地方議員の体たらく/水戸市議松本勝久先生

知性も理性も感じられない地方議員の体たらく
水戸市議会議員・松本勝久先生のご都合主義



もう10年以上も前だったかなー。古河市だったから、やはりあそこも茨城県だったが、「家の建たないはずの田んぼにマクドナルドが営業しています。」という投書が来たので、調べてみたら確かに農地のままなのに、誰かが建物を建てて、マクドナルドに貸していたのだった。
 そこで市役所に「私もマクドナルドの隣に家を建てさせて下さい」とお願いに行った。マクドナルドに街宣もやった。そしたら議員と組んでた同和の男が事情を説明に来た。で、結論だけど、安い金で交渉して来たので「いや、それよりも隣に家を建てれるようにしてくれた方がいい」と交渉決裂で街宣を続けたら、マクドナルドが店を閉めてしまった。



農地で違法営業していたマクドナルド4号線古河店
過去記事→http://keiten.net/articles/big_business/062_03.html



要するに役所というところは一般人には四角四面の厳しい沙汰を下すところだが、議員の先生だとか、特殊同和とか、特殊右翼とか、特殊在日とか、特殊宗教団体とかには、特別の配慮をするところである。今はこれらの中から「特殊右翼」だけがはじき出されたという感じかな。他は今も健在の仲のようだ。1日も早く本当の行政暴力が排除されることを願うばかりである。地方議員の先生方の質の悪さが問題なのである。地方は町民、市民と密接に繋がってるし、議員の先生自身が町民、市民の立場だから、直接利害に関連してるので、「仲間」として行動してる場合も多いのだ。自分達に器量がなくて、裏で話が着かなかったからと言って、それで自分達だけで泥試合して、潰れるのは構わないが、市民に迷惑をかけるような巻き込み方は、御免被るべきである。

もう世間からは「じいさん」と言われる世代の松本勝久先生、もう少し良識ある行動をすべきだと思いますよ。自分が露ほどの不正もやっていないというのであれば別ですがね。誰も霞を食って生きてるわけじゃありませんよ。現にあなたは農地の違法開発をして、それを指摘されても、有耶無耶にして、誤魔化して終っているじゃありませんか。水戸市じゃ顔が効くのかどうか知りませんが、日本中で顔が効くかどうか、試してみましょう。あなたと同じで、地方議員の中には、自分の立場を悪用し、農地の転用許可も取らずに開発を進めている先生方が沢山いると思いますよ。これを機に当紙が世間に問うてみますよ。お楽しみに。つづく。    



9期も議員やってて議長経験なかったっけ?

イヤ、それとも誰かに議長席を・・・。






敬天千里眼情報FAX版                            


スポンサーサイト

  • 2018.07.09 Monday
  • -
  • 06:53
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode