旧昭和ゴム増資話しで喰った人と喰われた人逗子の登記簿

旧昭和ゴム増資話しで喰った人と喰われた人

【寄稿】逗子の登記簿

Date: 2016/4/13, Wed 22:47
Subject: 逗子の登記簿


敬天新聞社 様

横須賀に登記簿を取りに行きました。添付します。

逗子(建物)登記簿→クリック 


松平は銀座の三井アーバンホテルの近くにあるビルにSに連れられて、細川徳生氏を紹介されたそうです。


主人の名刺ファイルには細川氏の名刺はありませんでした。


細川氏に会った後(プロファイルが浜松町のビルに移った頃)から会社の様子がおかしくなってきたので松平は気にしていました。


松平がS氏に連れられて行った細川氏の銀座のビルを探していた時、

私たちがS氏に会った時、細川氏の名前が出て、工藤会の怖い人で会ってはいけないと脅かされたので、

逆にお会いしようと思い、探して NSRの細川氏のオフィスに2回訪ねました。


受付でプロファイルャリアの松平と伝えると、受付の女性はプロファイルのSさんですね。と言っていました。


その後、細川氏のオフィスに細川氏から電話をもらい、お会いしました。


深沢の家のことは、大きな樹がある家ですねと知っていました。


山本幸雄氏の居所や、S氏の居所を尋ねると、目の前で須賀氏に電話をして聞いていました。

山本氏、S氏、堀内氏は一緒にいるとのこと、

宮田勉氏のことは宮田さんと言っていました。


山本幸雄氏のことは、彼の言っていることは本当に聞こえるだろうとも言っていました。


S氏のことは九州の財閥の息子と紹介されたそうです。九州に財閥なんかあったっけ?と苦笑いをしていました。


大田昭和でSさんは3億儲かった言っていましたというと、厳しい顔をしていました。


世田谷の家を追い出されたら、住むところがないので、困っていることも話しました。


森康夫氏が細川氏にS氏を追い詰めてもいいと、細川さんに許可をもらっていると聞いていたので、そのことを細川氏に話すと、そんなことは聞いていないと言っていました。

森氏に逗子の物件で色々関わってもらっている話をすると、その場で逗子の登記簿を調べて、あーこの人は篠崎氏の奥さんの会社だと教えてくれました。


後に細川氏から電話をもらいました、逗子は戻ってきただろうと言われましたが、戻ってきませんでした。


やはり、宮田氏たちは言う事を聞かないと思いました。


数ヶ月後、ニュースで篠崎さんが自宅前で射殺されたとインターネットで見て、逗子に関わったために被害にあったのではと気になりました。

事件→http://fukuokanews24.seesaa.net/article/103942212.html


草野さんと連絡取れなくなったり、永松弁護士は脅かされて山本幸雄刑事告訴の際の証言を拒否をされたので、非常に不安になりました。

 
「有限会社よしはな」は、篠崎さんの奥さんの会社


(有)よしはな登記簿→クリック 


Y監査役の出身校は、京都大卒と聞いていました。


松平百合
 

ーーー以上


う〜ん、今一つよく分からない話だ。松平百合さんが周辺者に嘘をつかれていたからこそ話に食い違いがあるということか?

百合さんの話では、逗子の別荘について、夫・松平和喜の持分3分の2が自宅と同様に奪われようとしていることに気が付き、自分(百合)の持分3分の1まで奪われないように、ある人を信用し名義を変える事を任せたと話していた。

百合さんが信用したというある人物が持分3分の1を「森康男」に変え、更に篠崎氏(面識はない)の奥さんに名義を変えたということだ。篠崎氏の奥さんの名義と言っても、謄本では法人となっている。この辺りの説明一つとっても、非常に大切な話なのに説明が結構アバウトであることが分かる。

謄本上では、

夫・松平和喜の持分が、WALL→横浜地裁差押え→(競売にて)ライフサービス→森康男→よしはな(篠崎)

妻・松平百合の持分が、森康男→よしはな(篠崎)

となっている。

結局、所有権は束ねられ、「森康男」から「よしはな(篠崎)」の所有と成り、昨年売却されている。最後に買ったのは第三者だろう。百合さんが信用したある人物が用意した「森康男」を介し「よしはな」に権利が渡る経緯は、結局は夫の持分の末路と同じである。篠崎氏が殺害されたことから、驚いてすべて途中で投げ出してしまったそうだから、その後(所有権が)どうなったか知る由もなかったようだけど、味方など誰一人いなかったということが分かったのではないか?

誰が敵で誰が味方なのか、誰を信じ誰を疑い、容認していたのはどこまでの部分なのか?奪われまいとして信用できる人に頼んで所有権を変えて、その人が手のひら返して俺の物だと言えばそれまでだ。

「よしはな」は元貸金業であったようだけど、殺害された事件を読むと本件とは関係が無い事件のようだが。

本件に登場する人物は、ハッキリ言って普通ではない御方ばかりである、ということだけは言えるだろう。幾らお人好しでも、人を信用するにも程があるよ。

自宅の件では、抵当権を外す手続きと偽り売買契約を推し進め、そのとき松平さんに菓子折りを渡しておきながら、後から袋の中身は菓子ではなく土地の売却に係る代金5千400万円が入っていたと主張してくる者もいたから、どう見ても真面な話ではない。(連載い了駑岨仮→クリック)

精神的な病に倒れた夫に代わり、真相を探ろうと関係先をまわる百合さんが、銀座の細川氏を訪ねようとしたら、S氏が阻もうとしたのは何故だろう。細川氏に会ってはいけないとはどういうことか?森氏が細川氏の許可を得て、S氏を追い込むとはいったいどういう意味か?

改めて松平さんに詳しく話を聞かないと理解できそうにない。

また、「よしはな」の登記簿は平成26年にオフィス篠崎に商号変更されているのだから、商号変更以前の記録を見なければ意味がない。


ところで、「Y監査役の出身校は京都大卒」だって?防衛大じゃないのかよ。ショーンKじゃあるまいし、これまた嘘をついているのは誰だ!

株式会社S●●●z Par●●s
代表  Y田 〇夫
京都大学卒
三井物産株式会社入社後、香港三井物産株式会社取締役副社長、三井物産株式会社関西支社財務部長、三井リース事業株式会社常務取締役を経て同社設立


スポンサーサイト

  • 2018.06.16 Saturday
  • -
  • 06:56
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode