「真姿日本を創成する会」講演会

民族革新会議『機関誌』創刊記念

『真姿日本を創成する会』講演会


平成26年11月15日、江東区文化センターホールにて、民族革新会議議長犬塚博英先生による基調講演「戦後七十年を迎える祖国 われらに課せられた使命〜愛国維新運動の本質的原理」が行われました。

また、第二部として、あらためて問う「天皇・神道・憲法」「国際社会における民族派のあるべき姿」「我が内なる敵との戦い」をテーマに、大原康男先生(國学院大学名誉教授)、藤井厳喜先生(国際問題アナリスト)、山田惠久先生(國民新聞編集兼発行人)、犬塚博英先生によるパネルディスカッションが行われました。


ここ数年、口に出すことも出来ず自問自答を繰り返していた問いにズバリと当てはまった内容で、登壇した先生方は明快に見解を語られて、わかりやすく大変勉強に成りました。

犬塚先生は、我々右翼民族派は課せられた使命について色々難しい話をするけれど、要は誰よりも伝統、文化、平和に心血を注いでいる「天皇のお役に立つ」ということなのだ、というようなことを明快に語られました。確り心に刻んでおくことに致します。有難う御座いました。






  















 

 







謹啓 

清秋の候、皆様におかれましては愈愈ご清祥にて、邦家・社会のためにご精励のことと拝察、心から敬意を表します。

内優外患が猖橛をきわめる現下の祖国において、追い打ちをかけるかの如く、たびたび起こり来る天災は、あらためて日本人の覚悟を問われているような気がいたします。「天の怒りか 地の声か」青年日本の歌にうたわれた先人の言葉に、私達は今一度、民族派の原点を見るべき時なのでしょう。

時代によって変遷する政治体制ではなく、大本に立ち帰るための「国家革新」は、民族革新会議の原理でもあります。維新運動に連なった先人の御事績を照らし、足もとを固めることこそが、いまの私達の急務であると考えます。

しかし、一方では、民族派を自称する団体の顧問でありながら、憲法改正について「もし、正式に軍隊を持ったら、もっとひどい侵略に荷担するだろう」「(窮屈な)自主憲法より、自由のある(現行)押しつけ憲法の方が、まだいい」などと、マスコミの顔色を窺いながら発言する、鈴木邦男氏のような人物も存在します。

マスコミのミスリードによって、これが民族派を代表する意見であるかのような風潮にも、早晩決着をつけなければならないと考えています。

維新運動の本質を考えるなかで、民族派に課せられた使命とはなにか。戦後七十年を迎えようとするこの時に、同憂同志のみなさまとともに考えながら、真姿日本を創成する道を求めてまいりたいと考えます。私達は、この講演会を第一回として、広く同志の皆様と結び合う機会を模索したいと考えております。

御多用のこととは存じますが、多くの皆様にご参集いただけますよう、伏してお願い申し上げます。

                                                   謹白   

民族革新会議 同人一同 


(講演会ご案内状より原文のまま引用させて頂きました)

スポンサーサイト

  • 2017.04.25 Tuesday
  • -
  • 16:03
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode