管直人の訴訟は参院選挙の責任回避

民主党の菅直人元首相は16日、安倍晋三氏(自民党総裁、首相)が東京電力福島第1原発事故への菅内閣の対応を批判したメールマガジン記事に事実誤認があり、 名誉を傷つけられたとして、記事の削除や謝罪を求める訴訟を東京地裁に提起した。


菅氏が同日、衆院議員会館で記者会見して明らかにした。


訴状によると、安倍氏は2011年5月20日付のメルマガ記事に、同原発事故の初動対応に関し、

「海水注入をとめたのは菅総理だった」


「海水注入は菅総理の英断とのウソを、側近は新聞・テレビにばらまいた」などと記載した。


これに関して菅氏は会見で、「いずれの事実も虚偽。重大な名誉毀損(きそん)だ」と主張。


訴えでは、


(1)記事のバックナンバーからの削除


(2)謝罪記事の2年以上の掲載


(3)慰謝料1100万円の支払い


を求めた。


首相経験者が現職の首相を提訴するのは極めて異例。


メルマガ掲載から2年以上が経過し、 参院選(21日投開票)の期間中のタイミングで提訴し

たことについて菅氏は「今回の選挙からネット選挙が解禁された。何度も指摘したのに無視

し、選挙期間に入った今日まで掲載し続けている」と説明し、「国民に誤った情報を流し続け

ている」と安倍氏を批判した。
(時事通信7月16日より)



VS


管元首相の訴えは、明らかに参議院選挙を意識したものだ。

しかし、民主党の為では無く、自己保身の為だけなのは明白だ。東電の吉田所長がお亡くなりにな

り、再び原発事故での菅元首相の批判が燃焼しており、参院選が後半にさしかかる中、メディアで民

主党の惨敗が囁かれはじめ、民主党のイメージを大きく失墜させた1人である管元首相は、惨敗の

自己責任を回避すべく、このタイミングでパフォーマンス訴訟を行ったのではないか?

こんなことで自民党のイメージを失墜させ、民主党を優位に出来るとは思えんな。

しかも、吉田所長が居ない事を良いことに・・・・


と、そんな風にしか見えないので、はっきりいって民主党にとって、管元首相の振舞いは、更にマイナ

スに作用することだろう。

訴訟の内容はメディアや週刊誌で国民に晒され、自民党安倍政権のイメージを失墜させるどころ

か、管元首相にとっても民主党にとっても良い結果を生まないと思うが、事故現場でのやり取りにつ

いて、更なる真実が明白となることは、国民にとって意義あることに違いない。

安倍首相には、国民の前で真実を明白にするチャンスなのだから、この際、事故当時の管元首相

の言動を洗いざらい法廷で徹底追及して欲しい。


それにしても2年以上前のことで、選挙期間中に元首相が現首相を名誉毀損で訴えるというニュース

は、国民として恥ずかしいぞ管。








トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode