平成28年9.29反中共デー東京大会

平成28年9.29反中共デー東京大会

暴支膺懲!暴戻支那討つべし!


暴戻支那とは「中国共産党」が支配する「中華人民共和国」すなわち中共のことです。
中共は「反日」「共産」「中華」の三悪国家であり、我が国の敵国である事を認識しなければなりません。尖閣諸島の現況を見てください。
 昭和四十七年九月二十九日、我が国は中共との国交を樹立しました。この間、主権侵害、内政干渉、領土・領海・領空の侵犯など、中共による敵対行為は数限りなく繰り返されてきました。中共の脅威に晒されているのは、我が国だけではありません。満州、南モンゴル、東トルキスタン(ウイグル)、チベットに対する侵略・虐殺・苛政。台湾に対する併呑の野望。中共に支配されている全ての人民たちの苦難。中共の存在は、アジア全民族の脅威であり、人類の敵と断言できます。
 私たちは草莽とはいえ、興亜憂国の志士と自負しています。この重大な危機を坐視する事はできません。平成十四年九月二十九日、所謂「日中国交正常化」三十年の秋、私たちは中共との国交断絶を目指して、9・29反中共デーを開催しました。昨年も東京だけではなく、北海道(札幌)でも、中部(名古屋)でも、関西(大阪)でも、九州(福岡)でも、反中共デー闘争は展開されました。本年も「9・29反中共デー」の旗の下、勝利を目指して、同志道友の皆さんが共に起ち上がり、共に闘うことを熱望します。勝利を信じて、闘いましょう。

(平成28年9・29反中共デー東京大会ご案内より)
 


 



 

 

 






 

 




 

 



 



 

 

 




 



 



 




聖寿万歳




9・29反中共デー宣言



共同決議(案) 内閣総理大臣 安倍晋三 殿

 


トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode