5・3憲法を考える青年集会(平成27年5月3日)

5・3憲法を考える青年集会
 

本日5月3日憲法記念日。祝日のため、多くの若者で賑わう東京渋谷にて、「5・3憲法を考える青年集会」が行われました。
 
 
 


 



 



 



 



 



 



 



 




(大)画像をクリック

昭和22年5月3日に施行され、本日で68周年を迎えた日本国憲法は、これまで一度も改正されたことがなく、世界でも稀であるといわれておりますが、内憂外患がいわれて久しい現代に、様々な弊害を生じさせているのが現行憲法です。現実を踏まえれば、平和ボケから目を覚まし、憲法改正を行うのは必然であります。

戦後間もない時期に作成した、我が国の憲法草案を破棄し、僅か8日ほどでGHQによって作成されたといわれている日本国憲法。

戦勝国が敗戦国の占領政策を進めんとする時代背景を考えれば、どの国にとって有益な内容となっているかは言うまでもないでしょう。

今年は、事あるごとに「戦後70年」という枕詞が付きますが、世界が日本に対して「戦後」を枕詞に使うとき、それは「侵略の謝罪と反省の念」だけを意味しております。


「戦後」という言葉で「戦争に世界を巻き込んだ悪い国」と日本の内外にレッテルを貼り続け、日本の思考を停止させてコントロールしようとしているに過ぎません。外交とはそういうものだと思います。

日本が本当に戦後70年を節目とし、ネガティブな「戦後」から脱却し、ポジティブな未来を目指すなら、現行憲法を、我が国の手で我が国の為に、真の主権回復国家として体を成すものに改めなければならないと訴えるのは当然です。


 


 

スポンサーサイト

  • 2017.09.15 Friday
  • -
  • 18:31
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode