公共建物株式会社 社長室 耕平氏専用 金5000万円也の豪華便所の座り心地

続 W告発


東京都中央区京橋交差点上に建つ京橋第一生命ビル。
6階には公共建物株式会社が、同じビル階下には、耕平氏の実弟、正木烝司氏が経営する株式会社泰正が、兄弟仲良く入居している。


その公共建物株式会社 山下耕平社長、社長室の天井裏に、わざわざダクトを通す大がかりな工事を施し、金5000万円也の便所を作った。
理由は、犬猿の仲と噂される実弟正木氏と、同ビル内のトイレで顔を合わせるのを避けるためらしい。


世間には良くある話、喧嘩するほど仲が良いと言うからな。
5000万だろうが1億だろうが、どうぞご自由に便所増設してください。

耕平氏専属パシリ「ストーカー太郎」は、社長室の”ふっかふか”ソファーが大好きで、豪華トイレも、大のお気に入り。
休日出勤したあかつきには、社長室に侵入し、めぼしい書類をゲットした後、日がな一日のんびり優雅に過ごしていたのだ。


がーん!!
ところが、ある日を境に、社長室に鍵がつけられてしまった。


耕平社長が、「ストーカー太郎」の殺気に感づいたのか、お出入り禁止にしてしまったのだ。
いささか遅きに失した感はあるが、ま、賢明な処置である。


「ストーカー太郎」
(鍵なんかつけられたら困っちゃうんだよ〜。面白味がなくなっちゃうんだよ〜)


社長室に鍵をつけた理由は?
(そりゃ、社長自身に、やましいことがあるからだよ〜)


そうだね、耕平社長に、やましいところがあるから、社長室に鍵なんかつけたんだねって、
違うだろ!お前みたいな、書類収集マニアがいるからだろ!?


それにしても5000万の便所の座り心地は、どんなもんだろ、なぁ「ストーカー太郎」よ。


っていうか、社長室に豪華便所作る前に、鍵くらいつけようよ、耕平社長。
セコム株式会社の監査役なんだし、戸締り用心、危ないよ。


コメント
コメント








   
トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode