個人の離党より解党の民主党

民主党の海江田代表は23日、参院選東京選挙区で党公認候補ではなく、無所属候補を応

援した 菅直人元首相に対し、離党勧告する方針を固めた。24日に菅氏と会談して伝える。


菅氏が拒否すれば、除籍(除名)処分も辞さない構えだ。


と言っていたが、


蓋を開ければ24日、午前中に管と会談し、自発的な離党を促したが断られ、午後には民主

党常任幹事会で、
菅直人元首相の除籍(除名)を提案したが、出席者から異論が出たため、

結論を持ち越すことにした。




同時に、沖縄県・尖閣諸島に関し「中国側から日本が盗んだと思われても仕方がない」など

と発言した鳩山由紀夫元首相に対しての処分も言及していたが、鳩山が既に党籍がないとし

て、処分できず遺憾の意を伝えて抗議することを決めたという。




参院選で民主党が惨敗した理由の一つは、

「決められない政治」に対する国民の反発だ。


ここはひとつ、民主党の代表として惨敗の責任を取らなかった海江田代表が、

「決めるところ」の見せ場でもあった筈だ。


しかし、管の処分も鳩山の処分も党内からの異論で持ち越し、また民主党がもめているとの

印象を植え付けただけである。


23日の時点では、身内の処分も臆する事のない民主を、自民は見習うべきだなどという声

も、ごく少数ではあるが挙がっていただけに、情けない限りだ。


党内の方針が何一つ決められない不協和音が惨敗の原因であるのに、

結局は管の処分を持ち越し、鳩山は既に党籍がないから処分が出来ないという

お粗末な言い訳に、民主党海江田代表は恥を知れ!






もう、民主党の茶番には付合いきれん。


今度は、海江田代表の責任が問われるだろうが、もはや誰が辞任しようが改善の余地が無
い末期状態ではないか?
 

国民のために民主党が出来ることは、

個人の離党などではなく、解党することである。




トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode