『悪徳貧困ビジネス和合秀典』当ブログ記事の消失(10)

『悪徳貧困ビジネス和合秀典』当ブログ記事の消失(10)

当ブログで、 銑回に渡り連載してきた『悪徳貧困ビジネス和合秀典』シリーズの記事が一部消失する事件が起きた。消失したのは ↓◆↓い竜事である。通常は削除依頼を受けた弁護士か、削除を申し立てられたサイト運営会社が、ブログ主催者(当方)に対し、削除したい旨を事前に理由を添えて連絡をしてくるものだ。

ところが、ある日突然、ネット検索に引っかからないどころか、記事そのものが消えてしまった。敬天流に世情を詠う記事、或いは調査の結果を記録した原稿は、当紙・当ブログにとっては財産である。理由も告げずに消すのは、いわば知的財産権の侵害に等しい行為だ。悪事を世に晒し、警鐘を鳴らすという観点から、公益を図る目的で公開した記事や情報だから、自由に転載するのは構わない。しかし、勝手に削除するのは侵害だ。

消えた記事の内容は、和合の元側近が、和合の悪事に嫌気がさして、世間への贖罪のつもりで内部告発しているものばかりである。裏を返せば、その部分が痛いところを突いていると露呈したことになる。

主にどんな内容かというと、告発者の手記から引用した以下の記述に関するものだ。


/圭匹忙務所を構える、●●連合の組員に対して

『以前、戸田市に事務所構える、敬天新聞に街宣された事があった。

和合は、蕨警察に被害届出すと同時に、●●連合に対して、街宣を辞めさ

せるように、新宿歌舞伎町の風林会館で、SO氏に対して、●●万円渡し

対応すうように話していた。』



⊇犬瓩神験菠欷酥颪隆浜口座名義人をしていた家族達


生活保護費を管理していた、口座の名義人で生活保護費を食らう家族達だ!

銀行口座・キャッシュカードの貸し借りは犯罪です。犯罪収益移転防止違反です。また、口座取得の為に銀行を騙したら、詐欺です。

和合氏傘下の人間は、同じ罪で、神奈川県警捜査2課に逮捕されました。

 
和合ファミリー(深澤提供)
和合ファミリー ある年の正月のお年玉の前の食事会風景!



和合●(わごう●う)
和合秀典氏に口座を貸す
川口信用金庫

三菱東京UFJ銀行

口座を貸す、脱税をしていた事実を知っていた。

脱税した、入寮者の預かり金が入っていた口座の名義人。

約6000万の口座の名義人。これは全て、入寮者のお金です!
 


二瓶●子(にへい●●こ)
武蔵銀行 口座を和合秀典氏に貸す。


そもそも、1度目の関東信越国税局の査察調査で

関係先として、捜索を受けているにも関わらず、口座を貸し続ける。

私は被害者と言っているが、最大の被害者は和合秀典氏が借りて

いた家主、入寮者や和合氏に積立金と称して奪われた、若者バージョン

の入寮者ではありませんか?



和合●子(わごう●●こ)
川口信用金庫の銀行口座を和合秀典に口座を貸す。
和合●子に至っては、秀典氏に渡す為、銀行を騙して口座を作る。
これは、詐欺罪です。(和合初公判より)

現金が数千万入っている事を認識してた。


そもそも、ファミリーの皆さんは、準公人です。

父親が公人(国政選挙の政治家候補)であるのなら、家族も社会や国民

に見本にならなければなりません。

また、和合秀典氏の仕事を認識していたので、1000人以上の入寮者

に対して逃げるのではなく、説明責任を果たすべきです。

また、若者バージョンの預り金を返金すべきです。

これは若者らが、額に汗して稼いだお金です。



生活保護費で買った!貧困御殿

これが、和合●(息子)・二瓶●子の貧困御殿だ!

和合総-自宅
↑和合●(息子)自宅

二瓶康子-自宅
↑二瓶●子自宅

埼玉県戸田市●●●●

2棟続きの角地の豪邸!

約500人のユニティー出発の住人は、2畳の劣悪に環境に住まわせて

家族は3階建ての豪邸、2階建ての新築に香りがする住宅に住む。

こんな、不条理が許されるのか?

皆さんの生活保護費が流れていた事実。

元幹部I氏は

この住宅を購入前に、和合●や二瓶●子らと見学に来ていた。

和合●(息子)の自宅は外階段で、3階まで登れる構造。

これは、和合秀典が、妻、●●子に会わずして部屋に入れる構造の

注文住宅で、建設中たびたび見に来ていた。

和合秀典は、贈与税がかからずに、息子らに資産を残そうとしていた。

和合から1860万の現金が渡り、銀行の借り入れは和合のメインバンク


ーーー 引用は以上の部分だ。
(告発者HP参照・クリック→http://eco-fryer.net/

和合がどんな罪を犯していようが、無関係な親族を載せるのは酷であり、単なる嫌がらせではないか?と思う人がいたら、ちゃんと関連記事を隅々まで読んでいただきたい。

和合の逮捕は脱税容疑によるものであったが、公判では貧困ビジネスで得た所得を、複数の親族名義である銀行口座に振り分けていたことが明らかになっている。

だから、その意図と真相を知っている告発者である和合の元側近は、その事を糺さずして良いものか?と社会性のある情報として世に問うているのである。当方も個人の脱税事件で幕を閉じて良いものか?と疑念を抱いたから、そのまま告発者の手記を転載したのである。単なる個人攻撃、誹謗中傷ではないことは、記事を部分的に見るのではなく、記事全体を捉えれば明らかである。

和合は、生活保護費を搾取され、ある日突然、和合の脱税事件で施設が閉鎖されて、何も持たずに野に放たれた生活困窮者たちの惨めな末路を一時でも考えたことはあるのか?しかも、搾取した生活保護費も脱税した所得も、全て血税ではないか!


どのような経緯で記事が消失したのか今のところ分からぬが、該当記事を消したい人物は和合秀典以外には考えられないだろう。

自分の所業を棚に上げ、まったくもってふざけた野郎だ!

過去に部下を使って当社を盗撮し、暴力団に金を渡し当社の追及をねじ伏せようとしたくせに、当ブログ記事に嘘偽りがあるというのなら、どうどうと言ってこい!異論反論があるなら聞いてやる。暴力団に金を払って相談した御仁が、今更やっては来れないだろうけどね。お前みたいな二枚舌の言うことは、警察も相手にしないと思うよ。

まあ、こういう奴らが次にやることと言ったら、後はせいぜい夜中にコソコソやってきて、ゴミを撒いたり、車にイタズラするくらいなもんだろな。隠し銭があれば、また暴力団に相談か?


因みに、あいにく本紙記事は無事だし、告発者HPの記事も海外サーバーなので無事のようだから、これからは暇さえあれば、何度でも「和合秀典」の記事をリピートすることにするよ。和合が世間に対し、反省するその日まで。
 

悪徳貧困ビジネス和合秀典 再び噴出する不条理の数々

(敬天新聞3月号)+α


【和合の悪事】

当社の地元埼玉県戸田市で、生活困窮者の救済を謳い、貧困ビジネスで搾取した金で高級車を乗り回し、脱税で逮捕された和合秀典が、再び法人名を改めて何やら不穏な動きをしていると数か月前に耳にした。


和合秀典とは、フリーウェイクラブなる新党を旗揚げし、参院選に出馬したりして高速道路の無料化を訴えていたが、平成十六年に建造物侵入で逮捕されたり、たびたび高速道路で難癖つけて料金を支払わず平成二十年に逮捕されたこともある人物だ。


和合秀典は、県外まで行ってホームレスや無職の男を探し、雨が凌げて三度の飯も食えるうえ、小遣いまで貰えるといって声をかけ、戸田市役所へ連れて行き生活保護費の受給を手引きしていた。戸田市民の税金が各地から言葉巧みに連れてこられた人たちの生活保護費に充てられた。


人助けと言えば聞こえがよいが、人助けとは名ばかりで、衣食住を面倒見ていることを理由に、受給者から保護費の大半を取り上げ私腹を肥やしていた。受給許可を得る為に役所でホームレスの衣服をぶちまけ、同和団体の名刺を示し、担当職員を恫喝していたそうである。検察が悪質極まりないと断じたのも当然だ。


和合は、生活困窮者を集めて、自らが運営する宿泊所「ユニティー出発(たびだち)」に入居させ、生活保護費を搾取する「貧困ビジネス」で、売上金を他人名義の預金口座に入金するなどの方法で、入居者から徴収した約一億七千万円の所得を隠し、所得税約六千三百万円を脱税したとして逮捕されたが、罪名は所得税法違反であった。
 


 

【脱税では済まされぬ真実】

ユニティーはさいたま市を中心に約五〇カ所あり、一回目の査察では一〇〇数件、二回目の査察では七〇数件にも及ぶ関連先にガサが入ったという。国税は、何十個にも及ぶ銀行口座を押収したが、目的はあくまでも脱税であったから、脱税の捜査対象である和合だけが逮捕され、事件は幕を閉じている。


しかし、押収された銀行口座は、和合によって目的に反して開設された、あるいは詐取された物であり、銀行に対する詐欺行為であった筈だ。また、押収された銀行口座の名義人の中には親族の名前も連なっていた。


これは、単なる和合一人の脱税事件ではなく、不当に銀行口座を開設した名義貸し行為の側面もあり、警察は国税と情報の共有を図り、別の刑事事件としても捜査すべきであった。国税と警察が、それぞれの押収品を共有し捜査にあたるということをしていれば、和合は脱税だけでなく別の刑事罰を問われていたことだろう。また、逮捕者も複数出ていたに違いない。


押収された口座名義の中には、振り込め詐欺事件で使われた口座名義人S氏の名前もあったという話もある。S氏は振り込め詐欺事件を捜査していた神奈川県警捜査2課に「犯罪収益移転防止違反」で逮捕されたそうだ。S氏は和合の下で生活保護費を受給していた一方、銀行口座や携帯電話を売る闇の道具屋みたいなこともしていたようだ。
 


【新たな悪事】

和合には懲役一年六ヶ月執行猶予三年の判決が下され、既にシャバに出ている。この逮捕をきっかけに、路頭に迷った入所者は野垂れ死に、部下の中には自殺している者もいるという。


一方、貧困ビジネスで建てた三階建ての住宅で、加担していた親族は平然と生活をしているそうだ。シャバに出た和合は、性懲りもなく今度はエコフライヤーなる会社で詐欺まがいのことをやっているという投書が送られてきた。


内容は、『エコフライヤーは、生活保護費を搾取で逮捕された和合秀典が経営していた詐欺会社です!ウォーターフライヤーという業務用揚げ物機(簡単に言うと、天ぷらやフライを作る機械)を、開発会社のウォーターフライヤー社から夜中に盗み出し、自社商品と偽って販売し、社長の和合秀典以下、社員全員が、事務所からドロンして消えてしまった悪質詐欺会社です。


詳細は、和合秀典以下、社員全員は、盗み出した約五十台のウォーターフライヤーという業務用揚げ物機を、分解して、型をコピーしてパクリ、なんの技術力もないのに、その拙い商品を製造し、ネットなどで広告をしたり、社員を使って販売したが、数日で故障するマガイ物のため、騙されて買ってしまった店舗や料理店などから、クレームが殺到したので、夜逃げしたようである』というものだ。


夜逃げしたっていうけど、さいたま市の食堂(市場食堂 酔歌 さいたま市桜区桜田3‐10‐21)で飯を作っているんじゃないの?


本妻と別居し、元極道の妻である内縁の妻と飯屋のオヤジを装い、国税の目を交わして捻出した隠し銭で、ウマいことやっているんじゃないの?。
 


裏の顔・市役所恫喝に使用


【情報の信憑性】

投書の主はどこの誰だか分らぬが、既にインターネット上に拡散している。和合が脱税で逮捕されてから、和合の組織は内部分裂を起こしたという噂もある。この投書の真偽を裏付けるように、和合の元側近であると思われる人物が、最近ホームページを立ち上げ、和合の悪事を書き記している。


その内容は『そもそもなぜ、和合秀典がエコフライヤーを始めたのか?事の始まりは、秀典の内妻(田中)の娘(仮名彩加)の旦那である、故浅沼正孝氏がウォーターフライヤーに約一億出資しており、その浅沼氏が死亡した事がウォーターフライヤー乗っ取りへの序章だった。


和合は、彩加から子供達の為に一億を回収してほしいと依頼され回収に出た』というものから、『和合秀典氏が子飼いにしていた〇組△連合の□氏この暴力団は、和合と十三年の付き合いだ。和合氏は、ウォーターフライヤー乗っ取りの時に、この組の組員に対して、ウォーターフライヤーの占有を依頼していた。


この時には、数十万を払っていた』というものである。また、聞き捨てなら無いのは、敬天新聞社が戸田市内の和合の関連施設へ街宣をかけていた頃、和合は新宿歌舞伎町の風林会館で暴力団員に金を渡し、敬天対策を依頼したとの記述があることだ。当社は一円も受け取ってはいないし、暴力団員が問い合わせてきたこともない。


そこで、この記事を書いている人物に直接取材を申入れ話を聞いてみることにした。すると、この人物は敬天対策のみならず、ことあるごとに和合が様々な暴力団や同和団体に相談を持ちかけ金を渡していたと言う。


そして、直接その場に同席しており、相手の組員の名刺や場所と金額を記録しているほか、和合が役所を恫喝する際に使用していた同和団体の名刺も持っていたから、極めて信憑性の高い話である。はっきり言って和合自身が反社じぇねえか?という印象だ。


また、敬天対策に至っては、和合からの指示で当社本部の正面と側面に、隠しカメラを設置し、盗撮を行っていたそうである。


また、当社のパソコンへの侵入を試みたり、当社本部に忍び込みパソコンのデータを盗んで来いと命じたり、とにかく敬天新聞の街宣に困っていた和合は、何でもいいから弱味を探してこいと手段を選ばず無理難題を指示していたそうである。


カメラを仕掛けた本人が言うのだから間違いない。断じて許せぬ行為である。取材に応じた、この人物は和合が貧困ビジネス脱税事件で逮捕されたことを切っ掛けに、和合の悪事に辟易し、自らの贖罪のために真実をネットで公表しているのだという。


和合は自分の悪事は棚に上げ、事あるごとに警察に泣きついていたそうだけど、一方で暴力団に相談するという二枚舌で、周辺者には「タヌキ」と呼ばれているそうだ。そんなタヌキのいうことには、もう暴力団も警察も耳を傾けることは無いだろう。


となると、和合秀典の唯一の用心棒は、嘗て吉原のソープを経営し、元極道の妻であるといわれている内縁の妻だけかもしれないな。内妻くわばらくわばら。 
 


和合自らが中華鍋を握る市場食堂
 


自ら中華鍋をふるい調理する和合。
なんだ右脇の袋は?みそ汁は即席かよ!

 
ゲッ!?そういえば和合は、あの「みのりフーズ」の社長を知っているというが本当かね?
エプロン姿の高齢の男が料理をする後ろ姿は哀愁が漂う。
 
興味のある方は、一度食べに行ってみて。

・・・・つづく。

 

トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode