武藤議員の資質と感性

武藤議員の資質と感性


相変わらず議員の体たらくが止まるところを知らず、腹立たしいニュースばかりである。

未公開株をめぐる金銭トラブルが報じられ、少年買春疑惑まで週刊誌で取り沙汰されている渦中の武藤貴也衆院議員が、今度は、平成24年の衆院選で選挙スタッフとして雇用した男性から未払いの報酬を請求する訴訟を起こされ、武藤議員が約30万円を支払うことで昨年に和解していたことが報じられている。

報道によると、武藤議員は24年12月公示の衆院選に向け、11月に男性を選挙スタッフとして雇用した際、約2カ月で100万円の報酬を支払うとする約束をしたいも拘らず、実際に支払われたのは60万円だけだったことから、男性が残る40万円の支払いを訴訟を起こし請求したというものだという。

 武藤議員の言い分は、男性との間で合意した報酬額は100万円ではなく、月額30万円だったため計60万円を支払ったと主張していたが、その後、武藤氏が約30万円を支払うことで和解が成立したという。

武藤議員の秘書は嘗て自民党の重鎮であった久間先生の秘書務めた宮崎氏だという。自民党は経験豊富な年長者が沢山いながら議員の選出、若手議員の監督を怠っては駄目だ。


既に武藤議員は自民党を離党したけれど、自民党の後ろ盾で当選したのだから、問題を起した議員の自己責任では済まされぬ。こんな武藤議員のような尻の軽い議員は、早急に議員辞職させないと、東京五輪の建設費、エンブレム問題のように、やがて大切な政策の進行をも妨げる結果となるだろう。

自民党は数で勝るからと言って胡坐をかいて高を括っていては、問題も塵も積もれば山と成るで、またまた世間に大きなしっぺ返しを食らわされることになるだろう。身内の監督もプライベートに至るまで行わなければならない。国会議員とは、そういう職責にあるのだから仕方がない。

だいたい未公開株の問題は、「値上がり確実な新規公開株を国会議員枠で買える」といって金を集め、実際には株を購入していなかったことが問題になっており、当紙が過去に糾弾してきた未公開株事件を例に照らし合せれば、「この詐欺師ヤロウ!」と書かれてもしかたない内容である。被害者が刑事告訴するかしないかだけで、白にでも黒にでもなる話だよ。

それに、金で男と一夜も二夜も共にした疑惑も、会話やラインのやり取りという極めて信憑性の高い証拠が示されている。

事実と異なるというならば何故、週刊誌と証言している男性を名誉棄損で即座に訴えないのか?

武藤議員も本当に報道が事実無根であるというなら、早く身の潔白を証明しないとデザインパクリ疑惑の渦中にある佐野研二郎氏の身の前だ。潰れるまで世論に重箱の隅を突かれ続けることになるだろう。


それにしても最近、言い訳する武藤議員の顔が、ペテン師面(づら)の与沢翼に見えてきたと思うのは、当紙だけだろうか。


 

 

スポンサーサイト

  • 2018.11.19 Monday
  • -
  • 10:15
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode