みずほ銀行支店長3億円詐取

みずほ銀元支店長、3億円詐取か 顧客らに投資持ちかけ


2014年6月23日21時15分 朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASG6R5QFHG6RULFA02L.html?ref=reca 

 


 みずほ銀行の元幹部行員が顧客ら3人に投資を持ちかけ、計3億円超をだまし取った疑いがあることが、わかった。顧客らはみずほ銀や元行員に損害賠償を求めているが、みずほ銀は「銀行に法的責任はない」と主張している。同行は警視庁や金融庁に問題を報告した。

 顧客らが提訴した損害賠償請求の訴状などによると、元行員は都内の支店長だった2005年から退職した12年までに、顧客ら3人に「みずほ銀行が元本を保証し、毎月3%の利息を配当する」などと投資商品の購入を持ちかけた。顧客らは計4億9700万円を払い、配当などとして2億円程度を受け取ったが、残金は返されていない。元行員は12年9月に退職し、その後連絡がないという。

 元行員は支店のほか、本店に異動後は都心にあるみずほ銀の「内幸町本部ビル」で顧客らと面会することもあったという。

(朝日新聞より)


元行員て、及川幹雄のことかね。

及川元行員が逮捕され洗いざらい話せば、みずほ銀行幹部はもとより、暴力団、敬天新聞の記事「止めます詐欺」にも当局の手が及ぶだろう。

既に水面下では口封じ、和解に疾走している輩が現れたというしな。






 


トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode