みずほ銀行及川幹雄事件と故本間吉

みずほ銀行及川幹雄事件と故本間吉

以下の記事は、本間氏が亡くなる以前に書いていた記事であったが、掲載するタイミング前に、本間氏が突然亡くなったので、ボツ記事として、仕舞っておいたものだが、聞き捨てならない話が聞こえてきたので、その周辺者に警鐘を鳴らす意味で掲載することにした。合掌。

ーーみずほ銀行及川幹雄事件で本間吉氏は、当紙社主に「俺は及川恐喝には全然関係ない。及川が恐喝されてるから話をつけてくれと言うから、500万円預かり、300万円で話をつけ、200万円は返した。それなのに、後藤組対策班の岡島が俺を狙っている」といって、相談した。

相談というより実質的には助けを求めたのではないか。岡島警部は今にも逮捕するような雰囲気だったらしい。報道サイトでは本間が「借用書」ながら3000万円の貸主として、二口(計6000万円)の「証拠」を掲載しているし、MSblogでは本間氏が及川から恐喝した金は2億ではないかと、記事にしている。

まだ刑事事件化してないので、その額の実態はわからないが、及川が逮捕され刑務所に行くことになったわけだから、当然のように及川は全ての恐喝の事実を喋っているはずであろう。

最近のネット記事を見ていると、及川問題も殆んど捲れてきている。そういうところから判断すると本間吉氏が当紙社主に語った最初の話はまるで嘘の創り話だった、ということである。

ということは、岡島警部の判断が正しかった、ということではないか。ただ、本間氏だけを狙っていたとしたら、片手落ちだろうけどね。

本間氏は知ったかぶりが得意である。それと素人相手に大物ぶるのである。手口はいかにも親しいように、或いは自分の方が格上のように見せるために、ヤクザの親分を陰で呼び捨てにするのである。
また誰々は自分が紹介した、と言うのも良く使う手である。当紙社主も茨城の人たちと知り合ったのは、すべて阿部さんの紹介なのに、自分が紹介したと言ってるし、その阿部さん本人まで自分が社主に紹介したと言ってるらしいから笑ってしまうよ。

阿部さんは、山形の荘内銀行を当紙が糾弾している時(今から20年以上前)、「自分は山形出身だけど、何故荘内銀行を攻めているのか教えて欲しい」と当紙を直接訪ねてきて社主と付き合うようになったんだよ。本間氏が日頃法螺吹いて、当紙社主を後輩のような言い草をするからなのか、本間氏の所に出入りしているSまでが、当紙社主と如何にも知り合いのように騙るから、一度注意したことがある。

看過できないようなテープも出回ってるようである。弁護士やマスコミや右翼、ヤクザ等、如何にも繋がりが有るように装い、ブローカーを操り、マスコミを使って自身の仕事を有利にしたり、また事件になりそうになったら、マスコミを誘導、利用するのが本間氏の手口である。あちらこちらから情報が入るので、本間氏に警鐘を鳴らすため、念のために記事にした。ーー


 

トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode