戸田市でも蓮田市によく似た入札妨害?の投書

戸田市でも蓮田市によく似た入札妨害?の投書

今年2月14日、蓮田市発注の土木工事で、入札予定価格を調整した上で特定業者に落札させたとして、公契約関係競売入札妨害の疑いで、蓮田市道路課主幹の男性職員と受注業者が埼玉県警に逮捕された。

【産経ニュース2017.2.14】
蓮田市発注の道路工事で、予定価格を業者と事前に調整し落札させたとして、県警は十四日、公契約関係競売入札妨害の疑いで、蓮田市道路課主幹田口昇(51)=白岡市高岩=と、星野工業営業部長木村茂(68)=白岡市柴山、石井工務所営業部主任小松豊(45)=鴻巣市箕田=の三容疑者を逮捕した。県警によると、容疑を認めているという。

県警によると、入札では本来、複数社からの見積もりを参考に予定価格を決めるが、田口容疑者は
特定の業者一社からの見積金額を予定価格としていた。一方、木村容疑者ら業者側は見積もりを出した会社が落札するというルールで談合をしていたという。

県警の調べに田口容疑者は「予定価格を決める業務負担を減らしたかった」、木村容疑者らは「落札業者が他の入札業者に入札金額を指示しばらつかせた」などと供述。県警は三人に金銭の授受がなかったかも含めて、全容解明を目指す。

逮捕容疑では、昨年七月〜今年一月に蓮田市が発注した三件の道路工事で、田口容疑者は木村、小松容疑者それぞれに提出させた見積金額を予定価格にし、両容疑者に落札させ、入札を妨害したとされる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


このニュースは、新聞各紙が埼玉版で大きく報じていたので、埼玉県民にとっては記憶に新しい事件であるのだが、これによく似た事が当社の地元戸田市でも行われているという疑いを示す投書が送られてきたので紹介する。

地元のことなので、あくまでもこんな投書が届いているという事で紹介するが、この中の資料だけをもって黒とは言い切れない。しかし、不正に対する警鐘の意味で関係各位は読んでいただきたい。落札率96〜98%で極めて怪しいが、情報提供者は勇気をもって当社に連絡して頂くか、もっと詳しく情報提供をして下さい(役所側担当者の実名とか)。



投書(5枚)クリック


それにしても、嘗て政治理念として『公平・公正・公開』を掲げ、前市長の市政運営を一掃してきた筈の神保国男戸田市長も、配下でこんな疑惑が浮上するなんて老いが進んで脇が甘くなったのかな?

最近では、市民団体に市議のオーストラリア海外視察が実質海外旅行だったと訴えられて全額返金を求める判決が出たりして大丈夫か?

前市長の多選を批判しながら、今では自ら多選を繰り返し批判される立場と成ったけど、辞めたくても、辞めさせたくても、代わりが居ないのもまた事実だから、戸田市民も不幸である。

最近は、恩人の神保市長に反旗を翻して以来、勢力を増している地元選出の菅原文仁県議が、市長選に備えているとの噂もあるけど、神保市長が副市長に前北本市長の石津賢治氏を起用したのは、後任候補の布石かな?

取り敢えず、投書にある6月20日の開札が見ものである。落札業者は何処になるかな?

高齢を理由に側近の秋元市議も辞めちゃったけど、任期満了まで老体に鞭打ってガンバって、晩節を汚さないようにね神保市長さん。しかし神を保つ国の男と書いて「神保国男」って昭和版キラキラネームだな(笑)。

 


スポンサーサイト

  • 2017.09.15 Friday
  • -
  • 11:47
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode