これまた酷い!あり得ない談合疑惑の入札結果

続・埼玉小川町上下水道協同組合は談合組合?

これまた酷い!あり得ない談合疑惑の入札結果


 


 松本恒夫小川町長は何をしてるんだ?しっかりしろよ!
 

小川町の談合問題で決死の覚悟で不条理と対峙している新井設備工業から、先日の『これは酷い!あり得ない談合疑惑の入札結果』に続き、これまた酷い!以下のような情報が送られてきた。


『平成24年度の町内業者のみ指名された入札は26件で、そのうち5物件が2回目以降入札が行われた結果です。

平成24年〜平成27年度現在15物件が2回目以降行われた入札結果です。全て一回目の最低応札業者と2回目以降の最低応札業者が同じです。

ファイルの通り、青山地内石綿セメント管更新工事での落札業者は小川上下水道協同組合ですが、4回入札が行われて全て最低応札業者が小川上下水道協同組合です。

「組合は100パーセント談合で仕事を受注してきた」と言う録音ファイルの通りの結果です。

西中学校改修工事に伴う配管等改修工事では、3回入札が行われ建築業者が落札しております。

小川町鉄道下推進 工事に伴う日赤病院前配水管接続工事では半額近い落札率です。これはチャンピオン(談合による落札者)が積算を間違えて、業者に札を配った結果です。

業者が全て積算を行い公正な入札が行われているなら、このような結果はあり得ません。

小川町の談合の根は深いものがあります。当たり前のようにこのような行為が行われている町である事を役場の職員及び町長並びに議員は認識しているのか、とぼけているのかわかりません。

このような町だから犯罪の上に胡坐をかく人間が存在するのだと当社は確信しております。』

【入札結果】↓クリック

‐川公共下水道1−5分区12−2号枝線工事落札率98%(資料内の赤字は誤りです)


⊂川公共下水道1−6分区1工区舗装復旧工事落札率98%


小川町立西中学校改装工事に伴う既存設備配管改修工事落札率94%


だ鳥鈎脇眄侈淵札瓮鵐抜氷洪傾事(24−3工区)落札率98%


ツ道8158号線道路改良工事落札率92%


小川地内鉄道下推進工事に伴う日赤病院前配水管接続工事落札率54%

 

巷では、「90%以上は談合の疑いがあり、95%はその疑いが極めて強い」といわれている。

前回の記事で掲載した入札結果では落札率99%や100%というのまであった。

その小川町の土木屋さん達が、今回のΔ里茲Δ僻廠曚覆鵑討匹Δ靴燭辰討かしいだろう。どの業者も赤字覚悟でどうしても取りたい工事だったのかね?

まさか赤十字病院前の工事だから、入札参加者の全員がボランティア精神で低価格の札を入れたんだ!な〜んて言うのかい?でも工事代を払うのは、赤十字は関係ないから、町民(血税)だけど。

役場も相当いい加減だなあ。


冒頭に、松本恒夫小川町長は何をしてるんだ?しっかりしろよ!と申し上げたのは、そのためである。


「長年、組合は100パーセント談合で仕事受注してきた!」証言テープ










 

スポンサーサイト

  • 2017.09.15 Friday
  • -
  • 05:41
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode