朝鮮半島の危機をチャンスに変える日大危機管理学部

朝鮮半島の危機をチャンスに変える日大危機管理学部

先日、黒ブログの日大記事に、

「森学園が閉鎖される一方、華々しく開校された日本大学危機管理学部。近々にも起こりうる、アメリカの北朝鮮に対する爆撃、北朝鮮から韓国に向けた爆撃、北朝鮮から日本に向けた爆撃、朝鮮半島の統一への争い、このいずれかが近いうちに起こるのは間違いない。どれが起こっても日本が巻き込まれるのは必至である。そんな時、危機管理学部ができることは、大ヒットである。」

と書いてあった。

なるほど〜。

上記、「危機管理学部ができることは、大ヒット」の意味するところは、読売ジャイアンツのオフィシャルスポンサーと成った日大の「危機管理学部」が大ヒットに結びつくよう、読売系列メディアがあらゆる手法で広報協力していることにも窺える。つまり、表の顔で危機管理学部をヒット(活躍)させることによって、裏の顔(黒いイメージ)が薄まるというもの。


↓嘗て大手マスコミのタブー日大理事長の疑惑を追及する読売新聞


それで、日大から訴えられた読売が、
↓ある日、こうなって・・・

平成29年3月31日 読売新聞朝刊



↓それから、読売新聞記者が日大危機管理部の教授に!?

日本大学 危機管理学部 名簿

 


それから、読売系日本テレビのCM・・・




そして現在、北朝鮮と米国の緊張状態に絡み

日本テレビの報道番組で、
日本のとるべき「危機管理」を語る日大危機管理学部教授!


他局では、元防衛大臣や元幹部自衛官が解説しているのに、日テレは敢えて日大危機管理学部教授!

なるほど〜亀さん危機管理学部にヒットの兆候アリですな。


 





 

スポンサーサイト

  • 2017.04.25 Tuesday
  • -
  • 09:59
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode