2.22竹島奪還国民連帯運動

本日2月22日は竹島の日

竹島奪還国民連帯運動〜韓国大使館に抗議デモ


明治38年2月22日、竹島が島根県に編入された日。それから100年を経た平成17年、島根県が条例で竹島の日と定めました。
何故、100年も経ってから島根県は竹島の日を制定しなければならなかったのか?を改めて考えましょう。

終戦を迎え、昭和27年サンフランシスコ講和条約を結び「朝鮮半島の放棄」が明記されたことで、韓国は日本が放棄した朝鮮の領土に竹島も含まれると主張しました。米政府さえも「朝鮮の一部として取り扱われたことが無く、明治38年から日本の島根県の管轄下にあり、かつて朝鮮によって領有権の主張がなされたとは見られない」との見解を示すと、当時の韓国大統領・李承晩が、韓国の領土だと主張し、勝手な領海線を竹島も含めたところに引き、竹島に武装警備隊を常駐させ、武力により占有している。これまでに日本人4000人が拘留され、44人が殺傷されたという事実を踏まえれば、これ以上なにを韓国に配慮する必要があるのでしょうか。

この度の国会では、河野談話が裏付も無く、ただ韓国のご機嫌を取るために発したもので、弱腰の日本が今後韓国が従軍慰安婦のことを騒がないのであればという安易な気持ちで、根拠の無い韓国の申し入れを受け入れたという、謂わば韓国に騙まし討ちをされ、世界中に誤った日本の歴史を植えつける結果になったのだということがハッキリと解ってきました。

根拠の無いことでも、ギャーギャー騒げば、日本は引く国だと思われている証左です。

どれだけ韓国に配慮すればいいのか?いつまで配慮し続けるのか?

日本政府は事実は事実として、毅然とした態度で対峙するべきである。

そのため、国民にも滞りなく竹島が日本の領土であることを周知させねばなりません。
教科書の明記に堂々と日本の領土である竹島が、韓国に武力をもって不当に占領されていると明記して然るべきである。自国に誇りを持つ正しい教育をしなければなりません。


そして世界各国に真実を周知させ、竹島は日本の領土ですから一刻も早く取り返すべきです。

  

  

  

  

  

  

  





スポンサーサイト

  • 2017.07.30 Sunday
  • -
  • 18:10
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

トラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2014/03/01 12:09 PM

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode