えっ!?日歯連が2001年都議会議員選挙(杉並区)落選の西村まさみ氏(民主党公認)を候補者に決定。

JUGEMテーマ:ニュース
 
 日本歯科医師連盟のWEBサイトから。

 平成22年2月19日に開催された第109回臨時評議員会で、来る平成22年7月実施予定の第22回参議院比例代表選挙に政権与党である民主党公認を得て出馬する本連盟会員候補者を支援することを決議しましたが、このたび同候補者が西村まさみ氏(東京都会員)に決定しました。

※平成22年3月3日、民主党は西村まさみ氏(歯科医師)を公認決定。

 ちなみに、西村まさみ(正美)氏の経歴には、2001年 東京都議会議員選挙「落選」が無かったので、以下に付け加えておく。全ての有権者には知る権利があるはずだ。

 2001年 東京都議会議員選挙

◇杉並区(定数6)
当 37458 野田和男(自現、65歳、三選)
当 27836 田中 良(民現、40歳、三選)
当 23329 森田安孝(公現、58歳、四選)
当 21803 吉田信夫(共現、51歳、再選)
当 20620 福士敬子(無現、62歳、再選)
当 19951 藤田愛子(ネ現、民推薦、55歳、三選)
          
落 12686 西村正美(由新、歯科医師、37歳)

 2001年当時、西村正美(まさみ)氏の父親(西村誠氏)が東京都歯科医師会会長をしていたこともあり、日本歯科医師会としても相当バックアップしたようであったが、あえなく落選...

 現在も大した肩書きのない無名に近い西村まさみ氏、どうしてこんな人を日歯連は職域代表の候補者にしたのか!?筆者は非常に理解に苦しむ。西村氏には莫大な金を注ぎ込む価値があるとは到底思えない。金がもったいない。

 未だ自身のHPさえも持ってない知名度ゼロの西村まさみ氏、どうかやる気を示してくれ!

 いずれにしても、売国奴小沢民主党の公認候補西村まさみ氏は、2001年都議会議員選挙落選の時と同様、かなり厳しい選挙となるだろう。かつてのような組織票はもはや期待出来ない。大規模の決起集会を開いても、せいぜい義理応援が関の山だ。

 追記、西村まさみ氏の演説を拝聴した。弁士は、明らかに頬のこけた面持ちで、皆様のお力を賜りたいと懇願するばかり。結局のところ、何を伝えたいのかさっぱり分からなかった。周囲も「こりゃ、ダメだ」と失笑していた。

 さらに追記、西村まさみ氏の懇談会にて。大酒を食らいながら自らバツイチ再婚を暴露する西村まさみ氏、終盤戦の決起大会参加人数が予想を遥かに下回り、ついにブチ切れてしまったか...

スポンサーサイト

  • 2018.06.16 Saturday
  • -
  • 02:30
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
今日飯田橋から九段に散歩してたら西村まさみ後援会事務所とかあった。日本歯科大向かいのQ-DAN1991
か隣のビル。荒井大臣の件で事務所とかってなんだよと思ってたら偶然目に入った。富士見1−12付近でマンション入り口のポストの表札にそういう紙が張ってあった


  • happy_chopard
  • 2010/06/13 3:44 AM
  • とおりすがり
  • 2010/05/27 10:42 AM
コメント








   
トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode