護ビジネスであり介護保険他の「保険関係の申請、保険請求、そして加入」に精通していなければならないはずであり、労災に入っていないというのを「無知・不勉強」でしたでは許されない。

 茶話本舗を運営する日本海後福祉グループは、マスコミに莫大な広報費用と労力を傾け、新たなフランチャイズ代理店の獲得のみに躍起になっている。

 隣接地域で茶話本舗の加盟店同士がもともと少ない客(要介護のお年寄り)の奪い合いになっていたりして、フランチャイジーオーナーも雇用保険までは気が回らないのかもしれないが、これらは本部がケアして然るべき案件だろう。

グリーンレーベルロゴマークはデザインパクリ


茶話本舗グリーンレーベルロゴマークデザインのパクリ1

 ところで、これ ↑ 、日本介護福祉グループの小柳が新しく始めた介護とフィットネスクラブを組み合わせた老人集めの「グリーンレーベル」という施設のロゴマーク。

 このロゴマークには重大な問題がある。筆者はデザイナーに知り合いが多いもんで、このロゴマークの元になっているロゴマークを知っている。


茶話本舗グリーンレーベルロゴマークデザインのパクリ2
これっす!

 グリーンレーベルという名称も、ユナイテッドアローズのファッションレーベルの一つをパクったようなもんだが、しかし・・・・。

 フランチャイズ加盟金でゴッソリ儲けているんだから、デザインのところまで経費節約で人の作ったもんこっそり使っちゃいけないよね。


スポンサーサイト

  • 2018.11.19 Monday
  • -
  • 10:39
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode