みずほ銀行特対案件融資先の損益計算書

 みずほ銀行の特対案件―お願い融資について報じているが、読者の方には「みずほ銀行がそんな(支店ごとに不正融資のマニュアル作って特対案件のノルマ化)ことしてたら、亀井静香の時限立法が切れたらみずほ自体の屋台骨が揺らぐのでは?」と思われる人もいるようだ。


みずほ銀行にお願い融資を受けた債務者の粉飾決算書


みずほ銀行の裏金融「特対案件B」の意味

 そもそも、当紙1月号“みずほ銀行の裏金融「特対案件B」”において、文末に『特対Bおよび特対Aを併せれば、この裏融資を受けて倒産にいたる企業の数も膨大だろう。みずほ銀行も、メガバンクとしての驕りがいつまで続くものか』と記したことに共鳴してくれてのことだと思う。


 しかし新聞で書いたことの本旨はそういうことじゃない。


単に、


「中小企業へのAGENDA改ざんによる不正融資が、債務者側からばれて騒ぎになれば如何にメガバンクでもプレスの前で頭取らが低頭報道などリリースする赤っ恥をかくだろう」


くらいの意味で書いたに過ぎない。


宝くじマネーとお願い融資

 そして、みずほ銀行がお願い融資をしている貸付先は、資金繰りに窮して連鎖倒産が相次ぐが、みずほ銀行の経営自体は微動だにしないだろう。例え、「お願い融資をしている先が全て倒産」したとしても。


 何故なら、そもそもこの特対案件の多くは、みずほ銀行グループがどうにか税金がかからない業務に使えるように目立たぬようソーっと運用している金だからだそう。


 みずほ銀行が他の銀行と一線を隠したトップバンクでいられるのは、第一勧業銀行以前から延々と家業として続けている「宝くじの胴元」という絶対的利権がものをいう。日本中の家計から数万円ずつ吸い上げられる、この宝くじの収益金の収支の流れる先は、わりと未だに不透明のままである。


 そして、「存在を世間に隠してくれる信用ある口が堅い相手」にこっそりと、粉飾決算までさせて貸し付けたい「特対案件」という存在。裏金を絶対に回収可能な相手に裏融資で回して無税の儲けが入という美味しい話、銀行じゃなく、定年退職したご隠居の爺さんにも退職金でできそうな…。


 とにかくも、宝くじマネーはダブついていて、しかも不明なお金という話です。


 最上部の画像は、みずほ銀行の某支店において特対案件融資を受ける際に決算書を偽造したという企業の損益計算書。これら書類(一番下に、みずほ銀行の行内プリント印)をまた次回解説します。


スポンサーサイト

  • 2018.10.06 Saturday
  • -
  • 20:20
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode