靖国神社の池に放尿

靖国神社の池に放尿
慰安婦問題に反発か


  インターネットの韓国語のサイトに、靖国神社(東京都千代田区)の池に放尿したとする画像や文章が掲載されていたことが31日、分かった。慰安婦問題をめぐる橋下徹大阪市長の発言に反発しているとみられ、靖国神社は悪質ないたずらの可能性があるとして、警視庁麹町署に相談。同署が事実関係を調べている。


 靖国神社によると、韓国語の掲示板サイトに5月下旬ごろ、橋下市長の発言を引用した上で、韓国語で「小便しました。今後も日本の政治家の妄言が続くたびに、愛国人の放尿が続いていくことを願う」などと書かれていた。


 さらに、本殿の裏手にある神池庭園とみられる場所で、黄色のシャツにズボン姿の男が後ろ向きで放尿しているような様子や池の周りの柵が尿とみられる液体で汚れている様子を映した画像が掲載された。


靖国神社は「いたずらというにはあまりに悪質。神聖な場所での許し難い暴挙だ」としている。

(産経新聞 5月31日(金)配信)



この韓国人は靖国神社の池に放尿するだけでなく、手すりにまで放尿を行い、


「今後も日本の政治家の妄言が続くたびに、 愛国人の放尿が続く」


というような書き込みをおこなっている。



韓国人の日本国内での品位のない行動は度々見られるが、民度の低さもここまできたら終わりである。



民度の低さに相手にするのも嘆かわしい限りだが、断じて許されぬ行為である。


その国々で、それぞれ伝統・文化・歴史認識や死生観は違うかもしれない。

しかし、日本人にとってこの上ない特別な場所、神聖なる靖国神社の敷地に放尿するということは、韓国人が主張するいわゆる従軍慰安婦の慰霊碑や墓碑に向かって抗議と称して日本人が射精するぐらい卑劣極まりない愚行であることを知れ。抗議に値しないばかりか、バカな映像を自らネットに配信し、世界中に韓国の民度の低くさを晒すという売国奴に他ならないのである。
橋下発言とか日韓の抱える問題とは全く関係ない愚行だ。



このような愚行を韓国政府はどのように捉えるのか?


また「政治犯」として擁護するのか。


反日を唱えれば、何でもありなのか?



これまで、靖国神社では韓国人を祖母に持つ中国籍の男が放火する事件も起きている。


しかし、日本の司法は及ばず韓国で政治犯と認定され中国へ引き渡された経緯がある。


どこの国籍の者であれ、日本国内で行われた事件は日本のルールで厳罰に処し、二度と入国できないように対処すべきである。



(過去靖国放火事件ニュース)


靖国放火男 「政治犯」認定はおかしい
(2013.1.5産経ニュース主張)
靖国神社の門に放火した事実を韓国で認めた中国籍の男に関し、ソウル高裁は「政治犯」と認定し、日韓犯罪人引き渡し条約に基づく日本側への身柄引き渡しを拒否する決定を下した。

 男は中国の要求通り帰国した。中国の圧力に屈した不当な判断であり、日本政府は在韓日本大使館を通じて韓国政府に抗議した。安倍晋三首相も4日の年頭会見で「条約を事実上無視し、極めて遺憾だ。抗議したい」と述べたのは当然である。

 男は同大使館に火炎瓶を投げた事件で逮捕され、韓国で服役を終えたが、靖国神社への放火も明らかになった以上、日本の裁判所で改めて裁かれるべきだった。

 条約は引き渡しを拒否できる理由に「政治犯」などを挙げているが、ソウル高裁が男を政治犯とした理由は到底理解し難い。

 靖国神社に日本の閣僚らが参拝していることを理由に「国家施設に相当する政治的象徴性がある」と決めつけ、「過去の日本政府の認識と政策に怒りを感じ、政策を変化させようとした」「政治的大義のために行われた」などと犯行を半ば擁護している。

 慰安婦問題や靖国神社への考えは「韓国の憲法や多数の文明国家が目指す普遍的価値と軌を一にする」と男に同調した。放火やテロを奨励するような内容であり、裁判官らの国際常識が疑われる。

韓国政府の対応もおかしい。韓国法務省は放火男について、一度は「引き渡し条約の対象犯罪に該当する」と判断していた。

 だが、中国が「人道問題だ」と韓国に外交圧力を加え、韓国の反日勢力が引き渡し拒否を叫んだこともあり、司法に判断を預けたのが実態といえる。韓国政府は、判断を放棄して条約不履行を招いた重い責任を強く反省すべきだ。

 首相特使として訪韓した額賀福志郎元財務相は朴槿恵次期大統領と会談し、「良好な関係を築くため良い船出をしたい」との安倍氏の意向を伝えた。

 李明博大統領の竹島不法上陸や天皇陛下への謝罪要求で日韓関係は悪化した。関係修復への努力を双方に期待したいが、安直な妥協は禁物である。

 日韓は中国の軍拡や北朝鮮の核・ミサイルなどの問題で協力が必要な関係にあるとはいえ、領土や歴史問題などでは安倍氏は日本の立場を明確に主張してほしい。


(事件当時のニュース)
2011年12月に東京の靖国神社の門に放火したことを韓国で認め、日本側が日韓犯罪人引き渡し条約に基づく身柄引き渡しを求めていた中国籍の劉強容疑者(38)について、ソウル高裁は劉容疑者を「政治犯」と認定し日本に引き渡さないとする判断を下した。韓国法務省は同日釈放、劉容疑者は中国大使館の車で施設を出た。近く中国に帰国する見通しだ。

 日本政府は、在ソウルの日本大使館を通じて韓国政府に抗議し、改めて引き渡しを求めた。日本の警察・司法当局の衝撃は大きく、日韓関係に影響を与える可能性がある。

 条約では引き渡しを拒否できる理由として政治犯などを挙げており、ソウル高裁の審査では犯行の「政治性」が焦点となっていた。

 判断でソウル高裁は、靖国神社について「国家施設に相当する政治的象徴性がある」と認定。劉容疑者が犯行動機として「韓国出身の祖母が(朝鮮半島の日本統治時代の)慰安婦で、謝罪せず責任を取らない日本政府に怒りを感じた」と主張している点をとらえ、「(慰安婦などに関する)過去の日本政府の認識と政策に怒りを感じ、日本の政策を変化させようとした」とし、「政治犯に当たる」と認定した。

 劉容疑者は12年1月、ソウルの日本大使館に火炎瓶を投げ込んだ事件の取り調べや公判で、11年12月に靖国神社の門に放火したと自供。警視庁が建造物等以外放火容疑で逮捕状を取得し、日本政府が引き渡しを求めていた。

 劉容疑者は大使館への火炎瓶投げ込み事件で服役。昨年11月に刑期を終え、高裁での引き渡し審査終了まで拘束されていた。中国政府は韓国政府に政治犯と認定し、中国へ退去させるよう外交圧力を強めていた。


 


トラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2013/07/29 9:04 PM

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode