【投稿】埼玉小川町上下水道協同組合は談合組合?小川町役場の大罪

【投稿】埼玉小川町上下水道協同組合は談合組合?

小川町役場の大罪

新井設備工業(埼玉小川町談合告発者)より

組合に対して質問状の回答が出ました。

コンプライアンス研修後、小川町上下水道協同組合での
組合員に対しての支払い帳の情報を開示していただいたことは記載しましたが、
平成26年10月30日の支払いでは

25‐5工区(談合発覚の物件)の舗装修繕工事
を小川町役場から指名停止中にもかかわらず
随意契約だったのでしょうか?
組合からは
当方組合員にもかかわらず、お話がなかったので
想像でしかわかりかねますが、
指名停止中での発注ではかなりの問題だと思われます。
小川町役場からの発注を受け
当方を除く複数の組合員が工事に参加し
組合から対価が支払われておりました。


不審に思い現理事長の大塚様
お伺いしたところ、当方 に対して連絡を
せずに複数の組合員で工事を仕上げたことを認め
ました。当方も参加したかったことを伝えると
「申し訳なかった」と発言されただけでした。
おそらく役場の職員からも「新井を事業に参加させるな」
と圧力があったのだと想像いたします。
堀口正行氏の「役場は新井の排除を考えている」
という録音ファイルがありますが、それを聴けば納得できます。

当方はもはや一か月1万円の組合費を収めるだけの
組合事業には参加権利のない人間なのです。
25‐5工区は当方が現場代理人を務めておりました事もあり、連絡一ついただけないのは
明らかに当方を迫害し組合員としての権利を
奪われた結果であります。(談合を告発したのだから 当たり前の結果ではありますが)

前副理事長の小山様にも事情をお伺いしたところ
「新井設備は25‐5工区の談合の告発を行い
25‐6工区では談合を拒否したため」だと申されました。

やはり小川町は業者同士で談合を行わなければ
役場にも業者にも相手にされないという事なのでしょう。

あまりにも理不尽で公平性に欠けていると思い
副理事長の高橋様に連絡し事情をお伺いしたところ
「組合事業をいちいち組合員全員に連絡して出席者を決めるのか?」
とかなり憤慨されておりまして、当方も少々恐れ多くなりましたが
当方は高橋様に対して「組合事業だから当然だと思います」
と回答しましたところ「じゃあどうすればいいんだよ?」
と当方に怒鳴りながら問いかけておられました。
私もその倍以上に大声で怒鳴りつけましたが
お互いに馬鹿二人の子供の喧嘩です.。
餌をもらい少し良い思いをすると
堀口や吉田のようなウィルスに感染するようです。

 
工事参加業者の皆様がどのように思うのも御自由ですが
コンプライアンス研修後のお話ですが
当方が残念に思うのは、素晴らしい講師を
お招きして、2時間余りでしたが内容はかなり
充実しておりました。
恐縮ですが、この人たちの頭の中はコンプライアンス
以前の問題であり、テンプラみたいなものです。
講習時間はまるきり無駄な時間でした。
もしも、講師の高島様がこの記載を
拝見なさっておられましたら
お詫び申し上げます。

組合の当方に対する対応はもうすでに了解しております。
小川町では、すでに四面楚歌で孤立無援であるため
新聞社及び日本共産党に対して当方に対する
組合の対応を報告することが心の安らぎとなりつつあります。
報告が当方の心のよりどころとなっております
その成果があり、組合及び悪の根源である堀口商会
小川町役場から指名を受けられずにおります。
それにもかかわらず、当方に反論及び役場に意見を
申せずにだんまりを決め込んでおります。
公に反論せずに組合内での圧力や嫌がらせで応戦しております
会計事務所に組合の支払い領収書が存在するという事ですので
中小企業組合法に基づき、領収書の情報公開を行いたいと思います。
少しでも疑問及び不正だと感 じたものがあれば
新聞社並びに日本共産党埼玉県本部に提出を続ける覚悟でおります


小川町の土木技術研究会の中には堀口正行
対して、「新井を組合から追い出せ」と迫っている
業者がおられるという事です、以前提出した録音ファイルにも
堀口氏の発言がありますが、理にかなった証拠でございます。
「新井に積算をさせるな」と発言している
土木技術研究会の会員も存在するようです
堀口正行氏が録音ファイルの中で発言しておりますが
当方にはまったくもって意味が分かりません
なぜ入札の競争相手にそのような事を言われる
筋合いがあるのか、当方の携帯番号を記載しますので
理解できる方お知らせください
 090-32●9−15●4
よろしくお願いいたします。

以上

※携帯番号は当社で伏字にしました。反論がある方は敬天新聞社までお問い合わせください。


ーー新井設備は、たった一人で良く戦ってるなあ。それだけ信念を持っているという事だから、書いていることは真実だろう。それにしても、小川町役場は、談合が発覚し指名停止処分になっている業者を、指名停止中にもかかわらず公共工事をやらせてたのか?官製談合以上に問題ではないか?町長の首が飛ぶ大問題だよ。
役場ぐるみで談合を告発している一業者を、都合が悪いからといって村八分にしているのか?この町は。人権団体は重箱の箱をつつくように子供二人以上出産発言の校長批判みたいなことをしている暇があったら、小川町役場に集結し、村八分にされている親子を救済するべきである。

スポンサーサイト

  • 2017.10.20 Friday
  • -
  • 10:03
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode