ロータリークラブはノータリンクラブ?浅草編

ロータリークラブはノータリンクラブ?浅草編

当紙に寄せられた悪事をはたらく企業のワンマン経営者や私腹を肥やす議員の情報を取材していると、地元の名士と呼ばれている人によく出くわす。

そして、そういう人がロータリークラブの会員であることを誇らしくプロフィールでアピールいていることがよくある。

当方は、知人にロータリークラブの会員はいないので、ロータリークラブというのは、その地域や各業界での代表もしくは役員の立場にある方が入会する金持ちの交流団体であるという印象をもっていた。

ロータリークラブ会員の息子が青年会議所(JC)に加入していて、地元の祭りや公的行事で活躍しながら、やがてロータリークラブやライオンズクラブに編入するのを見たことあるので、いずれも慈善団体のようなものだと思っていた。

もちろん入会するには高いハードルが設けられており、庶民とは縁のないものと感じていた。

当紙で追及している(株)浅草プラザビル(現・浅草タウンホテル所在地)陰のオーナー永田敏夫も、ロータリークラブに属する「東京あすかロータリークラブ」の会員で理事であるという。





そこで、あらためてロータリークラブとはどんなものなのか調べてみることにした。

ロータリークラブとは、 国際親善と社会奉仕とを目的とする国際的な社交団体で、1905年に米国で発足し、日本では1920年(大正9)に東京で最初の支部が設立されたという。入会の要件は1都市1支部、会員は1業種1人を原則とし、各支部が輪番で会合の場所を提供するところからロータリーの名称となったそうだ。

それに準じ、ロータリーほど審査基準が厳しくないのがライオンズクラブのようだ。

ロータリーは地域、業種で一番である事が条件なのに対し、ライオンズはそこそこ業績が良ければ入れるゆえ、入会審査はあるが、企業のオーナーでなくても、常務や専務といった取締役でも入会できるようだ。

いずれにせよ、一般サラリーマンには縁のない団体にちがいない。

では、なぜ永田敏夫はロータリークラブの会員でいられるのだろうか?

当紙はこれまで、永田敏夫の支配下にある浅草プラザビルの不正を糺してきた。人命を軽視した消防法と旅館業法違反の可能性、ホテルの修繕費や親族を社員であると偽り報酬を詐取していたという疑惑も問題提起してきた。

浅草プラザビルの購入時も、自らは金融機関でブラックで、表に名前を出せないから子飼いの者たちを代表に仕立ててきたと聞いている。だから蔭のオーナーと言われているのである。

とてもロータリークラブの会員に成れるような人物ではないだろう。
どのような肩書きで会員になっているのか甚だ疑問である。

地元の保健所、消防署はなぜ野放しにしているのだろうか?一刻も早く客や従業員の人命を尊重し、検査に入るべきではないのか。検査の結果何もなければ、それはそれでよいではないか。

先週は、浅草神社例大祭「三社祭」で、多くの観光客で賑い、外国人の宿泊者もさぞかし多かったことだろう。

時同じくして、川崎市では簡易宿泊所が全焼し、多くの死傷者を生んだ。施設内を無断で改築していたことや、法で定められている防災対策が講じられていなかったことが、大事に至った原因であると報じられている。




この事件に伴い、総務省消防庁が簡易宿泊所の全国検査を、全国の消防本部に実施するよう通達を出した。

この際、全国の旅館、宿泊施設を検査するべきである。

万が一、雷門に程近いビルが火事に成ったら、密集している商店街はもとより重要な歴史的文化財も損傷しかねないし、多くの犠牲者を生みかねない。




浅草の仲見世、商店会、商工会議所、浅草神社、浅草寺、行政、議員は、浅草プラザビルの問題を一業者と個人の問題として軽視してはならない。

内部事情を知り尽くした告発者である浅草プラザビル元支配人は、施設内の至る所に違法性があり在職中にボヤ騒ぎがあったときは、お客様の身を案じ寿命が縮む思いをしたことがあると証言している。

人命を軽視する虚業家永田敏夫を野放しにしてはならない。

全国のロータリークラブも、会員の素性を再検査する必要があるのではないか?

高貴な紳士が集い、国際親善と奉仕活動を行うことで知られているロータリークラブが、伝統を汚す永田敏夫を、いつまでも理事にしていたのでは、ノータリンクラブと改称するしかあるまい。



 

スポンサーサイト

  • 2017.02.22 Wednesday
  • -
  • 07:20
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode