来る2月11日お知らせ

来る2月11日は「建国記念の日」

政府は奉祝式典を挙行せよ!


                            

 

                                              
 ↑  
         大きく見るには画像をクリックしてください!

我が国の光輝ある国史の幕開けは、初代神武天皇の御即位を以って建国の慶事を迎え、皇紀元年と呼びならわしたことにあります。


よって、我が国の誕生を祝う「建国記念の日」は、嘗て『日本書紀』が伝える神武天皇の即位日として定めた祭日『紀元節』に由来し、明治天皇により2月11日に定めるに至りました。


現在、週休2日制が定着し、その上「ハッピーマンデー制度」なる祝日の一部を従来の日付から特定の月曜日に移動させ、3連休にするという祝日法の改正が進められ、「個人の休みを如何に楽しく過ごすか」という事ばかりに視点が注がれ、国家や家族に思いを馳せること、自然や命を育むこと、勉学や職業に勤しむ事など、国民の祝日が意味する趣旨や由来が蔑ろにされているように思えて成りません。日本の伝統、文化、歴史教育を蔑ろにすることは、祖国や家族への愛情が希薄となり、延いては国家の衰退に繋がります。


「建国記念の日」は我が国の誕生日ともいえ、国家にとって基本精神となるべく大切な日であります。


この「建国記念の日」を、より一層国民の皆さんに定着させるため、先ず政府主催による奉祝行事が行われて然るべきでは無いでしょうか。


そこで、政府主催による「建国記念の日」の奉祝式典をめざし、民族派全国統一行動が行われます。


(全国統一行動の詳細は後日お知らせいたします。)



トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode