コンピュータウイルス

コンピュータウイルス


この程、当社本部で使用していた主力パソコンを買い替えることになった。


理由は、頻繁に動作が不安定になるからだ。電源を入れても作動しなかったり、作業中に突然動かなくなったりする。


これだけなら、長く使っていたので故障か寿命かという話で終わる。


ところが、話しはそう単純ではないのである。


新聞の原稿を下書きし、ネットに掲載するための専用ソフトに清書をすると、全て中国語やアラビア語の入り混じった異常な文に書き換えられてしまうのだ。


どうやらコンピュータウイルスに感染してしまったようだ。


このパソコンで、怪しいメールを開封したり、エロサイトを閲覧したりはしないから、如何そうなったのかは不明である。

そういえば、以前、「建国記念の日」といった記事の中で、要の皇紀や2月11日という日付が誤っていたことがある。

原稿に、誤字脱字、文法の誤りは恥ずかしながら良くあるけれど、絶対に間違いようがない誤りに疑念を抱いたことがある。

疑念を抱いた理由はもう一つある。ブログに掲載した添付資料が消えたり、資料の名前やアドレスが中国語に変換されることが頻繁に起きたからだ。


サイバー攻撃の対象になったとは思えぬが、ソフトのウイルス感染は濃厚だ。


インターネットを駆使した詐欺集団を糾弾対象にすることも増えてきた昨今、ネットで使用するパスワードを頻繁に変更するなど、今までとは違う対策をより強化せなばならないと、おちおち窓も開けて眠れないドローン騒動で平和ボケから目が覚めた。



それにしても、昨日は首相官邸付近にドローンを手にしたカップルが現れ、周辺が機動隊で大騒ぎとなったが、このカップルは首相官邸を狙ったドローン事件のニュースを見て、自分たちも首相官邸でドローンを飛ばしてみたかったと理由を明かしたそうだけど、コンビニ強盗事件で近所にある別のコンビニ店長が逮捕されたり、安易に少年少女が殺し合ったり、想定できない事件が多いなあ。ドロ〜ンパッと社会の不条理を糾すウイルス対策ソフトは無いのかね。





 

トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode